就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家庭菜園は雨対策もしっかりと!雨対策と雨に強い野菜や草花の紹介

家庭菜園は雨対策もしっかりと!雨対策と雨に強い野菜や草花の紹介

家庭菜園を行っていると、梅雨や秋雨など長雨で野菜や植物が傷ついてしまわないか不安になりますよね。雨対策にはどのようなことをする必要があるのか、地植えの場合とプランターの場合で対策にどのような違いがあるのかをまとめました。また、雨に強い野菜や草花も紹介したいと思います。

雨が続くと家庭菜園の植物はどうなる?

土が多湿になり病気や虫が発生しやすくなる

梅雨や秋雨など、長期間雨が降り続く時期は家庭菜園の天敵ですよね。雨が降り続くと土が多湿になり、病気になることがあります。

例えば、土が水分を過剰に含み、土の中の酸素濃度が低くなると、酸素欠乏症になる恐れがあります。このような病気になると、植物は生育不良などの問題を引き起こします。

さらに、じめじめした環境を好む害虫が発生しやすくなります。よく発生する害虫は「ナメクジ」「カタツムリ」「ホコリダ二類」などです。害虫は野菜に寄生し、葉や花に穴をあけるなどの食害をします。

これらの理由から土の水分管理は必要不可欠になります。特に雨に弱い野菜を育てる場合には、しっかりと雨対策をするようにしましょう。

常に土中が濡れている状態で根腐れしやすい

大雨が降った後、野菜がぐったりしている姿を見たことはありませんか?雨に打たれて少し弱っただけであれば数日で元に戻りますが、場合によっては根が傷んでいる可能性があります。

太陽が出ないと土の表面が乾かないだけでなく、土の中に水分が残りやすくなってしまいます。水が溜まってしまうと、酸素や養分が不足し、雑菌が繁殖してしまいます。その結果として根腐れを起こし、野菜も枯れてしまうことがあります。

子どもと一緒に大切に育てていた野菜が枯れてしまうと悲しいですよね。新鮮な水には野菜の成長に必要な酸素や養分が豊富に含まれています。常に野菜に新鮮な水を与えるために、水はけのよい環境を整えるようにしましょう。

雨滴の泥はねで土の中の病原菌が植物に感染

野菜が病気になる原因の一つに「泥はね」があります。野菜に限らず、ほとんどの植物が病気になる原因はこれといえそうです。

土の中にはウイルスや細菌など病原菌が多く存在します。そして泥はねが茎や葉の裏などに付着すると、そこから病原菌が野菜に感染し、病気になることがあります。

病原菌は高温・多湿の環境を好みます。この条件が整うと、病原菌は一気に繁殖してしまいます。このことから、特に梅雨が病原菌が繁殖しやすい時期といえます。

病気を防ぐためには泥はねが付着しにくい配慮をする必要があるということです。泥がはねても野菜に届かなければ病気になるリスクは低くなります。日々のお手入れから野菜が病気にならないような工夫をしていきましょう。

家庭菜園の雨対策をしっかり行おう

地植え、プランターの雨よけを自作してみる

皮のある野菜は乾燥した環境から、急な大雨で大量の水分を吸収すると、実の成長に皮が耐えられなくなり、実が割れてしまうことがあります。また、完熟に近い野菜が大雨に打たれることで、実割れすることもあります。

これらを防ぐために、まずは雨をよける工夫をしましょう。手軽に行えるのは、雨よけカバーです。市販のものもありますが、家庭菜園用には少し高価に感じます。そこで、簡単に手作りしてみましょう。

作り方は、

1.株の周りを囲うように支柱を立てる
2.その上にビニールをかぶせ、紐でくくりつける

野菜に雨がかからなければ、これで完成です。支柱の高さを変えると、ビニールに水が溜まることもなく、野菜が雨にあたることも少なくなりますよ。

プランターは鉢底石を多めに入れる

次に、水はけをよくしましょう。プランター菜園の場合は土を入れる前に、鉢底石を先に入れるだけで水はけをよくすることができます。入れる量は鉢底から2~3cmくらいで大丈夫です。

鉢底石は水を効率よく排出するだけでなく、鉢底からほどよく空気を取り入れる通気性を確保する役割があります。これにより、土の中の病原菌を防いだり、根腐れを起こしたりするリスクを軽減させます。

使用する石は拾ってきた石でも問題はありません。市販されている石は、通気性や保水性が高く、植物の根があたっても負担のないように作られています。また、軽い石は使用後、処理がしやすく、重い石は鉢の転倒を防ぐことができます。使用用途に合わせて選ぶようにしましょう。

泥はね対策としてマルチングをしよう

泥はねを防ぐには、マルチングというシートを野菜の根元に敷くとよいですよ。また、雨が降っても土が締まらないので、雨が降った後に種まきや苗植えがしやすくなります。この方法は、庭の畑で地植えしている家庭菜園に向いています。

マルチングは市販されているシートだけでなく、わらやバークチップなどで代用することもできます。最も簡単なものは庭で刈った雑草を野菜の根元に敷く方法です。これは草マルチングといわれ、枯れると野菜の養分にもなるので、一石二鳥です。

プランター菜園でもマルチングを活用することはできます。ほかにも、地面に近いところの葉をつんでおいたり、プランターが雨にあたらない場所に移動したりすると、泥はね防止になります。

家庭菜園で植えたい、雨に強い野菜や草花

雨や多湿に弱い野菜とは?

ここまでは雨対策について紹介してきましたが、雨に弱い野菜はどのようなものがあるのでしょうか?野菜は全体的に雨に弱いです。特に雨に弱い野菜は以下のものになります。

・トマト
・イチゴ
・サツマイモ
・大根
・ネギ
・ほうれん草
・かぼちゃ
・きゅうり
・レタス類

日本で買うことのできる野菜の多くは、外国から伝わってきたものです。湿度に強いか弱いかは原産国の環境に影響しているようです。

根菜やいも類などは土の中で育つので、病原菌や水分量の影響を受けやすいと考えられますね。また、アブラナ科の野菜も多湿な環境に弱いです。

これらの野菜を育てるときには通気性をよくし、土の中の水分量に配慮しましょう。

雨や多湿に強い野菜とは?

一方で、雨や多湿に強い野菜もあります。

・レンコン
・クワイ
・ミツバ
・里芋
・玉ねぎ
・ナス
・トウモロコシ
・ニンジン
・しょうが

レンコンは水面下の泥中にのびる、穴の開いた大きな根茎を食用とします。大きな池などが必要になるので、家庭菜園で育てるのは難しいですね。

しかし、ナス、トウモロコシ、玉ねぎなら家庭菜園でも比較的挑戦しやすいでしょう。雨や多湿に強いと、子どもも育てやすいのでうれしいポイントですね。夏に向けて育ててみるのもよいかもしれませんね。

野菜の性質によって、旬の時期なども決まっています。スーパーではいつの時期でもほしい野菜が買えるようになりましたが、家庭菜園を通して、子どもと旬の勉強をしてみるのもよいかもしれませんね。

雨や多湿に強いハーブ、草花たち

野菜と一緒にガーデニングをしている家庭も少なくありませんよね。雨や多湿に強いハーブや草花もご紹介します。

ハーブ
・バジル
・レモングラス
・バニラ
・ターメリック
・ゴマ など

ハーブ類の多くは、日本の気候に適していませんが、これらのハーブは原産国が熱帯や亜熱帯です。この気候は日本の梅雨から夏の時期に似ています。高温多湿の環境を好み、20~25℃になると発芽します。

草花
・あじさい
・睡蓮
・アスプレ二ウム
・イヌツゲ など

あじさいを見ると梅雨が来たと感じる人も多いですよね。睡蓮は水面に花を咲かせます。家庭で育てるのは少し難しいかもしれませんね。一部の観葉植物の中には、空気中に高い湿度を必要とする植物もあります。

まとめ

大切に育ててきた野菜が収穫間近で傷ついたり、枯れてしまったりするのはつらいですよね。今回紹介したものを参考に、雨対策をしていきましょう。

長雨の対策は市販されているものだけでなく、身近にあるもので代用することができます。材料さえあれば、自宅で簡単に作ることができます。梅雨や秋雨に備えて、子どもと一緒に大切な野菜を守りましょうね。

また、雨や湿度に強い野菜も紹介させていただきました。今後の植え付けのときの参考にしてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018