就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝る布団は快適さが命。季節ごとのかけ方と布団選びのコツ

赤ちゃんが寝る布団は快適さが命。季節ごとのかけ方と布団選びのコツ

赤ちゃんを取りまく環境はできるだけよい環境にしたいと思うのが親心ですよね。生まれてすぐの赤ちゃんは、1日の大半を布団で過ごしています。快適な環境で赤ちゃんが寝るために、布団はどういったものがよいのかをまとめました。季節ごとの布団や掛け布団の使い方、おすすめの布団セットもご紹介します。

赤ちゃんのお布団選びのポイント

フワフワはNG!固さのある敷き布団を選ぶ

生まれたばかりの赤ちゃんは、骨が柔らかく関節も未発達です。また、自分で首を動かすことや寝返りをうつこともできません。

敷き布団が柔らかすぎると、赤ちゃんの体重で布団が沈んでしまいます。その結果、赤ちゃんの口や鼻がふさがれ窒息する危険や、背中がゆがんだり関節が不自然に曲がったりするリスクがあるともいわれています。

赤ちゃんの敷き布団は沈み込まない程度の固さがあるものを選びましょう。マットレスタイプなどがおすすめです。

月齢が上がると、赤ちゃんは寝返りをうつ仕草をするようになります。このときも敷き布団が柔らかすぎるタイプだと、寝返りも上手にうてません。敷き布団を触ってみて、少し固いなと思うくらいのものを選ぶとよいですよ。

掛け布団は逆に軽いものを選ぶ

赤ちゃんは自分から身動きができません。そのため重い掛け布団だと呼吸が苦しくなってしまいます。掛け布団は軽いものを選んでくださいね。

赤ちゃんがほとんど動かない時期はあまり問題ありませんが、月齢が上がって手足をばたつかせるようになると、掛け布団はすぐにずれてしまいます。掛け布団が重いと、赤ちゃんの口や鼻をふさいでしまう可能性があるので危険です。

また、赤ちゃんは体温調節が未発達の為、布団の中では体温が上がり熱がこもってしまいがち。すぐに布団の中が蒸れてしまいます。そのうえ、汗で寝具が濡れて風邪を引いてしまうことも。これでは赤ちゃんは快適に眠ることができません。

掛け布団は軽くて通気性のよいものがおすすめです。

赤ちゃんに優しい素材を選ぶ

赤ちゃんの布団の素材は、肌への刺激が少なく肌触りがよいものがおすすめです。また、赤ちゃんは汗っかきで布団が蒸れやすいとお伝えしました。汗を放出しやすい素材ですとなおよいでしょう。

羊毛や羽毛、綿などの天然素材は放湿性が高いので、汗をかいたとしても快適に眠ることができますよ。特におすすめしたい素材が、オーガニックコットンです。

オーガニックコットンとは、2〜3年以上農薬や肥料に対する厳格な基準が守られた農地で栽培された綿のことです。もちろん、加工の段階でもその基準がしっかりと守られています。

天然のコットンですので、赤ちゃんの敏感な肌をやさしく包み込んでくれます。通気性や耐久性もすぐれているため、赤ちゃんは快適に過ごせますね。

季節ごとに変わるお布団のかけ方のコツ

春と秋は寒暖差に対応した布団を準備しよう

春と秋は寒暖の差が大きい季節ですよね。この季節の赤ちゃんの布団は、気温の変化に対応できるものを準備してください。

毛布やバスタオル、タオルケットなど、気温に合わせて掛けたりはいだりできるものがあるとよいでしょう。たとえば、夜から朝にかけて気温がいちだんと低くなる時間帯は、毛布とバスタオルの両方を掛けましょう。

日中の気温が高い時間帯は、赤ちゃんが涼しく過ごせるようにバスタオルやタオルケットを掛け、曇りや雨でそれほど気温が高くない場合は毛布を使うなど、そのときどきに合わせて対応できますね。

毛布やバスタオル、タオルケットは薄くて軽いものがよいですよ。調節しやすく、赤ちゃんが息苦しくならず手足を動かしやすいのでおすすめです。

夏はサラリとした布団で暑さに対応しよう

夏でも「寝冷えが心配」と、赤ちゃんに布団を掛けたりバスタオルでくるんだりするママも少なくないと思います。けれども、それでは赤ちゃんが暑すぎてしまいます。

気温が高い夏場は夜でも暑いため、タオルケットかバスタオルをお腹のあたりにかけるだけで十分です。汗をたくさんかくので、ガーゼやパイルなど通気性のよいものがおすすめです。

赤ちゃんが快適に過ごせる夏の室内の温度は、25~28℃といわれています。熱中症にならないように、布団に気を使うほか、エアコンや扇風機を上手に活用して室内を涼しくしましょう。

そのほかにも敷布団の下にゴザを敷く、赤ちゃんの寝る部屋を夕方から暗くして網戸をした上で窓を開けるようにするなども効果的ですよ。

冬は寒さ対策のしすぎで暑くならないように

冬は寒いため、赤ちゃんが風邪を引いてしまわないかママは心配な季節になりますね。冬の寒さ対策はしっかりしておきたいところです。

掛け布団や毛布、バスタオルなどで調節してくださいね。けれどもいくら寒いからといって、布団を掛けすぎないようにしましょう。赤ちゃんは新陳代謝が活発で体温も高いため、大人が心地よい温度でも赤ちゃんにとっては暑いことがあります。

部屋が暖かすぎると赤ちゃんは汗をかいて風邪を引いてしまったり、布団を足でけって寝冷えしたりしてしまう恐れがあります。赤ちゃんが布団をけってもママがこまめに布団を掛ける、室温を適温にするようにして対策しましょう。

ベストのように着用できるスリーパーを使って調節してもよいでしょう。

乳児から幼児期まで使えるお布団選び

「GORE×西川リビング」の布団セット

GORE(ゴア)と西川リビングが共同開発した「GORE®︎ ベビー羽毛ふとん ロイヤルスター®︎」は、清潔、透湿性、軽さがうりの6点セットになります。掛け布団、敷布団、枕、掛け布団カバー、敷き布団カバー、枕カバーがセットになっておりお得です。

掛け布団には羽毛が使われ軽く暖かく、保湿性もあるので汗をかいても蒸れずに快適に眠れます。掛け布団カバーはカバーリングタイプでかわいい刺繍入り。4箇所の紐付きなので、カバーの中で布団がずれたりしません。

またカバー類はコットン100%ですので、デリケートな肌の赤ちゃんにも安心ですね。特殊加工で羽毛の吹き出しを防止するほか、ハウスダスト(ダニ、花粉、ほこりなど)の侵入を防ぐ作りになっています。

丸洗いできる「フィセル」の布団セット

フィセルの布団セット、NAOMI ITOの】「POCHO こんぺい ベビーふとんセット」は、体圧分散のマットを使用しているため、赤ちゃんの体に負担がかかりにくい作りになっています。

セット内容は、掛け布団、掛け布団カバー、ワンタッチシーツ×2、クリーンくるマット(敷きマット)×2、王冠型枕、ハートマン(ぬいぐるみ)、6重ガーゼケットの9点です。

布団は家庭用洗濯機で丸洗いできますし、軽くて持ち運びやすいので、幼稚園や保育園でのお昼寝布団としても使えますよ。シーツとマットは2枚セットになっているため、いつでも清潔なお布団で赤ちゃんは眠れますね。

王冠型の枕とスモーキーカラーの色合いの布団が、おしゃれでかわいいデザインです。

「ラーフェンズペネ」のオーガニック布団

北欧デザインを基調とした寝具専門ブランド、ラーフェンズ。その姉妹ブランド、ペネの洗えるオーガニックベビー布団セットは、オーガニックコットン使用で、アトピーやアレルギーのある赤ちゃんも安心して使える布団です。

セット内容は6~10点セットとさまざまありますが、10点セットの内容ですと、掛けヌード布団、掛けカバー、替え掛けカバー、固綿マット、ヌード枕、枕カバー、フィットシーツ、替フィットシーツ、キルトパッド、防水シーツになります。

霜降りブラウンとオーガニック生地らしい綿カスの入った生成りの優しい色合いの布団は、どんなお部屋とも好相性です。また、ヌード布団は洗える中わた「エアロカプセルガンマ」使用で、軽くて保湿性がありますよ。

まとめ

今回は、赤ちゃんにとって快適に過ごせる布団の選び方のポイントや、季節ごとの布団の調節のポイントをご紹介させていただきました。

寝る子は育つと昔のことわざにもあるように、大切な赤ちゃんには少しでもよい環境でぐっすり眠って、健康に育って欲しいですよね。

また、赤ちゃんが寝てくれない、布団をけってしまって困っているママも、今回の記事を参考に布団を選んでみてはいかがでしょうか。赤ちゃんが眠れない原因はさまざまですが、赤ちゃんにとって居心地のよい布団であれば、寝てくれる可能性もあるかもしれませんよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018