就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の送り迎えが雨のときは困る!ベビーカーや自転車の対策とは

保育園の送り迎えが雨のときは困る!ベビーカーや自転車の対策とは

雨の日の子どもの送り迎えは大変ですよね。気をつけているつもりでも、ついつい注意力散漫になってしまいがちなので、なんとか安全に移動できるように対策をしたいものです。そのためのグッズといったらどんなものがあるのでしょうか。雨の日に安全に送り迎えするための、ベビーカーや自転車の安全対策についてまとめます。

ベビーカーで送り迎えするときの雨対策

ベビーカー用のレインカバーが大活躍

雨の日にベビーカーで送り迎えするときには、雨や水しぶきから子どもを守ってくれる、ベビーカー用のレインカバーをつけるのがおすすめです。レインカバーがベビーカー全体を覆ってくれますので、中に座っている子どもも、もちろん濡れません。

 ベビーカーだと重心が安定していますから、レインカバーをつけることで、雨の日でも、子どもと荷物を同時に運ぶことができます。ベビーカーの収納スペースを上手に使うと、大きめの荷物でも大丈夫ですよ。

そのほかにも、紫外線や花粉、排気ガスやホコリを防いでくれるといった機能もあります。雨の日だけでなく、様々な場面で活躍しそうですね。子どもにとっても、不思議な乗り物に乗っている感覚で楽しんでくれるかもしれません。

レインカバーを選ぶポイント

ベビーカー用のレインカバーを購入するときには、ベビーカーの種類によって、使えるサイズが異なりますので、注意が必要です。サイズには、「メーカー純正オプションのもの」「型別になっているもの」「兼用できるもの」などの種類があります。商品によっても変わってきますので、気をつけてサイズチェックをしましょう。

機能も大切です。雨だけをしのげればよいのか、風やほこりも防いでほしいのかで、素材や品質が若干違ってきますので、使う場面に合わせて選びましょう。

また、両対面式か背面式かも重要です。せっかく買ったのに、いつも使っているベビーカーに合わなければなんにもなりません。さらに、中の子どもの様子が見えるか、通気性はよいかなども確認しておくとよいでしょう。

レインカバーを嫌がるときは?

ベビーカー用レインカバーをつけると、喜ぶ子どももいますが、怖がったり、嫌がったりする子どももいます。機嫌よく、ベビーカーに座っていてもらうためには、どうすればよいのでしょうか。

ひょっとしたら、レインカバーで、顔の前を覆われるのが嫌なのかもしれません。そんなときには、顔の前の部分を切り取って、小窓を作るか、そういう仕様になっているレインカバーを選びましょう。上げたカバーを前に出してひさしのようにすると、小雨程度ならさほど濡れません。

ベビーカーのハンドルなどに取りつけるタイプのおもちゃで、子どもの気を引くのもよいですね。幌からつるすタイプやくるくる回るタイプなど、色々ありますよ。大好きなお菓子をあたえて、しばらく気を紛らせるという方法もあります。

自転車で送り迎えするときの雨対策

雨の日に自転車に乗るのは危険をともなう

雨の日は、道が滑りやすくて危険です。特に、砂利道や道路のライン部分、金属部分、歩道の段差などは要注意で、「水に濡れているところはすべて滑る」と思っておきましょう。

子どもを自転車で送り迎えするときには、ブレーキをかけるときが一番滑りやすいです。レインコートのフードをかぶっているからなのか、ヘルメットをかぶっていない親子をたまに見かけますが、雨の日は特にヘルメットが必須です。

また、雨の日は視界が狭くなりますが、それは周囲の人も同じことです。自分では気をつけていても、対向車と接触するなどの、もらい事故が多くなります。いろいろと節約したいところですが、「雨の日には自転車に乗らない」「公共交通機関を使う」などして、安全性を優先した方が無難です。

やむを得ず自転車に乗るときの装備

それでも、自転車で子どもを送り迎えしなければならない日もあるかもしれませんね。そんなときには、「自転車用レインポンチョ(ハンドルを持つ手や前かごをカバーするタイプ)」がおすすめです。

ポンチョタイプのレインコートなら、足元までカバーしてくれるだけでなく、通気性がよくて快適です。さらに「レインパンツ」や「レインブーツ」もセットで準備しておくと、雨の降り方によって、「ポンチョのみ」「ポンチョとレインブーツ」「ポンチョとレインパンツ」といった使い方ができます。

