就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

福岡の子育て環境が知りたい!相談できる場所や子育て支援求人

福岡の子育て環境が知りたい!相談できる場所や子育て支援求人

福岡でこれから子育てをしようとしているプレママや、ほかの地域から福岡に引っ越しを考えているママにとっては、福岡の子育て環境がどんなものなのかは気になるところだと思います。福岡で、子育ての相談やサポートをしてくれる施設や、子どもと楽しめる場所、そしてママの就職支援についてご紹介します。

福岡県人口TOP3の市の特徴と子育て環境

福岡市の子育て環境と治安のよいエリア

福岡市は最近、「住みやすい街」として首都圏からの移住先としても注目されています。 福岡市は、コンパクトでありながら都市機能が高く、首都圏に比べると平均通勤時間が短く、物価、家賃も安いため、子育て世代が生活しやすい場所であるといえるでしょう。

山と海に囲まれ、自然も豊かで、食べ物が美味しいというのも大きな魅力です。 福岡市は治安が悪いといわれることもありますが、ほかの都市部と同様、犯罪発生率が高い地域は繁華街が中心で、大半の住宅地は、ほかの地域より特に治安が悪いということはありません。

福岡市内で治安や交通利便性、子育て環境がよく、子育てファミリーに人気のある地区といえば、地下鉄が通っている城南区や西区、西鉄大牟田線沿線の南区あたりがあげられます。

北九州市は日本で最も子育てしやすい都市

北九州市は日本で最も子育てをしやすい都市といわれているのをご存知でしょうか? 北九州市は主要都市の中では物価や家賃が比較的安く、出費の多い子育て世代には生活しやすい都市だといえます。

また、子育て支援施設が非常に充実しているのが特徴です。小倉駅駅前の「元気のもり」や、黒崎駅前の「子どもの館」など、交通の便利な場所に低料金で一日中楽しめる遊びのスペースがあります。 小児医療体制も、24時間365日受診できる「小児救急センター」が市内に4カ所もあるという充実ぶりです。

働くママにとって、気になるのは保育所の問題ですが、北九州市は保育所の整備にも力を入れており、毎年4月の待機児童は「ゼロ」が当たり前になっています。

豊富な子育てサポートが魅力の久留米市

福岡県の南部に位置する久留米市は、豊かな自然と利便性を兼ね備えており、公園も多く、子育て施設も充実しています。

市の中心部にある「子育て交流プラザくるるん」「児童センター」や、市内に9カ所ある「地域子育て支援センター」では、子育て中の親子が交流できる子育てサロンがあり、子育てに関する悩みの相談なども行われています。

また市が運営している「こども子育てサポートセンター」では、妊娠中から18歳までの子どもを持つママが、あちこちの窓口をまわらなくてもいいように、ワンストップ窓口で支援しています。センターには、保健師、保育士、社会福祉士、教育職など、子育てに関するさまざまな専門職が集まっているので、複雑な悩みを抱えたママでも、安心して相談ができます。

福岡の子育てを不安なく楽しもう!

子育て中の不安や困ったときの相談先

【福岡市】
●こども総合相談センター「えがお館」 電話 092-833-3000
保健、福祉、教育分野から総合的、専門的な相談、支援を行う。

●家庭児童相談室
児童の養育、虐待など家庭内のさまざまな問題に対する相談や支援を行う。 各区の保健福祉センター子育て支援課内に設置。

【北九州市】
●子ども・家庭相談コーナー
子どもや家庭に関するあらゆる相談をひとつの窓口で受け、必要なサービス・支援へとつなぐ総合的な相談窓口。各区役所の保健福祉課に設置。

【久留米市】
●久留米市こども子育てサポートセンター 電話 0942-30-9302
子育てに関する専門職が協力しながら、妊娠期から子育て期、就学後18歳までの子育て期の家庭を継続的にサポート。

