就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

趣味として注目されている盆栽!ママにぴったりな理由と始めるコツ

趣味として注目されている盆栽!ママにぴったりな理由と始めるコツ

日当たりのよい屋外に置くのが理想

盆栽を始めるときには、置き場所も考えましょう。日当たりと風通しがよい場所に盆栽を置くのが理想です。

日当たりや風通しが悪いと、水はけが悪くなって根腐れの原因になります。病虫害が発生しやすい環境でもあるので、避けた方がよいでしょう。なお、病気や害虫の被害を避けるためにも、盆栽の鉢を地面に直接置かないでくださいね。

また、盆栽は目が届きやすい場所に置くことも大切です。普段あまり行かないような所に盆栽をおくと、水やりを忘れがちになってしまいます。

さらに、ミニ盆栽であれば室内で育てても問題はありませんが、それ以外の盆栽であれば室内に置くことは避けた方がよいでしょう。日光不足になりやすいばかりではなく、葉などが乾燥しやすくもなります。

毎日の水やりとこまめな剪定で美しさを保つ

ママが盆栽を育てるのに一番悩むのが、水やりのタイミングです。水をやりすぎると根腐れの原因になってしまいますし、少なすぎると枯れてしまいます。

一般的には、土の表面が乾いたら水やりをするのが基本です。しかし、初心者にとっては土の乾きを判断するのは難しいでしょう。

そこで、季節に合わせて水やりの回数を決めておくと失敗が少なくなります。春と秋は1日1回、夏は1日に2回、冬は2日に1回で大丈夫です。水やりは、鉢の底から水が出るまでたっぷりと与えましょう。

盆栽の美しさを維持するためには、こまめな剪定も大切です。盆栽の枝振りを毎日よく観察し、余分な枝を元から切って形を整えていきましょう。枝の形をコンパクトに保つことがポイントです。

まとめ

盆栽のあるくらしは、生活に潤いを与えてくれます。五感が刺激されて心に余裕が生まれるだけではなく、早寝早起きの習慣も身につくので、ママと子どもにとってもおすすめです。最近では手軽に始められるキットもあるので、初心者でも簡単に育てることができますよ。

盆栽といえば高齢者の方の趣味というイメージがありますが、子育て中のママにもぴったりの趣味といえるでしょう。この記事を参考にして、盆栽にチャレンジしていただければ幸いです。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版