就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

三輪車は1歳から乗れる?選び方やおすすめの三輪車タイプ

三輪車は1歳から乗れる?選び方やおすすめの三輪車タイプ

子どもが初めて自分でこぐ乗り物として、三輪車が選ばれることは多いでしょう。安定しているし、転びにくいので安全です。三輪車はいつから乗れるの?三輪車はどうやって選んだらよいの?どんなタイプのものがあるの?こんな疑問を解決して、1歳児に喜ばれる三輪車を選びましょう。

三輪車は何歳くらいから乗れるの?

子どもが歩けるようになった頃から

三輪車は車輪が3つあるので安定感があり、スピードもあまり出ないため、子どもが安心して楽しめる乗り物です。では、三輪車は何歳から乗れるのでしょうか。

三輪車に乗るためには、安定して座っていられることが必要になります。三輪車が動いても座っていられるバランス感覚や、座った姿勢を保つ筋力もついていなくては乗るのは難しいでしょう。

バランス感覚と筋力は歩くためにも必要であり、歩けるということはこれらが身についているということにもなります。そのため、三輪車は子どもが歩けるようになった頃から乗れるのです。

ただし、三輪車を自分でこぐのはまだ難しいので、パパやママに押してもらうか、地面に足をつけて歩くようにして進むかのどちらかになるでしょう。

1歳の誕生日にプレゼントする人が多い

三輪車は全身をつかって乗ることが必要になります。ようやく歩き始めた子に「楽しみながら体を鍛えてほしい」、「運動能力を高めてほしい」という願いを込めて、1歳の誕生日プレゼントに三輪車は選ばれているようです。

そのほかにも「将来的に自転車に乗れるようになってほしいので、まずは安定している三輪車から乗れるようになってほしい」「子どもとお散歩したり、外で遊ぶときに乗ってほしい」との思いからプレゼントされているようです。

三輪車にも色々なタイプがありますから、子どものレベルに応じてどのタイプの三輪車にするのかを考える必要はあります。ベビーカーに乗りたがらなくても、三輪車だったら喜んで乗ってくれるのであれば、ママも助かりますね。

自分でこぐスタンダードタイプは2歳頃から

最近では色々な形の三輪車が増えましたが、以前からある自分でこぐスタンダードタイプは1歳ではまだこげないようです。1歳の身長では、ペダルまで脚がつかない子もいますし、脚がペダルまでついたとしてもペダルをこぐ筋力が不足している場合が多いからです。

ペダルに足が届き、ペダルをこぐ力がついてくるのは、2歳頃からになるようです。それでも、三輪車に乗ったらすぐにこげるということはありません。

前に進もうとこいでいてもなぜか三輪車は動かずペダルだけが後ろに回ってしまうということもあります。三輪車をこぐためには力の入れ方のコツも必要になるのですね。

三輪車をこげるようになるには、体の発達とコツをつかむよう三輪車に何度も乗るのが必要そうです。

子どもの成長や用途によって選び方が変わる

1歳前後は手押しハンドルタイプがおすすめ

1歳前後になると、まだバランスは悪いですが歩き始める子がほとんどです。歩けるようになった1歳前後の子は、周囲に関心を示し好奇心も旺盛です。

色々なところに行ってみたいのに、体がうまく動かなかったり、体力もまだなかったりします。でもまだまだ歩きたいから、駄々をこねてママを困らせたり。

何が怖いかも分かりませんから、溝に行こうとしたり、車に寄っていったり、危険なものにも近づいていこうとするのです。ママも止めるのが大変ですよね。

そんな1歳前後の子には手押しハンドルがついた三輪車がおすすめです。三輪車に乗って自分が走らせているような気持ちよさを感じ、ママのかじ取りで危険なところを避けながら色々な場所に行けるのです。

安全ガードやかごなどの装備品で選ぶ

外出するときに三輪車を使おうと考えていたり、まだ子どもが歩く前から乗せてあげたいと考えている場合は、安全ガードやかごがついているものなどの装備品で選ぶのもひとつです。

子どもが小さいと座っているのも不安定で、手の力もまだ弱いですから、三輪車から転げ落ちてしまう危険性もあるのです。そんなときに安全ガードがついていたら、転げ落ちる心配なく楽しむことができます。

また、三輪車に乗ったまま買い物や遊びに行くときは、かごがついていると便利です。安全ガードもかごも取り外しが可能ですので、いらなくなったらとってしまいましょう。

このほかにも、サンシェードや背もたれがついているものもあり、子どもの成長によって何がいるのかを考えて選びましょう。

収納や持ち運びが便利な折りたたみタイプ

家は狭いし、子どもが三輪車に乗って遊べる場所も近くにないし…。でも、子どもが三輪車を欲しがっているから買ってあげたいというママには、折りたたみができるタイプはどうでしょう?

折りたためれば、家に置いておくのも邪魔になりませんし、車に三輪車を乗せて広い公園で乗せてあげることもできますのでおすすめです。4.000円程で買えるものや13,000円程するものもあり、折りたたみ以外の用途で値段が異なってきます。

折りたたみタイプでも、色々な形の三輪車があります。スタンダードタイプ、安全ガードや手押しハンドルタイプ、キャラクターつきなどです。パパ、ママの願いで折りたたみタイプを選ぶのであれば、あとのタイプは子どもに選んでもらいましょう。

1歳におすすめの三輪車をタイプ別に紹介!

手押しハンドルタイプ

手押しハンドルがついた三輪車は、値段が安いもので5,000円から10,000円程で購入できます。

手押しハンドルの高さは調整ができますので、後ろを押すママやパパに合わせて高さを調整しましょう。子どもの高さに合わせて低くして、子どもが押しながら歩く練習をしてもよいかもしれませんね。

手押しハンドルは三輪車のハンドルと連動しています。右に曲げると三輪車も右に曲がりますから、ママがかじをとることができます。車や段差をよけることもできるので、安全に乗ることができるのです。

手押しハンドルは取り外しができるものがほとんどですので、子どもが大きくなって自分でこげるようになったら、手押しハンドルをとって乗れるのも助かりますね。

人気のキャラクター三輪車

同じ形の三輪車でもキャラクターがついているだけで少し高くなりますが、キャラクター三輪車は10,000円から15,000円程で購入することができます。

1歳前後の子どもに大人気なアンパンマンは、子どもが引き寄せられるように三輪車に乗りたがるでしょう。アンパンマンのほかにも、ミッキーマウスや、教育テレビで人気のあるワンワンやうーたんもあります。

男の子に人気のあるトーマス、SHINKANSENもありますし、女の子にはキティちゃん、ミィッフィなど、様々なキャラクターの三輪車があるのです。子どもの好きなキャラクターは変化していくものですが、三輪車を購入するときに子どもが好きなものを選んであげたら、喜んでくれること間違いなしです。

室内でも使える三輪車

外で三輪車に乗せるのが心配なママや、室内の安全な環境で練習してから乗らせたいと考えているママには、室内で乗れる三輪車はどうでしょうか。6,000円から8,000円程で購入できます。

室内用として売っている三輪車は、家の床や壁を傷つけないような素材を利用して作られています。家を傷つけにくい素材を使っていますので、子どもに当たってもケガをしにくいので安心です。

前の車輪が2つで、後ろを1つにしているものもありますので、足をひっかけにくく、前に体重をかけても安定して倒れにくくなっています。室内用はペダルをこぐのではなく、脚で蹴って進むようになっていますので、脚の力が強くなり、スピードも出すぎず調整しやすいようになっています。

まとめ

三輪車といっても、スタンダードなものから手押しハンドルがついたもの、安全ガードがついたものや、折りたたみできるものなど、色々なタイプのものがありますね。

歩く楽しみを覚え始めた1歳児に、乗り物に乗る楽しさを味わってもらうには三輪車は理想的な乗り物です。周りの環境や、子どもの好み、子どもの成長などを参考にして、子どもに適した三輪車を選びたいですね。

三輪車に乗って子どもの世界とママの世界を広げてみてはどうでしょうか?新しい発見があるかもしれませんよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018