子どもと一緒に安心していけるお出かけ先

福岡で子どもと安心して楽しめる代表的なお出かけ先をご紹介します。

【福岡市周辺】
●かしいかえん シルバニアガーデン
シルバニアファミリーの世界をテーマとした遊園地。

●海の中道海浜公園
とても広い公園で、アトラクションや遊具も豊富。

●福岡市動植物園
動物の種類がとても多く、遊戯施設や動物科学館も併設。

●福岡アンパンマンこどもミュージアム
広い室内で、アンパンマンショーや遊具で楽しめる。

【北九州市周辺】
●到津の森公園
動物園のほか、子ども向けアトラクションもあり。

●北九州市立子育てふれあい交流プラザ 元気のもり
広い室内にさまざまな大型遊具がある。

初めてでも参加しやすい子育てイベント

福岡では、さまざまな子育てイベントが活発に行われています。その中でも代表的なものをあげてみましょう。

福岡で子育て事業を行っている「リトルママ」は、ママたちが出店している「ツキイチマルシェ」、「ツキイチフリマ」を各地域で行っています。毎年、3月と8月に行われている、「リトルママフェスタ」は、ハイハイレースなどにも参加でき、協賛企業のブースやイベントなど盛りだくさんの内容です。

「高宮FIKA」は福岡市南区高宮のアミカスで毎月1回開催されている子育てコミュニケーションイベントです。子育て中のママも、子どもといっしょに、安心してゆっくり楽しますよ。ハンドメイドグッズの販売や、ワークショップ、相談など、ママたちによるさまざまなブースが出展されます。

子育てしながら働きたい!福岡での職探し

子育て女性就職支援センターで不安を解消

育児をしながら仕事をしたいと考えていても、久しぶりの就職活動や、子どもの保育の問題など、さまざまな不安を抱えているママが多いようです。

そんな人のために、福岡県では、県内4か所(福岡、北九州、筑後、筑豊)の「子育て女性就職支援センター」 で、就職に関する相談や、保育などの情報提供、就職や仕事に役立つセミナーの開催、お仕事の紹介、就職あっせんなどを行っています。子育てと仕事が両立できるかどうか不安なママも、コーディネーターが豊富な情報に基づき、丁寧にアドバイスをしてくれるので、安心して就職活動ができますよ。

子育て女性就職支援センターまで遠い、なかなか行けない、という人のためには、定期的に出張相談も行っています。

マザーズハローワークで求人情報をもらおう

マザーズハローワークは、福岡県では福岡市と北九州市に設置されています。また、県内の大部分のハローワークには、マザーズコーナーが設置されており、マザーズハローワークと同様のサービスを受けることができます。

マザーズハローワークは、担当者がマンツーマンできめ細かな就職支援を行ってくれるほか、子育てママの希望が多い10時から16時の間で働ける求人情報を探しやすい工夫がされています。

またフロア内に「授乳室」や「キッズルーム」が配置されていたり、子どもを見守りながら求人情報を検索できるように「キッズルーム」の横にパソコンが設置されていたりと、ママにはうれしい配慮も。 安全サポートスタッフによる、子どもの「見守り」をするサービスも行っています。

仕事が見つかったら子どもの預け先を探そう

仕事が見つかったら、まずは市区町村の保育の担当窓口に行って相談してみましょう。

認可保育園への申込みは市区町村から指定された書類をすべて揃えて提出する必要があります。 福岡都市圏の認可保育園の0~2歳児クラスでは、定員を超える入園希望がある場合も多く、必ずしも希望の保育園に入れるとは限りません。

その場合は認可保育園にこだわらず、認可外保育園等も視野に入れて、子どもの預け先を確保することが必要になる場合もあります。近隣にどんな保育施設があるのか、それぞれどんな特色があるのかをよく把握して、今の状況に一番合った保育施設を選ぶようにしましょう。認可外保育園でも、保育の質はさまざまなので、まずは見学して、自分が納得できる場所を選ぶとよいでしょう。

まとめ

福岡は友人ママなどの話をきいても、とても子育てがしやすい場所だというイメージがあります。 子どもといっしょにお出かけできる場所や、子育てイベントもたくさんあるので、楽しく子育てができそうですね。

福岡県内でも地域によって子育てファミリーへのサポート体制やサービスが少しずつ違うので、住みたいと思う地域の情報をネットなどであらかじめしっかり調べておくことが大切だと思います。 そして利用できるサービスを最大限活用して、安心してのびのび子育てをしていきましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018