就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

憧れの専業主婦になりたい!働くママとの違いや見えない苦労とは

憧れの専業主婦になりたい!働くママとの違いや見えない苦労とは

現在共働きで、育児と家事、仕事を頑張っているママもいることでしょう。育児に専念したいので、仕事を続けるか悩んでいるかもしれません。そこで今回は、専業主婦に憧れる理由とメリットばかりではないその現実、憧れの専業主婦の形などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

専業主婦は勝ち組?多くのママが憧れる理由

時間的に余裕のあるママ生活が送れる

専業主婦になる大きなメリットの一つとして、時間的に余裕のあるママ生活が送れるということが挙げられます。ワーキングマザーの場合、仕事と育児のバランスに悩むことが多いでしょう。

仕事に行く前に子どもを保育園や幼稚園へ送り、仕事後に急いで子どものお迎え、食事の支度、子どものお風呂、寝かしつけとばたばたとしたママ生活を送っていることが多いですよね。毎日が慌ただしく過ぎていき、精神的に余裕がないことを悩んでいるママも珍しくありません。

専業主婦になれば、園への送迎にばたばたする必要もなくなりますし、時間に追い立てられることが少なくなります。時間に余裕ができれば、ママに精神的ゆとりも生まれることでしょう。

子どもとしっかり向き合える

ママが仕事をしていると、朝は家を出る支度で忙しく、夜は子どもが寝るまで育児と家事の両立で忙しくなるので、子どもと過ごす時間が短く感じてしまいますよね。

子どもの話をもっとゆっくりと聞いてあげたい、遊び相手をしてあげたいと思っていても、平日はママもくたくたなので難しいことでしょう。

専業主婦になれば、子どもは保育園に行く必要もなくなりますし、子どもと一緒に遊んだり、子どもの話を聞いてあげたりなどして、ゆっくりと向き合う時間を持つことができます。

また、共働きのママには難しい、子どもの習い事の送迎をすることができるので、子どもの興味の幅を広げることができます。これは子どもにとっては大きなメリットです。

パパに感謝の気持ちを持って生活できる

専業主婦になりたくても、家計のことを考えると無理というママもたくさんいます。その中で、お金の心配をすることなく専業主婦になれるということは、ひとえにパパが外でしっかりと仕事をして稼いできてくれるからです。

共働きの場合、ママがパパに対して「お互いに仕事をしているのだから、もう少し家事や育児を分担して」と不満に思ってしまいがちですが、専業主婦となれば「パパは外で仕事、育児と家事は私の仕事」と割り切って頑張ることができます。パパも仕事に集中することが可能です。

パパのおかげで、子どもの成長をしっかりと見守ることができるのはありがたいですよね。外で仕事を頑張っているパパに感謝の気持ちを持って生活するようにしたいですね。

メリットばかりではない現実も知ろう

金銭的にゆとりがなくなる

専業主婦になるとメリットも多いですが、ときにはデメリットもあります。よい所ばかりに目を向けず、厳しい現実についても考慮し、専業主婦になるかどうかの決断をしたいものですね。

専業主婦になると、金銭的にゆとりがなくなります。共働きの場合、ママ自身の美容院代や服、化粧品などの買い物をママの稼ぎから払っているというママも多いことでしょう。自分の労働で得たお金なので、ある程度気兼ねなく使うことができるかもしれません。

しかし専業主婦になると、パパの稼ぎだけで生活費や将来への貯金などすべてを賄わなければならないので、金銭的にゆとりがなくなることが多いですよね。節約しなければならないので、美容院は半年に1度だけになったというママも多いようです。

社会人としてのキャリアに不安になる

これまで仕事をしてきたママが専業主婦になる場合、社会人としてのキャリアに不安を感じることも多いようです。子どもが大きくなり、育児が落ち着いた頃に再就職を考える場合、以前と同じような仕事のポスト、報酬を得ることは難しいかもしれません。