雨や風が激しくなってくると、強風に弱いポンチョより、上下分かれたレインコートタイプの方がおすすめです。しかし、そんなときは無理をせず、公共交通機関やほかの手段を考えましょう。

視界を遮られないように安全に配慮しよう

顔が濡れると運転しにくく危ないので、雨用バイザーの利用がおすすめです。レインコートだけでは、雨水が顔に直撃して、まともに前を向けないことがあるのです。雨用バイザーを使うことで、視界が良好になります。

雨用バイザーは、どんなに園が近くても、安全のために一つ準備しておくと安心です。雨用バイザーをして、上からレインコートのポンチョをかぶるようにするとよいですね。

サイズは、耳までカバーするワイドタイプや短めのコンパクトタイプなどがあります。ただ透明なだけでなく、UVカット対応のものもありますよ。これなら、雨の日だけでなく、天気のよい日の庭仕事などにも使えますね。

乗っているうちにずれてしまうと危険なので、ずれにくい加工がしてあるものを選びましょう。

雨の日は気持ちの整え方も大事!

「雨の日は濡れるもの」と割り切る

どんなに雨対策をしていても、結局顔や足元はずぶ濡れで、送り迎えが終わる頃には全身から水がしたたるというのもよくあることです。だったら、「雨の日は濡れるもの」と割り切ってしまいましょう。

濡れるからといって、悲観することはありません。雨の日には、晴れた日にはできないような体験がたくさんできるからです。傘の開閉のしかたや、傘を持って歩く練習、ぬれて気持ち悪いという体験も、雨の日ならではです。

車からは水が飛んでくることや、雨の日には道路がまったく違う姿になることも、雨の中で身をもって知ることができます。

どんなに濡れても、園や家に着いたときに着替えればすむのですから、濡れることを気にやむ必要はありません。雨の日は、新鮮な体験ができる貴重な日なのです。

親子で雨の日を楽しもう

雨の日だからできる楽しみ方もあります。親子で、雨の日ならではのスペシャル感を楽しみましょう。

例えば、お気に入りの傘やレインコートがあったとしたら、それらが活躍するチャンスです。鳴りもの入りで登場してもらいましょう。

雨の日の生き物を見て回るのも楽しいです。植物だったら、あじさいやコケ類などの美しさが際立ちます。葉っぱからしたたり落ちる水滴なども、見たことがない子どもにとっては、驚異の世界ですね。

そして、雨の日にしか出てこない虫たちも出てきます。カタツムリやアマガエルたちと仲よくなる子どももいるかもしれませんね。

水たまりで遊ぶのも、雨の日の楽しみの一つです。ジャンプして飛び越えたり、あえて水の中を突っ切って歩いてみたり、楽しみ方は色々です。

ママ1人で無理しすぎない

送り迎えに電車やバスを使うという選択もアリです。なにより子どもが喜びますし、マナーの大切さを学ぶ社会勉強という意味でも、小さいうちから電車やバスに乗せる体験は有効です。

また、雨が強すぎて電車の駅やバスの停留所からの徒歩ですら厳しいというときは、思い切ってタクシーを使いましょう。タクシーは、最も安全な交通手段ですので、どんなひどい天候でも安心して利用することができます。最近では、タクシーが子どもだけを乗せて園まで送り迎えしてくれるサービスもありますよ。

「晴れていたらママ、雨や雪の日はパパ」と、天候で送り迎えのルールを決めておくのもよいですね。夫婦で分担することで、子どもとの時間を増やすことができます。ママ1人で無理する必要はありませんよ。

まとめ

雨の日の送り迎えに最も大切にしたいのは子どもの安全です。そのために、ベビーカー用のレインカバーや、自転車用レインポンチョ、雨用バイザーなどを上手に使って、万全の安全対策をしておきましょう。

あえて雨の中を歩いてみるというのも新鮮な体験です。雨の日にどんな危険が潜んでいるか、どうやって身を守るかなどの勉強ができるだけでなく、雨の日にしか見られない風景というものも楽しむことができます。

ただし、天候がひどいときには、楽しむどころではありません。公共交通機関などを使って、安全性を最優先しましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj