就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3カ月の赤ちゃんの特徴を知ろう。赤ちゃんの成長と関わり方

3カ月の赤ちゃんの特徴を知ろう。赤ちゃんの成長と関わり方

赤ちゃんが外出することのメリット

赤ちゃんが外出することには多くのメリットがあります。まず、外気に触れることが免疫力の向上につながる点です。外の空気にはさまざまな刺激があります。それまで胎内から家の中とステップアップしてきた赤ちゃんは、次に外気に触れることで皮膚や呼吸器を強くすることができます。

二つ目に、生活リズムがつきやすくなることです。まだ昼夜の区別があまりついていない赤ちゃんにとって、明るい時間に外出し太陽の光を浴びることで、生活リズムを整える効果が期待できます。

三つ目は、赤ちゃんとママのコミュニケーションが増えることです。道端の花や、動物を一緒に見ることで会話のきっかけが生まれます。家の中とは違う言葉を聞くことで赤ちゃんの言葉の世界も広がるでしょう。

無理のない範囲で慣らしていこう

生後3カ月の赤ちゃんにとって、外で初めて聞く音や目にするものは想像以上に大きな刺激となります。最初は外気浴から始め、徐々に範囲を広げていきましょう。体温調節の苦手な赤ちゃんのために、調節しやすい衣類やタオルを用意したり、水分補給できるものを持っていくのも大切ですね。

また、お出かけの時間は紫外線の強い10~14時を避け、普段授乳やお昼寝をしている時間でないときがおすすめです。生活リズムに合わせて取り入れるとよいでしょう。

外の空気を吸うことはママにとっても赤ちゃんにとっても、リフレッシュになります。行かなくてはと焦らず、赤ちゃんの体調や天気などの様子を見ながら、楽しくお出かけしたいですね。

まとめ

生後3カ月になると、赤ちゃんの体もしっかりしてきて、ママもだんだんと育児に慣れてきたという方もいるのではないでしょうか?その一方で、赤ちゃんの成長とともにまた新たな悩みが出てきたり、同じ月齢の子との個人差が気になったりと、ママの心配が尽きないのも事実。

成長の目安を知ることも必要ですが、一番はその子なりのペースを大切にすることです。ママはゆったりとした心で見守ってあげましょう。日々成長し続ける赤ちゃんと笑顔で過ごしていきたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事