就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと出かけるときの渋滞対策!トイレ対策やおすすめの遊び

子どもと出かけるときの渋滞対策!トイレ対策やおすすめの遊び

車での移動は動きやすくて時間が自由になるのはよいのですが、渋滞にはまったら大変ですよね。大型バスのように車内にトイレがあるわけでなく列車のような車内販売もありません。小さい子どもと一緒のときには色々気を使いますよね。時間つぶしの方法も大変です。子どもと出かけるときの渋滞対策についてまとめていきます。

渋滞時の子どものトイレ対策はどうする?

こまめに休憩をとってトイレに連れていく

家族みんなで車を使い遠出をするのは楽しいものですが、お盆や大型連休などの長期休暇のお出かけでは、渋滞に巻き込まれる可能性が高いですよね。特に小さな子どもと一緒に移動するときには、渋滞中のトイレ問題が重大です。

小さい子どもは、トイレの回数が多く、我慢できる時間も短いですから、いつ「トイレに行きたい!」といい出すか分かりません。「だからさっき行っておきなさいっていったでしょ!」とやり合うのは、家族ドライブでのあるあるですよね。

車でお出かけする際には、できるだけこまめにトイレ休憩に行かせておくというのが、最も簡単で確実な方法です。「まだおしっこは出ない」といっていても、パーキングごとに降りてトイレに行かせることで、渋滞中にもよおす確率も低くなります。

おむつを履かせたり簡易トイレを準備する

まだ小さい子どもでしたら、あらかじめおむつを履かせておくのもよいですが、緊急の場合は、簡易トイレを準備しておいて使わせるという方法もあります。簡易トイレはホームセンターや100均、ネットでも販売されていますので、緊急時のために、車に一つ積んでおくと安心です。これで長時間の渋滞も怖くはありませんね。

座れるタイプの簡易トイレは、災害用、ドライブ用などの種類があります。災害用は、単価は安くなりますが、もともとトイレに取りつけるタイプになっていますので、車内で使うときには、別にバケツなどの容器が必要です。

ドライブ用は、容器までセットになっていますので、そのまま使えて便利ですが、その分、災害用よりも単価は高くなります。男女兼用になっているものが多いです。

水分摂取を控えるなら脱水に注意する

トイレの回数を減らすためには、水分摂取を控えるのも効果的です。アイテムを使わず、時間の浪費もない手軽な方法ですよね。ただし、水分を控えるのであれば、気をつけておかなければならないこともありますよ。

車での移動は、狭い空間でエアコンを使うので、思った以上に車内が乾燥してしまいます。しかも、四方が窓で、直射日光もそのまま入ってきますので、知らず知らずのうちに体が温められ、熱が体内にこもった状態になってしまうことがあります。

しかも、じっと同じ姿勢で動くこともほとんどないので、汗をかいたり喉が渇いたりしているという感覚を感じにくく、自分でも気がつかないうちに脱水状態に陥ってしまうことがあります。水分摂取を控えるなら、脱水にも注意しておく必要がありますね。

渋滞時に子どもを退屈させないための対策!

外の景色を一緒に楽しむ

楽しくドライブするためには、子どもにも車内で快適に過ごしてもらいたいですよね。渋滞時に子どもを退屈させないための対策について考えてゆきます。

ドライブの醍醐味はなんといっても次々に変わっていく車窓からの景色です。しかし、大人にとってはすばらしい景色でも子どもにとっては退屈な風景だったりして、すぐに退屈してしまうこともありますよね。なんとか親子で一緒に外の景色を楽しむことはできないものでしょうか?

じつは、簡単な方法があります。外の景色や建物を話題にして、そのことを子どもと会話するのです。ちょっとした豆知識を交えたりして、たくさん話してあげましょう。今まで退屈だった風景が、子どもにとっても興味津々な景色に変わりますよ。

もちろん安全運転も忘れずに。

好きなアニメなどのDVDを見せる

好きなアニメなどのDVDを見せるのも子どもの退屈しのぎには最適です。なにもしなくても静かに熱中していてくれますよ。

「車の中でまでアニメを見せるなんて…」と抵抗感のある方もいるかもしれませんね。しかしパパやママにとってもよい機会なのです。

普段は忙しくて、子どもがどんな番組を見ているか、よく知らないことも多いかと思います。車内で一緒にDVDを見ることで、子どもが好きなアニメの詳細が分かります。よく見てみたら、結構ハートウォーミングな内容だったりして「これなら一緒にもっと見たい」と思うかもしれませんよ。

また、子どもが好きなアニメには、時代の流行が色濃く反映されています。今流行っているものが分かるということです。最新の子ども文化に詳しくなりますよ。

小分けされた食事やおかしを準備しておく

お腹がふくれると、気持ちも落ち着きます。なにより、おいしいものを食べている間は、子どもも静かですよね。退屈も忘れてしまいます。

しかし、渋滞中には、停車や駐車が思いどおりにはできませんので、食料や飲料は、いつもより少し多めに準備しておく必要があります。ずっと車から降りられないということも考えられますね。

「食事も車内で」ということになるかもしれません。甘いものだけでなく、食事の代わりになるパンなどもあると心強いですね。一口サイズのおにぎりもおすすめです。

夏場だと、暑い車内で食品が傷んで食中毒を起こすということもあります。常温でも大丈夫なもので、小分けに包装されているものを用意しておくと安心です。保冷バッグを準備するなどの対策も大切ですね。

渋滞中に子どもとできるおすすめの遊び

定番のしりとりゲームはみんなが楽しめる

渋滞中に子どもと一緒にできる、楽しい遊びをいくつか紹介します。遊びは、最高の退屈しのぎですよ。

簡単にできる遊びの定番は、なんといっても「しりとり」です。準備はなにもいらず、複雑なルールもありません。おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にできて、子どもも大好きですね。

シンプルなしりとりも楽しいですが、あえて複雑なルールで縛ったしりとりも楽しいです。「二文字しりとり」や「〇〇限定しりとり」などは、結構頭を使います。せっかくのドライブ中なので「車の窓から見えるものしりとり」などはいかがでしょう?

あんまり難しいと盛り上がりませんので、ルールを子どもに合わせることを忘れないでください。勝ち負けよりも、時間を忘れるくらい夢中になって遊ぶことの方が優先です。

想像力を巡らす、私はなんでしょうゲーム

想像力を巡らす「私はなんでしょうゲーム」を紹介します。

最初に、パパやママがお題を決めます。「バナナ」や「カブトムシ」など、子どもが知っているものならなんでもOKです。決めたお題は、誰にもいってはいけません。

次に子どもからの質問に正確に答えてゆきます。例えば「ぼうし」がお題ならば、「食べられますか?」「いいえ」、「お家の中にありますか?」「はい」といった具合です。子どもは、答えが分かった時点で、大きな声で答えを叫びます。

20回質問して、最後まで分からなかったらパパやママの勝ちで、答えが分かったら子どもの勝ちです。質問の回数を増やしたり、ヒントを出してあげたりして、なんとか正解に導いてあげましょう。子どもは、負けるのが嫌いですからね。

車内だから楽しめるナンバープレート遊び

ドライブ中にしかできない、こんな遊びもありますよ。「ナンバープレート遊び」です。車の窓から見えるほかの車のナンバープレートの数字が問題になります。

最初にルールを決めておきます。例えば「前の車の番号を使って言葉を作る」などで「25-25」なら「ニコニコ」、「184」なら「いやよ」などです。子どもやパパ、ママと順番にいっていくのも楽しいですが、思いついた人がいつでもいってよいなんてルールも緊張感があって楽しいですよ。

ほかにも「次に見える車のナンバーにはどんな数字があるか」なんてルールもおもしろいです。ナンバープレートの数字は4桁まであるので、ぞろ目でない限り結構当たる確率は高いです。「10分間で一番多い数字はなにか」なんていうのも楽しそうですね。

まとめ

渋滞対策は難しいものですが「子どもと一緒に遊ぶ時間」と割り切ってしまうと、結構楽しく乗り切ってゆけそうですね。言葉遊びやゲーム、景色を一緒に楽しんだりしているうちに、あっという間に時間は過ぎてしまいます。一緒にお菓子を食べたり、普段見られないDVDをじっくり見たりするのも楽しそうです。

トイレ対策には頭を悩ませますが、脱水症状にならない程度に水分を控えて、こまめにトイレ休憩をとっていくことで、なんとか解決できそうです。緊急時のために、簡易トイレなども車内に常備しておくとよさそうですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018