就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママが感じる夫婦生活の孤独とは?解決ヒントはコミュニケーションに

ママが感じる夫婦生活の孤独とは?解決ヒントはコミュニケーションに

子育ては楽しいけれど、夫婦生活において孤独を感じてしまうというママもいることでしょう。「パパともっと話したいのに」と寂しくなることもありますよね。そこで今回は、ママが子育て中に夫婦生活で孤独を感じる理由と夫婦生活の孤独を解消する方法、忙しいパパと会話をする方法などについてお話しします。

子育て中に夫婦生活で孤独を感じる理由

パパの仕事が忙しくて頼れない

毎日家事と育児に追われ、あっという間に時間が過ぎていくというママも珍しくないことでしょう。

夕食の支度をしながら、そばでぐずる子どもの相手をして、すきま時間に洗濯物を畳んでというように、ママひとりで家事と育児をしていると、「たまにはパパに手伝ってほしいな」と思う瞬間もあるはずです。

しかし平日のパパは仕事で留守ですし、帰宅が遅いと家事や育児の分担をお願いすることは難しいですよね。分担どころかママとパパが会話をする時間すらなく、ママが「パパに相談したかったのに、今夜も無理そうだな」というケースも多いかもしれません。

こうしてママはパパに物理的、もしくは精神的に頼りたくても頼れずに孤独を感じてしまうのです。

相談してもママの思っている意見と違う

育児をしていると、色々と小さな不安を感じることもあるでしょう。「子どものお腹がゆるいのだけど、食べ物のせいかな?」というようにパパに相談しても、「心配なら小児科医に診せたら?」というようにシンプルな意見が返ってくることもあるでしょう。

意見としては合っているものの、「それはわかっているし、そんなことを言ってほしいわけではないのに」とモヤモヤしてしまうかもしれません。

ママとしては、そういう論理的な意見がほしいのではなく、「どうしたんだろう。昨日は何を食べたの?心配だね」というように、一緒に心配してくれるだけで気持ちが救われることもありますよね。

パパに心配事を相談してもママの思っている意見と違うと、考え方の違いを感じ孤独感が増すこともあります。

パパが育児はママがするものだと思っている

「子どもが生まれたらイクメンになる」と張り切っていたはずのパパも、実際に子どもが生まれて、昼夜を問わない赤ちゃんのお世話が始まると、「明日も仕事があるし無理」と感じて育児をママに丸投げしてしまうケースも多いですよね。

仕事から早く帰れた日や休日などには、パパにも余裕があるはずなのに、育児に積極的に参加しないでママに任せっきりということも多いでしょう。「ママに任せておけば安心」という信頼感を持ってくれるのは嬉しいのですが、2人の子どもなのですから、もう少し育児を分担してほしいものですよね。

ママから「泣いているから少し抱っこしてあやしてくれる?」というように具体的に指示されないと、何をしてよいのかわからないというパパも多いようです。

子育てママが夫婦生活の孤独を解消する方法

孤独に感じていることをパパに伝える

ママが孤独を感じていることをパパに気がついてほしいと思っても、パパにはそれが伝わらないことも珍しくありません。パパに気づいてもらえずにママの不満ばかりが溜まり、パパにあたって夫婦喧嘩になることもあります。その前に夫婦生活の中で感じている孤独を解消することが重要です。

ママの孤独な気持ちを、パパに積極的に言葉で伝えることも解決策の一つです。伝えるときは攻撃的に伝えるのではなく、穏やかに優しく「もっとパパと話をする時間や、お互いに向き合う時間がほしい」と話してみましょう。

子育ての中でどんなことをパパに手伝ってほしいのか、具体的に話してみるのもよいですね。パパはママの気持ちに気がついていなかっただけという可能性もありますよ。

育児の悩みはパパと共有する

育児をしていると色々な悩みが出てきて、その度にママひとりで考えながら対処しているというケースも多いことでしょう。「パパは仕事で忙しいし、話しても仕方ない」と思ってしまいがちですが、育児の悩みはパパと共有することが大切ですよ。

ママが大変なときにパパが仕事で忙しくて直接手伝ってもらえないときでも、「育児ってこんなに大変なこともあるんだよ」ということを知ってもらうことができます。パパにママの辛さを理解してもらえるだけで、ママの気持ちも少しは晴れるかもしれません。

パパに「そんなこと言われても、仕事で忙しいから手伝えない」と言われたら、パパに知ってもらえるだけでもママの孤独感が減るということを伝えて、理解してもらうようにしたいですね。

パパが休みの日は育児を手伝ってもらう

平日パパの帰りが遅いと、育児を分担してもらうのは難しいかもしれません。この場合、せめて休みの日には育児を手伝ってもらうようにしたいですね。

休日は休みたいというパパもいるかもしれませんが、ママは家事と育児で365日、ノンストップ状態で活動していることを理解してもらうようにしましょう。

たとえばパパが休みの日に、子どもと一緒に公園に散歩に出かけてもらうのも一案です。その間、ママは家事をしたり、お茶を飲んで一休みしたりすることができます。

パパはママの大変さを理解することができますし、ママは1人時間を持つことができますよ。育児の大変さやママの孤独感を理解してもらうには、パパに実際にママの立場になって体験してもらうことも必要です。

忙しいパパと会話をするにはどうする?

LINEやメールなどを積極的に活用する

「平日はパパの帰りも遅いし、ゆっくり会話をする時間が持てない」というママも多いことでしょう。休日に会話をする時間はあるかもしれませんが、できれば日常的にパパとコミュニケーションが取りたいと感じているママもいるはずです。

顔を合わせて会話をする時間がないのなら、LINEやメールなどを使って会話をするのもおすすめですよ。現代のコミュニケーションツールを夫婦生活にも活用して、パパとの絆を深めてみましょう。

「今日、こんなことができるようになったよ」というメッセージとともに子どもの写真をLINEやメールで送信してみるのもよいですね。パパが留守にしているときの子どもの様子がわかり、パパも育児に対して興味を持ってくれるようになるかもしれません。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC