就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の食生活の乱れと問題点とは?子どもの食生活を見直そう

幼児期の食生活の乱れと問題点とは?子どもの食生活を見直そう

幼児期は体と心の成長・発達が著しい時期といわれています。この時期の食生活の良し悪しは、子どもが育っていく過程で大きな影響を与えることは明らかです。親ならば子どもの健やかな成長を願わずにはいられませんよね。あらためて、子どもの食生活を見直していきましょう。

食生活の乱れが子どもに与える問題点とは?

食生活の乱れは子どもの発達に影響する

脳の発達には、読み聞かせなどの刺激も大切ですが、食事から脳細胞を育てる栄養を摂取することが欠かせません。栄養バランスやリズムが乱れた食生活は、子どもの脳の発達を妨げます。

DHAやEPAは青魚に含まれる質のよい油で、脳内の神経細胞の成長を促します。また、卵は良質なタンパク質のもとで、脳内で判断力や記憶に関わる神経伝達物質の材料です。脳がどんどん成長する大切な時期にこのように適切な栄養をとることで、よく働く脳がつくられるのです。

食生活はリズムも大切です。決まった時間に食事をとることで、体の基本的な働きや情緒に関係するセロトニンというホルモンが分泌され、神経が活発に伸びます。そして、安定した脳がつくられ、安定した心の発達につながります。

食生活の乱れは子どもの健康に現れる

食べ物は丈夫な体をつくるために欠かせません。ですが、栄養バランスが乱れると、子どもの健康にも大きな悪影響を与えます。

日本の食事は欧米化が進み、魚より肉を食べる機会が増え、大人も子どもも脂質のとりすぎが指摘されているのをご存知ですか?たとえば、野菜不足や脂肪のとりすぎによって年々、肥満傾向の子どもが増えてきています。子どもは代謝が活発であるとはいっても、過度な脂肪分摂取は心配ですし、野菜不足は免疫力・集中力の低下につながります。

現代の日本は、いつでも好きなものを好きなだけ食べられる飽食の時代ですが、幼い頃からバランスの乱れた食生活を続けていたら、そう遠くない将来にさまざまな生活習慣病を発症するリスクが高まってしまうのです。

食生活の乱れは親子の絆が乏しくなる

最近は子どもの孤食(こしょく)も増えています。孤食とは「子どもが1人で食事をすること」を指します。

こうした食事のスタイルでは、子どもが好きなものだけを食べたり、一気に早食いしたりすることになるので、肥満や体調不良の原因になるといわれています。

またそれだけではなく、本来、食事の時間は家族で食卓を囲むコミュニケーションの場であるべきですが、孤食ではそうした親子の絆が乏しくなってしまうのです。孤食のさみしさから情緒不安定になるケースもあります。

どうしても忙しくて、子どもだけ先にご飯を食べさせるしかない、といった家庭の事情もあるでしょう。そうした場合は、朝だけは家族で食事をとる、週末は家族で食卓を囲むなどの工夫をしましょう。

子どもの栄養バランスや食事環境を見直そう

子どもの栄養バランスを整えよう

成長期の子どもに食事の栄養バランスは重要ですが、細かなカロリー計算などをして毎食の調理をするのは大変で現実的ではありません。

そこで、まずは次の三つをバランスよく組み合わせることを意識して献立を考えましょう。

●体をつくるタンパク質…肉・魚・卵・豆・牛乳・乳製品など
●エネルギーになる炭水化物…米、パン、麺、いもなど
●体の調子を整えるビタミン…野菜、果物、きのこなど

幼児期は食べムラもある時期なので、1食単位で厳密にバランスを考えなくてもOKです。たとえば、「今日は野菜が少なめだったから、明日は少し多めを意識しよう」という感じで、1日単位や数日単位で、おおまかにバランスをとるようにすると、食事作りの負担も軽減されますね。

子どものおやつを見直してみよう

一度にたくさんの量を食べられない子どもにとって、おやつは大切なエネルギー補給の役割があります。そこで、おやつを与えるときに気をつけたいのが、「なにを食べるか」です。

たとえば、チョコレートや飴など砂糖がたっぷりのお菓子ばかり食べると、虫歯や肥満の原因になります。「おやつ=甘いもの」ではなく、栄養価の高いヨーグルトや旬の果物、おにぎりなどにすれば不足しがちな栄養を補えます。

また、与える量にも注意しましょう。3時のおやつをたっぷり食べさせると、お腹がいっぱいになってしまって、その後の夜ご飯が食べられないということが起こります。与える量としては、小さなお皿におさまるくらいの量を目安に、与えすぎには注意しましょう。

家族で楽しい食卓作りをしよう

食事は家族の大切なコミュニケーションの場でもあるので、楽しい雰囲気にしたいですね。食べることの楽しみを知れば豊かな心を育みます。

楽しい食卓づくりにおすすめなのがランチマットです。ランチマットを使うことで、自分の場所を意識づけられるので子どもが安心感を覚えます。このとき、子どもが食事に集中できるように、ランチマットのデザインはシンプルなものを選びましょう。

プラスチックの食器を使っている場合は、思い切って陶器のものに変えるのもよいですよ。子どもは大人と同じことをするのが大好きです。大人と同じ食器にすることで、子どもも一人前の気分が味わえて喜びます。ものは落とすと割れてしまう、ということを教えることもできますね。

生活習慣を見直して生活リズムを整えよう

朝は早起きする習慣をつけよう

一日三食をしっかり食べるためには早起きが欠かせません。早起きできないと、朝食をきちんと食べる時間がなくなってしまうからです。

朝は前夜の食事から時間がたっているので、起床時にはエネルギー不足の状態です。朝食を抜くと、当然、午前中の活動エネルギーが不足します。特に、子どもは一度に食べられる量が少ないため、トータル的な一日の栄養も不足してしまうということです。

人間の脳はブドウ糖をエネルギー源としています。しかし、ブドウ糖は脳の中に長時間貯めておけない仕組みになっています。ですから、三度の食事をしっかり食べて、脳にブドウ糖を供給することが大切なのです。

早起きをしてきちんと朝食をとることで、体も目覚めて一日を活発に活動できるようになるということです。

日中は元気に体を動かそう

子どもが、好きなものばかり食べて、全体的に食べる量も少ない、と悩むママも少なくありません。食べムラもある時期なので、そのうち食べるようになるかもしれませんが、ママとしてはやっぱり心配ですね。

そこで、日中の過ごし方を振り返ってみましょう。家の中で絵本を読んだり、ブロックやお人形遊びばかりしていませんか?こうした遊びも子どもの成長に大切ですが、可能な限り外遊びなどで体を動かす機会をとりいれましょう。

日中にたくさん体を動かす遊びをすれば、それだけエネルギーを必要とします。すると、自然にお腹がすいてきて食べる量も増えていきます。

また、体を動かして適度に疲れさせることで、夜はぐっすり眠るというリズムも整いますよ。

夜はゆったり過ごして早寝の習慣をつけよう

子どもが早起きするために、早く寝ることが欠かせません。毎日決まった時間に布団に入れるように心がけたいですね。

そのために、夜はゆったりと過ごすようにしましょう。寝る前はテレビなどは見ないようにして、絵本を読んだりお話をしたりしてリラックスできる環境にします。

近年、大人の生活が夜型になっているので、それにつられて子どもも夜型になっている場合があります。夜遅くに仕事から帰ってきて子どもと遊ぶ、お風呂に入るなどは子どもが興奮して寝つかなくなるのでやめましょう。

できるだけ大人も子どものリズムに合わせて、子どもに早寝を習慣づけるようにしたいですね。早く寝れば、朝も早く起きられてしっかりと朝食をとれるようになります。

まとめ

乱れた食生活は子どもの成長や健康を妨げてしまいます。体と脳が発達する大切な幼児期に、正しい食生活は欠かせないのですね。

そのためには、生活リズムを整えることも大切です。幼児期の生活リズムは大人がきちんとコントロールしてあげなくてはなりません。早寝早起きを心がけ、たくさん体を動かしてしっかりと食事をとらせましょう。

無理のない範囲で栄養のバランスを考えながら、親子のコミュニケーションも密になるように食事を楽しい時間にしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018