再就職した場合、節税対策を考えるとパパの扶養内で働く方が税金が安くなるので、あえてフルタイムで責任のある仕事を選ばず、パートで働くというケースも多くなります。このような選択をした場合も、以前どれだけよいポストで仕事をしていたかはあまり考慮されず、キャリアアップを計ることが難しくなってしまいます。

今まで築いてきた社会人としてのキャリアをなくしてもよいのかどうか、しっかりと検討してから離職するようにしたいですね。

孤独を感じてしまうこともある

ワーキングマザーから見ると、「専業主婦は日中の時間を自由に使うことができるし、自分のペースで家事をすることができるから楽」と思うこともあるでしょう。しかし実際は、ママ一人の肩に育児と家事の負担がかかってくるので、責任が大きく大変だと感じるママも珍しくありません。

さらに一日中子どもと2人きりでいることが多いので、孤独を感じてしまうこともあります。仕事をしていると、職場の同僚や色々な人と会話をする機会がありますが、小さい子どもを育てている専業主婦のママの場合、一日中大人と会話しなかった、もしくはパパとしか会話していないということもあります。

子どもと2人で家にこもらず、積極的に公園や児童館などにお出かけしてほかのママたちと交流するようにしたいですね。

自分が憧れる専業主婦のかたちを見直そう

セレブの妻ならリスクは少ない

一口に専業主婦といっても、その内訳は様々です。本当は働きに出た方がよいけれど、パパがよく思わないので仕方なく専業主婦になり、毎日節約ばかり考えている状態のママもいることでしょう。一見優雅な専業主婦生活に見えても、節約にばかり頭を使うのは楽しくないですよね。

専業主婦でも、パパの稼ぎがしっかりとあるようなセレブの妻なら、節約などに頭を悩ませるリスクは少ないことでしょう。しかし今からパパをセレブにするのは至難の業だと思うので、パパの収入のみでママの収入がなくなった場合、どの程度の生活水準を維持できるのか、一度シミュレーションしてみるのもよいですね。

ママが仕事を辞めてから後悔しても仕方ないので、しっかりと検討してみましょう。

専業主婦に憧れない人も少なくはない

ママたちの親の世代は、専業主婦でいることは決して珍しくはありませんでした。統計によると1980年の専業主婦率は64.5%となっており、2015年になると38.2%にまで減少しています。35年で半数近くにまで減ったとは驚きですよね。現在は共働き家庭がポピュラーとなっているようです。

2013年に厚生労働省が行った意識調査によると、15歳から39歳の独身女性の1/3が「結婚したら専業主婦になりたい」と答えているのに反し、同年代の独身男性の1/5が「結婚相手に専業主婦になってほしい」と考えているとのことです。つまり、4/5の男性が共働きを希望しているということになります。

専業主婦という憧れの「職業」を手に入れるのはなかなか難しそうですね。

もしもの場合の準備もしておこう

パパとの関係が円満なうちは、安心して専業主婦でいることができます。しかし万が一、家庭不和やなんらかの事情により離婚という事態になった場合、専業主婦というポジションは弱いので注意しましょう。

今現在パパとの関係がうまくいっていない場合は、念のためママ名義の預金口座を作り、貯金をしておくようにしましょう。離婚すると、新しい住居への引っ越し、当面の生活費など諸費用が必要になってくるので、100万円ぐらいの貯金があると安心です。

また、急な出費に備え、ママ名義のクレジットカードを3枚用意しておくのもおすすめですよ。さらに離婚後、ママの再就職先のあてがあると、金銭的にはなんとか乗り越えられることでしょう。

まとめ

今回は、多くのママが専業主婦に憧れる理由と、メリットばかりではない専業主婦の現実、自分が考える憧れの専業主婦のかたちなどについてお話ししましたが、いかがでしたか?

時代とともにその数が減ってきている専業主婦ですが、子どもの成長をしっかりサポートすることができる、時間に余裕ができるなど、主婦からみるとそのメリットが眩しく思えることでしょう。

しかし家庭全体の収入が下がる、社会人としてのキャリアがなくなるなど、そこにはいくつかのデメリットもあります。しっかりと検討してから決断したいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj