就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

踏み台を使って子ども自身で手洗い!子どもが使いやすい踏み台

踏み台を使って子ども自身で手洗い!子どもが使いやすい踏み台

子ども好みにもできる踏み台のDIY

牛乳パックで作る踏み台

市販の踏み台がなんだかしっくりこないときには、手作りがおすすめです。もちろん、お金の節約もできますね。

色々な作り方がありますが、牛乳パックの踏み台が、身近な道具だけで作れて簡単ですよ。意外に丈夫で耐久性も抜群です。

作り方は、牛乳パックに新聞紙をぎゅうぎゅうに詰め込み、布ガムテープで固定して作っていきます。立てて並べていくので、高さは牛乳パックの高さになりますが、踏み台の面の広さはお好みで自由に決められます。

中に砂や石を入れておくと、傾かずに安定するそうです。並べ方を工夫すれば、牛乳パックで2段の踏み台も作れます。デザインを考えるのも楽しいですね。

牛乳パックは滑りやすいので、裏に滑り止めをつけておくのを忘れないようにしましょう。

100均の発泡スチロールで踏み台を作る

100均の材料で踏み台を作ることもできますよ。発泡スチロールブロックを使います。発泡スチロールブロックはほとんどの100均で手に入り、値段によって二つのサイズになっているところもあります。

発泡スチロールブロックのよいところは、軽いうえに好きなサイズにカットできるところです。広さにあわせて、高さまで自由に決められるので、今の子どもにピッタリ合った大きさで作れますよ。

子どもが大きくなったら、それに合わせて作り直すこともできます。材料費が安いので、何度でも作れますね。

作り方は、ブロックどうしを接着剤でつけていくだけです。好きな形に加工できますので、2段、3段の踏み台にするのも可能ですね。

牛乳パックと同じで、最後に底に滑り止めを張りつけます。

木材でインテリアあう踏み台を自由自在に

日曜大工が得意、または興味がある、あるいはやってみたい、というパパやママなら木材での踏み台づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

踏み台は、木材のDIYの、最初の作品としてぴったりです。自信がなくても、やってみると意外に簡単にできそうですよ。我が家のインテリアデザインに合わせて作れます。

まずは簡単な完成図を描いてみましょう。高さなどは子どもに合わせて正確にこだわりたいところですね。

次に必要なものをピックアップしていきます。よく分からなければ「こんなものを作りたいのですが…」とホームセンターの店員さんに聞いてみたら、優しく教えてくれますよ。

のこぎりを使って木材の切断をするのが苦手ならば、ホームセンターで木材のカットまでしてくれます。

まとめ

「子どもが使いやすい踏み台」ということでまとめてきました。ただの台ではありますが、踏み台には、子どもが成長していく上での、大きな役割があることが分かります。

踏み台は、子どもが自分のことを自分でするときの、手助けをしてくれるのです。そして、「自分の力でできた」という喜びが、子どもをさらに大きく育ててくれます。

そのためにも、できるだけ使いやすい踏み台を準備してあげたいものです。上手に手洗いできるようになったら、親も子どもも嬉しいですよね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND