就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの冬外出はこれで安心!防寒対策ばっちりの服装とグッズ

赤ちゃんとの冬外出はこれで安心!防寒対策ばっちりの服装とグッズ

寒い冬の外出時には大人でも体が冷えてしまいますが、赤ちゃんならなおのこと防寒対策が重要です。そこで、赤ちゃんを寒さから守るベビーグッズが役立ちます。この記事では、赤ちゃんの体温調節に欠かせない肌着に関する知識とともに、さまざまなあったかアイテムをご紹介していきます。

赤ちゃんの肌着と体温調節の関係について

赤ちゃんにとって肌着はこんなに大事

赤ちゃんの肌着には大きく分けて二つの役割があります。そのうちのまず一つ目は、「肌を清潔に保つこと」です。

大人に比べて新陳代謝が活発な赤ちゃんは、汗をたくさんかきます。かいた汗がそのまま肌に残ると、埃などと混じって肌に刺激を与え、肌荒れの原因になってしまうため、肌着で汗を吸い取り肌を清潔な状態に保つことが大切です。

二つ目は「体温を調節すること」です。赤ちゃんは体温調節の機能が未熟なため、肌着で体温調節をしてあげる必要があります。季節や気温に合わせて、肌着の素材や厚みを考えて着せてあげることがポイントですよ。

直接赤ちゃんのお肌に触れる肌着は、赤ちゃんの肌や体温を快適な状態に保つので、衣類の中でももっとも大事なものといえるでしょう。

月齢で変わる冬の肌着選びのポイント

肌着は赤ちゃんの月齢に合わせて選ぶことがポイントです。

・新生児期…保温性を重視して、短肌着と長肌着(もしくはコンビ肌着)を2枚重ねて着せます。
・生後3カ月頃…少しずつ手足を動かすようになるので、はだけやすい短肌着よりもコンビ肌着か長肌着を着せてあげましょう。
・生後6カ月以降…どんどん動きが活発になるので、体にフィットするボディスーツやショートオールがおすすめです。

生後6カ月以降は首がしっかりしてくるので、前開きではなく肩開きタイプの肌着やセパレート肌着への移行を少しずつはじめてもよいでしょう。冬は保温性に優れた肌着を着せたいですが、汗もかきやすくなるので吸湿性や通気性にもこだわって選んであげてください。

冬外出で知っておきたい肌着重ね着のコツ

冬の外出の際は、室内で過ごすときよりも少し厚着させてあげることが大切です。

このとき、厚手の肌着を1枚着せるより短肌着にコンビ肌着を重ねるなど、薄いものでも重ね着をすることが保温性を高めるコツとなります。肌着を重ねることで布と布の間に空気の層ができるため、より温かく感じられるのです。

さらに寒さ対策をするなら、肌着は少し厚めのパイルやスムース生地の保温性の高いものを選んであげましょう。多少、通気性には欠けますが、その分吸水性があるので汗っかきの赤ちゃんにもぴったりです。

外出の時間にもよりますが、替えの肌着を用意しておくと、汗をかいた場合や汚してしまった場合にすぐに着替えられるので、赤ちゃんが快適に過ごせますよ。

お出かけに便利!着脱楽々あったかアイテム

使い方3通り「マルチプルベビーポンチョ」

着たり脱いだりが簡単な赤ちゃん用のアウターといえば、ポンチョです。もともとポンチョは、赤ちゃんを寒さから守るだけでなく、紫外線からも守ってくれるという役目があるので1枚持っておくと重宝します。

ポンチョにもいろいろな種類がありますが、中でも「ベビーホッパー」の「マルチプルベビーポンチョ」がおすすめです。マルチプルベビーポンチョは、ポンチョスタイル、ボレロスタイルと必要に応じて形を変えて着ることができます。

また、「エルゴベビー」の抱っこひもを愛用中のママも多いと思いますが、このポンチョはエルゴベビーにぴったりなブランケットとしても活躍します。1枚で三つの使い方ができるので、いろいろなお出かけシーンで役立つこと間違いなしですね。

着脱が簡単な「防寒前開きカバーオール」

カバーオールはトップスとズボンがつながった形の洋服です。「ドレスオール」と呼ばれるものもありますが、カバーオールは足の部分まですっぽりと包み込むことができるものを指すことが多いようです。

スナップボタンでスムーズに前開きにすることができるので、おむつ替えや着替えが簡単にできます。また、寝かせたままでも着替えやすいので、ねんね期の赤ちゃんから使うことができるのも魅力ですよね。

冬のおでかけの際に赤ちゃんに着せるなら、フリースやボアなどの防寒性のある厚手の素材のものを選んで着せてあげましょう。フード付きのものなら、さらに温かいです。

生地によっては肌着や部屋着として着ることもできるので、洗い替え用に何枚か持っておくと便利ですね。

室内外で活躍「リバーシブル ボアベスト」

ベストは袖の部分がないので、カーディガンなどより手軽に脱ぎ着ができるアウターとして人気です。冬のお出かけには、保温性も当然ながらデザイン性にもこだわりたいですね。

「チャックル」の「リバーシブルボアベスト」は、シンプルなボーダーのデザインとボアとを組み合わせたリバーシブル仕様なので、その日のコーディネートに合わせて着ることができます。ポケットやワンポイントがついていて、機能性とデザイン性を両立しています。

ハイネックタイプになっているので、首回りもしっかり温めてくれるのがうれしいですね。ベストは袖がないので、余裕のあるサイズを選べばダボつくことなく長い期間着ることができますし、中の重ね着もしやすくなります。

プラスワンで冬の冷えから守る安心グッズ

ベビーカーも楽々「イージーおくるみ」

赤ちゃんの防寒対策として役立つおくるみは、おむつ替えのシート代わりにも使えて便利です。お家でのお昼寝タイムにブランケットとしても使えますよ。

けれど一般的なおくるみは、赤ちゃんが動くとどうしてもはだけてしまいやすいのが難点ですよね。そこでおすすめなのが、「アカチャンホンポ」の「イージーおくるみ」です。

頭の部分はフードの形状になっているので赤ちゃんにかぶせやすく、足の部分は筒状になっているのでズボンのように足を入れることができます。ベビーカーに乗せるときもベルトが留めやすいから、ママも助かりますね。

身ごろ部分はマジックテープで留められるため、少しくらい赤ちゃんが動いてもはだけにくいのもポイントです。

耳も頭もあたたかい「スヌードニット帽」

首には太い血管があるので、防寒対策として首を温めるアイテムは冬のお出かけに欠かせません。

首を温めるといえばマフラーを思い浮かべますが、マフラーはママが気付かないうちに赤ちゃんがポイっと捨ててしまったり、万が一にも首がしまったりすると危険なためでおすすめできません。

赤ちゃんには、スポッとかぶって簡単に身につけられる、スヌードがおすすめです。特に「スヌードニット帽」なら、首だけでなく耳も頭もあたためられるので冬のお出かけに大活躍します。

中でもママたちから「かわいい!」と支持を集めているのが、耳付きのスヌードニット帽です。着ぐるみのような可愛らしさのあるデザインは、冬のお出かけ先でみんなから注目されること間違いなしですよ。

靴下と合わせて調節「レッグウォーマー」

赤ちゃんは足の裏で体温調節するため、室内では靴下は不要ですが、お出かけのときは履かせるようにしましょう。このとき、「レッグウォーマー」と組み合わせると温かさがアップしますよ。

柄やデザインも豊富なので、コーディネートのポイントにもなります。防寒性を重視するなら、レッグウォーマーは毛糸やフリースなどの素材でできているものを選ぶとより温かいでしょう。

なお、レッグウォーマーのサイズは大きすぎると脱げやすいですし、小さすぎると赤ちゃんが動きにくく嫌がってしまうため、選ぶときにはぴったりとフィットするものを選びたいですね。

ハイハイをし始めた赤ちゃんには膝サポーターのようにも使えるので、室内でも活躍してくれますよ。

まとめ

肌着は、赤ちゃんの体温調節をサポートするだけでなく、肌も清潔に保ってくれるので、とても重要なアイテムといえそうです。素材選びや重ね着の仕方にもこだわってあげてくださいね。

肌着だけでなく、防寒性を高めるアイテムにはいろいろな種類があります。デザイン性にこだわったアイテムもたくさんあるので、選ぶ楽しさもありますね。

冬の冷えから体を守ってくれる便利な防寒グッズを上手にとりいれて、冬のお出かけを親子でたっぷり楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018