就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代の乾燥肌に適したスキンケアは?乾燥の原因と保湿ケアの方法

30代の乾燥肌に適したスキンケアは?乾燥の原因と保湿ケアの方法

30代になると、年齢とともに進む肌の乾燥に悩むママが増えてきます。けれど日々の家事育児に追われて、自分の肌のお手入れがしっかりできない…というのが現実ですよね。そこで今回は、育児中でもできる30代の乾燥肌対策のコツをご紹介していきますので、一緒に乾燥肌の改善を目指しましょう!

30代の乾燥肌の主な原因とは?

加齢により肌の代謝が低下し乾燥肌に

肌はもともと、皮脂、セラミドなどの細胞間脂質、尿素などの天然保湿因子によって自ら潤う力を持ち、水分を保っています。

特にセラミドは肌の潤いを守るために欠かせない存在です。セラミドの産生力は赤ちゃんのときがもっとも高いとされているとおり、赤ちゃんの肌はしっとりモチモチしています。

ですがセラミドは、年齢とともに減り始めて30代になるとかなり減少してしまいます。50代ともなると、セラミド量は20代の半分程度にまで減るとされているのですよ。

このように、加齢によって肌の代謝は少しずつ低下していくので、皮脂の分泌量や保湿成分を作り出す機能自体も低下してしまって、水分を保てずに肌が乾燥しやすくなるというわけです。

仕事や育児で生活リズムが崩れやすいため

肌はいくつかの層に分けられていて、表皮の一番下の層では常に「表皮細胞」が作られています。この表皮細胞が一番上の「角質層」まであがってきて、最後は垢となって剥がれ落ちます。

表皮細胞が生まれて表面まで上がるのに約14日間、そこから垢として剥がれ落ちるまでに約14日間がかかる、この合計約28日間をターンオーバーと呼びます。細胞が生まれ変わる周期のことですね。

このターンオーバーは規則正しい食生活や睡眠で一定のリズムを保ちますが、仕事や育児などで生活リズムが乱れがちな30代はターンオーバーが乱れやすいのです。ターンオーバーが乱れると、新しい肌細胞の正しい成長が妨げられてしまうので肌が乾燥する原因となります。

紫外線による肌への刺激で角層が痛むため

紫外線も肌の乾燥を引き起こす原因と考えられます。紫外線は肌の内部に炎症を起こしたり、潤いを守る力を低下させたりします。そのため、ターンオーバーにも影響を及ぼし、新陳代謝を低下させてしまうのです。

さらに、紫外線をくりかえし肌に浴びることで、角質層が厚くなります。これは肌に不要な角質が積み重なっている状態であるため、化粧水などをつけても浸透しにくいので乾燥肌が悪化してしまうのです。

肌は紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化して肌を守るためにメラニンを放出します。このメラニンは、通常はターンオーバーによって排出されるのですが、肌の乾燥でターンオーバーが乱れた状態ではメラニンが表皮に沈着してシミの原因にもなってしまいます。

30代の乾燥肌を防ぐスキンケアのコツは?

洗顔はぬるま湯とたっぷりの泡でやさしく

30代からの乾燥肌を防ぐには、洗顔のときに「優しく洗うこと」が重要になってきます。摩擦による刺激というものは肌に大きなダメージを与えてしまうからです。

そのため、顔を洗うときには、たっぷりの泡で肌を優しく包み込むようにして洗いましょう。泡立てる量は「レモン1個分」を目安にしてください。

汚れを落とすにはゴシゴシと洗いたくなってしまいますが、丁寧に洗顔料を泡立て、泡のクッションを肌の上で転がすイメージで洗えば肌にダメージを与えることなく、しっかりと汚れを落とすことができますよ。

洗い流すときは、熱いお湯では肌の潤いが奪われますし冷水では皮脂汚れが落ちにくいため、体温よりも少し冷たく感じる程度のぬるま湯にしましょう。

乾燥肌の保湿ケアは洗顔後10分以内に

お風呂上がりや洗顔後の濡れた肌というのは、水分が蒸発する際に肌の保湿に必要な水分も一緒に奪われてしまうため、特に肌が乾燥しやすいタイミングであるといえます。そのため、できるだけ時間をあけずに保湿ケアに取り組むことが大切です。10分以内を目安にしましょう。

まずは、保湿力の高い化粧水などを手に取って優しく肌に塗ります。コットンなどを使うと繊維が刺激となるため、手のひらを使うことがおすすめです。こすったり、強く叩き込んだりすることも避けましょう。

肌に保湿剤を塗ったら、両手の手のひらで肌を優しく包み込むようにおさえて、与えた潤いを閉じ込めましょう。口元や目元など、とくに乾燥が気になる部分には保湿剤を重ね塗りしてくださいね。

セラミド配合の化粧水を選んで使おう

乾燥肌を防ぐため、化粧水を選ぶ際にはセラミドが配合されたものを選びましょう。

最初の方でも述べていますが、セラミドは肌表面の角質層にもともと備わっている天然の保湿成分の一つです。肌の潤いを逃がさずにキープするという保湿に重要な役割をもっているものの、残念ながら加齢などによりだんだんと量が減少してしまいます。

セラミドは本来は体内で作られる成分なのですが、乾燥肌になるとセラミド自体が作られにくい状態になるため、外から補給してあげる必要があります。

セラミドには「天然セラミド」「植物性セラミド」など種類はいろいろありますが、中でも「ヒト型セラミド」は体内で作られるセラミドと同じ構造でもっとも肌なじみがよいのでおすすめですよ。

育児中でもできる!乾燥肌対策のスキンケア

忙しい日もオールインワン化粧品で時短ケア

育児中は子どものことを優先するので、自分のことはいつも後回し…というママも多いですよね。洗顔後やお風呂上がりの保湿ケアもつい後回しにして、気づけばそのまま保湿ケアを忘れてしまっていた、という経験はありませんか?

もちろん、そんなことをくりかえせば乾燥肌は悪化する一方です。とはいえ、やることが多いママは忙しくてじっくりとスキンケアに時間をかけられないのが現実です。

そこで、化粧水や乳液、美容液などの役割を1本にまとめたオールインワン化粧品を使って保湿ケアの時短をしましょう。簡単で手軽にできる保湿ケアなら、後回しせずともササっと保湿ケアが完了します。一つの工程で複数のケアができるので、忙しいママにぴったりですよ。

入浴剤を使って子どもも一緒に肌ケアを

全身の保湿ケアに取り組むために、保湿入浴剤を入れたお風呂はおすすめですが、子どもが一緒に入るとなると入浴剤選びも慎重になりますね。

大人にとってよいとされる成分であっても、肌がデリケートな小さな子どもにとっては、その成分が肌に強すぎたり効果が過剰であったりする場合があるからです。

そこで、天然保湿成分を配合したものや、オーガニックで保湿や肌荒れ予防に役立つ成分が入ったものなど、赤ちゃんにも使えるくらい肌に優しい入浴剤を使って、子どもと一緒に保湿ケアに取り組んでみましょう。

成長途中である子どもの肌はまだ未熟なので、案外大人のように乾燥しがちです。そのため、入浴剤による保湿ケアは子どもにもおすすめです。

家計の味方!プチプラ化粧品でたっぷり保湿

乾燥肌対策にはとにかく肌をたっぷり保湿してあげることがポイントです。ちなみに、このとき使う化粧品は高価なものでなければいけない、ということはありません。

高価な化粧水を「もったいないから」といってケチケチ使うより、値段は安くてもよいので、化粧水をたっぷり使い、肌に潤いを与える方が保湿効果が高まります。

もちろん、高価な化粧品を買い揃えられるならそれに越したことはありませんが、家計を預かる主婦としてはプチプラでしっかり効果を得られる方がうれしいですよね。

また、「高価だから」「口コミで有名だから」といっても、自分の肌に必ず合うというわけでもないので、値段や評判に関係なく、自分の肌にしっかりと合うものを見つけて使うことが重要ですよ。

まとめ

肌は年齢とともに新陳代謝が低下し、肌自らが潤いを保とうとする機能も低下してしまいます。特に、仕事や家事、育児に忙しい30代のママともなると、日々のスキンケアもおろそかになりがちで、どんどん乾燥肌が進んでしまいます。

そこで、日頃の保湿ケアを見直してみましょう。乾燥肌対策には、洗顔や保湿ケアをできるだけ優しく丁寧に行うことが大切です。上手に時間を使うためには、子どもも使える保湿入浴剤を使ったお風呂に入ったり、オールインワン化粧品でケアしたりすることもおすすめですよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018