就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児用無添加シャンプーを使おう!安心なシャンプーや楽しみ方を紹介

幼児用無添加シャンプーを使おう!安心なシャンプーや楽しみ方を紹介

子どもには安全で肌に優しい無添加シャンプーを選びたいですね。けれど、実際は無添加シャンプーにも添加物が使用されているということはご存知でしょうか?この記事では無添加シャンプーに関する正しい知識とともに、おすすめの無添加シャンプーや子どもとのシャワータイムが楽しくなる方法もあわせてご紹介していきます。

ママが知っておきたい!無添加シャンプー

無添加シャンプーの本当の意味

一般的に無添加シャンプーは「添加物が入っていないから肌に優しい」という認識が広がっていますが、これは少し誤った認識で、実は無添加シャンプーにも添加物は配合されています。

「添加物=悪いもの」というイメージも根強いです。たしかに、肌に刺激となってしまう添加物も存在します。けれど、品質を安定させ雑菌の増殖を抑えるために必要な添加物というものも存在するのです。

つまり、無添加シャンプーとして市販されているものは、肌への危険性があると判断された成分は無配合ながら、品質の安定のために最低限の添加物は配合しているということになります。

もちろん、肌への優しさを考えた成分で作られているので、安心して使えることに変わりはありませんよ。

無添加シャンプーのメリットとデメリット

無添加シャンプーは髪の毛や頭皮にとって不要な成分を使わず、余計なものを配合していないので、誰でも安心して使うことができるのが最大のメリットといえるでしょう。頭皮や髪に刺激となってしまう成分は含まれていないため、敏感肌のママや小さな子どもでも使うことができます。

「シリコン」などの化学成分が含まれていないので、洗い上がりはさっぱりとして軽やかです。頭皮のベタつきが気になるというママや、髪のボリューム感がないママにもおすすめですよ。

一方で、無添加シャンプーは「髪や頭皮を優しく洗うこと」に着目しているため、「泡立ちが悪い」「髪がきしむ」「指通りがよくない」など、使い心地や洗い上がりへの不満が多いのがデメリットといえるでしょう。

幼児用シャンプーの特徴は?

子どもの髪の毛は、成長とともに大人と同じような髪の毛になっていきます。しかし、子どもの肌はデリケートなので、大人用のシャンプーでは頭皮に刺激が強すぎてしまったり、目にしみたりする場合があります。

そんなデリケートな子どもには、幼児用のシャンプーの使用がおすすめです。幼児用シャンプーの大きな特徴は、肌に低刺激な洗浄成分が使用されていて、シリコンや着色料、防腐剤などの余計な添加物があまり使われていないという点です。

アトピーや敏感肌に悩んでいる子どもにも使えるくらい肌に優しいものもあります。洗浄成分が肌に残りにくく、頭皮に刺激を与えないうえ、気になる汗や汚れはしっかりと落としてくれるので安心ですよ。

幼児向けの安心無添加シャンプー3選

「こどもねすの つやつやシャンプー」

肌に負担をかけずに洗える弱酸性のアミノ酸洗浄成分と、髪のツヤに欠かせないキューティクルを保護する成分を配合したシャンプーです。防腐剤やアルコールを使わず無添加にこだわっているため、頭皮に優しい成分で作られています。

無添加ながら泡立ちのよさに定評があり、「半プッシュくらいでしっかり泡立ちました。 長持ちしそうです」という口コミもあります。毎日使うものだからこそ、コストパフォーマンスが高いという点も、多くのママから支持されている理由といえますね。

余計な成分は使わずに、たっぷりの泡で優しく洗うことで肌の乾燥も防いでくれる「こどものねすの つやつやシャンプー」は、「市販のシャンプーとはどれも相性がよくなくて…」と悩んでいるママにもおすすめですよ。

泡せっけんシャンプー「arau」

「arau」は植物性のせっけん成分で作られた無添加&低刺激のシャンプーです。

せっけん自体は肌には優しいのですが、人によってはせっけんで洗うと髪がきしむというデメリットがあります。その点「arau」にはシソ葉エキスとカミツレ花エキスをを配合しているので、髪にうるおいを与えながら洗うことができます。

愛用者の中には、商品を使って3日で子どもの髪質に変化を感じたというママもいます。ギシギシゴワゴワだった子どもの髪がサラサラしっとりになったそうですよ。

このシャンプーは泡で出てくるタイプなので、泡立てる手間がなく簡単に髪全体をしっかり洗うことができます。泡立てによる摩擦刺激も防げますよ。洗い上がりの優しい香りにもファンが多いシャンプーです。

家族で使える「ミノン薬用ヘアシャンプー」

皮膚科学に基づき製薬会社によって開発された低刺激シャンプーが、「ミノン薬用ヘアシャンプー」です。植物性アミノ酸系洗浄成分を配合されているため、子どもの頭皮のデリケートなバリア機能を守って洗えます。

硫酸系界面活性剤は使わずに、主成分である水と五つの成分のみで作られているので、小さな子どもからお年寄り、敏感肌に悩むママやパパまで、家族全員で使えるくらい肌に優しいシャンプーとなっています。成分のシンプルさも、小さな子どもがいるママたちに人気の理由です。

アミノ酸系の洗浄成分100%なので、肌のバリア機能にダメージを与えることなく洗えるうえ、保湿力が高いのもポイントです。特に子どもの乾燥肌が気になるママにはおすすめですよ。

子どもがシャンプーを楽しめる方法

シャワーの温度や水圧に気をつける

子どもの肌は大人よりも敏感なので、お湯の温度の感じ方にも違いがあります。たとえば、大人にとってはちょうどよいと感じる温度でも、子どもにとっては熱すぎてしまうことがあるのです。

また、同じ温度のお湯でも、洗面器に入った状態でそこへ手を入れるのと、頭からシャワーでかけられるのとでは、水圧の関係でシャワーの方が熱く感じやすいです。そのため、子どもの髪の毛を洗うときにはお湯の温度と水圧に気をつけましょう。

シャンプーを洗い流すときの目安は38~40℃がおすすめです。特に年齢が小さいほど温度に敏感なので、体温に近い37~38℃位に設定すると熱く感じにくいでしょう。 シャワーも勢いよく出すのではなく、「少しずつ優しく」を心がけてくださいね。

シャンプーハットやタオルで顔を覆う

「子どもがシャンプーを嫌がる」と悩むママも多いようです。子どもがシャンプー嫌いだと、お風呂の時間が親子にとって憂鬱なものになってしまいます。できるだけ早いうちに解決したいですよね。

子どもがシャンプーを嫌がる大きな理由としては、「顔に水がかかるのが嫌だ、こわい」というのがあります。そこで、おすすめはシャンプーハットやタオルを使って顔に水がかからない工夫をすることです。

シャンプーハットやタオルで顔を覆うこと自体を嫌がる場合には、まずはママやパパが使い方のお手本を見せてあげましょう。慣れてきたらお湯に浸かりながらママやパパと一緒に、少しずつお湯に顔をつける練習をするのもよいですね。

気長に優しくシャンプー嫌いを克服していきましょう。

泡を作って楽しく洗おう

子どもがシャンプーを楽しいものだと思えるようになるためには、遊びの要素をとりいれることがおすすめです。道具も不要で簡単にできるのが、シャンプーをたくさん泡立てて泡で遊びながら頭を洗うことです。

頭の上でモコモコの泡を作って、動物の耳に見立てたりソフトクリームや王冠などに見立てたりしてあげると、子どもはおもしろがって自分からシャンプーをしたがるようになりますよ。

いつもシャンプーを嫌がっている子どもでも、頭を洗うときには「一緒に泡で遊ぼう」と声をかけるとスムーズにシャンプーができるようになるでしょう。

シャンプーは泡立てることでしっかり洗浄できるので、遊びながらたっぷりの泡で頭を洗うことはまさに一石二鳥といえそうです。

まとめ

無添加シャンプーにも添加物が入っていることを知って、驚いたというママも少なくないかもしれませんね。けれど、「肌に刺激のある成分は配合されていない」という安心感は変わりません。

子どもの肌に優しいということは、当然ながら大人の肌にも優しいということなので、無添加シャンプーは家族みんなで使うことができるのもうれしいですね。

刺激に弱い子どもの肌には低刺激の無添加シャンプーを使って、お湯の温度や水圧にも気をつけながら楽しいシャンプータイムを過ごしてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR