就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

小学校入学前の教育相談とは?時期や流れ、学校との関わり方

小学校入学前の教育相談とは?時期や流れ、学校との関わり方

障害のある子どもや発達が気になる子どものパパやママは、子どもの就学先をいろいろと心配していることでしょう。ここでは、教育相談までの流れや小学校入学前の教育相談、小学校入学後の相談先や学校との関わり方などを、パパやママが納得した上で子どもに合った就学先を選択し、毎日楽しく通えるように紹介します。

教育相談を受けるまでの流れについて

小学校入学前の教育相談、「就学相談」

パパやママも子どもの小学校入学前は不安になりますよね。新しい環境にすぐになれる子どもならば、あまり心配はいらないでしょうが、障害のある子どもや発達が気になる子どもは特に心配になりますよね。

障害のある子どもや発達が気になる子どもの家庭では、幼稚園、保育園年長のときに就学相談を行います。就学支援委員会が調べたさまざまな情報をもとに、家庭の希望と希望する学校の受け入れ態勢の有無、就学先を決めます。

就学相談では、家庭の希望と就学支援委員会の意見が分かれることも珍しくないようです。そんなときは子どもに必要な支援が十分受けられる就学先を選ぶようにしましょうね。

子どもが6年間通う学校ですから、疑問や不安は就学相談でクリアにしたいものです。

就学時健診で指摘を受けた場合

就学時健診の通知は、幼稚園、保育園年長の秋くらいに届きますので、指定された日時に会場へ行って健診を受けることになります。この健診でもし、指摘を受けた場合はどうすればよいのでしょう。

毎日たくさんの子どもと接している先生が、就学時健診の様子などを見て「通常学級に入ると苦労するかもしれないなー」と感じたときには、発達検査や知能検査をすすめられることがあります。

検査をすすめられたときは、すぐに療育センターに予約するとよいですね。就学時健診のあとは、混み合うことが多いですよ。のんびりしていると小学校入学に間に合わないということもありますので、早めの行動を心がけましょう。

必ずしも検査をすすめられたからといって通常学級が無理というわけではありませんよ。

小学校入学前に教育相談の通知が届いた場合

就学先が決定したあと、教育相談の通知が届く場合があります。これは、子どもがスムーズに学校生活を送れるように、子どもに関してのさまざまな情報を家庭と学校が共有するための教育相談です。

子どもの家庭での様子や得意なこと、苦手なこと、などの話しをすることになるでしょう。気になることは何でも聞いて、話して、子どもの小学校生活を楽しいものになるようにしたいですね。

友人ママのお子さんは、小学校入学前に就学先の校長室で教育相談を受けました。たくさんの先生方に囲まれ、緊張したのはママだけだったといっていました。教育相談をしている間、お子さんは就学することになる学級に行ってランドセルを置く場所やトイレの場所を確認したそうですよ。

小学校入学前の教育相談を具体的に紹介!

小学校入学前の教育相談の時期

相性や環境に左右されることが多い、障害のある子どもや発達が気になる子どもの学校選びは、特に時間をかけて慎重に行いたいものです。教育相談に適した時期を調べました。

自治体にもよりますが、幼稚園や保育園のうちから療育センターなどに通っている場合、子どもが年長になると勉強会や学校見学の場が設けられることがあります。そしてそれらを参考に就学相談に臨むことができます。

療育センターなどに通っておらず、就学先に迷う場合は、できるだけ早く幼稚園、保育園の先生や療育センターに相談することをおすすめします。子どもが年長になる前には準備を始めておいた方がよいでしょう。

就学先を決めるときには、子どもの幸せを1番に考えて決断してくださいね。

就学先が決まるまでの流れ

就学相談は
1.パパ、ママが教育委員会や幼稚園、保育園を通して、面談を申し込む
2.教育委員会と面談、子どもの発達検査や知能検査
3.幼稚園や保育園での様子を観察するため就学支援委員会の方が来園
4.就学支援委員会で審議
5.審議結果をもとに就学支援委員会と面談
6.就学先決定
という流れです。自治体によって違いがありますので、詳しくは地域の教育委員会に問い合わせてください。

就学支援委員会は、支援が必要な子どもの就学をサポートするために構成された専門家のチームで、医師、教職員、児童福祉施設職員などで構成させています。

ここで気をつけるポイントは、就学相談はパパやママが申し込みをしなければならないことです。通知は来ませんので注意しましょう。

各就学先の各学校、各学級の特徴

希望する就学先の特徴を知っておくことはとても大切です。ここではそれぞれの特徴を紹介します。

小学校の通常学級に通い、苦手な時間に通級指導教室などに行って学習するのは通級です。苦手な教科や落ち着かなくなってしまう時間のみ、指導教室の先生がサポートします。

特別支援学級は、学年の垣根なく児童が在籍し、授業はすべて特別支援学級で受けます。最近では特別支援学校の先生が常駐していることも多くなってきましたね。

特別支援学校は心身に障害のある子どもが通う学校です。ほとんどが少人数クラスで手厚く支援してもらえるのが特徴です。

小学校の通常学級に通い、すべての時間を通常学級ですごす通常学級は、1クラスの人数が多く、たくさんの子どもと触れ合えます。

小学校入学後の相談先、学校との関わり方

入学後に困ったことがあった場合の相談先

小学校入学のあとは、パパやママは子どもが心配でなりませんよね。慣れない環境の中で子どもがどうしているのかを考えると、仕事も手につかないということも少なくないでしょう。

特に障害のある子どもや発達が気になる子どものパパやママは、何かあったときのためにも学校とうまくやっていきたいと思っているに違いありません。では、学校とうまくやっていくためにも困ったことがあった場合は、どこに相談すればよいのでしょうか。

まずは担任の先生に相談しましょう。毎日、子どもを1番近くで見ていてくれます。なんでも話してみるとよいですよ。相談内容によっては、担任が管理職や各先生にかけあってくれるでしょう。

学校単位で相談したいことや子どもにかかわる重大な問題などの場合は、校長先生に相談することもできます。ただ、事態が大きくなることも考えられますので、まずは担任に相談し、どうしても校長先生に相談したい場合は、担任を通して校長先生のスケジュールなどを確認してもらいましょう。

そのほか、特別支援コーディネーター、スクールカウンセラーなどにも相談できますよ。

入学後の学校との関わり方

子どもが心配でついつい学校にたくさんの注文を付けてしまう…というパパやママはいませんか?パパやママでも、頭ごなしに「あれやって」「これやって」といわれるといやになりますよね。

学校とうまくやっていくためにはあれこれいいたい気持ちを抑えて、学校に歩み寄る姿勢が大切です。学校にも限界があります。たくさんの児童を抱えているのですから。

例え同じ診断名であっても、障害のある子どもや発達が気になる子どもの症状は1人ひとり違います。また、症状も昨日と今日で違うこともあり、パパやママの心配の種でもありますね。

学校に適切な対応をとってもらうためにも、子どもの情報は定期的に学校に伝えましょう。そして学校での様子なども伝えてもらえるとよいですね。

そのとき、学校の対応が少し違うと思ったときは「~をやってください!」ではなく「~はどうでしょう?」と柔らかい姿勢で尋ねてみましょう。学校と家庭はお互いに協力し合うことでより子どものためになるはずです。

家庭と学校で同じ方向を向いていれば、きっと子どもにとってよりよい支援が見つかりますよ。

まとめ

さまざまなサポートが必要になることが予想される、障害のある子どもや発達が気になる子どもの就学先の候補は、就学支援委員会での審議を経て面談で家庭に伝えられます。もちろん、家庭の希望も反映されますので、よく話し合って子どもに合った就学先に決めましょう。

入学後に困ったことがあった場合は、まず担任に相談しましょう。校長先生や特別支援教育コーディネーター、スクールカウンセラーなどにも相談できますので、パパやママが学校側と話しやすい環境を作っておくことは大切ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018