就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児はいつから飛行機に乗れる?料金や座席、乗るときの注意点

乳児はいつから飛行機に乗れる?料金や座席、乗るときの注意点

家族で旅行を計画したときに、飛行機での移動を検討することもあると思います。家族に小さな赤ちゃんがいると、飛行機に乗るときに搭乗券が必要なのかなど、わからないことはたくさんありますよね。ここでは乳児が飛行機に乗れる時期や料金、乗るときに注意すべきことなどについて説明していきます。

乳児が飛行機に乗れるのはいつから?

国内線と国際線!航空会社により違うことも

乳児が飛行機に乗る条件は航空会社によって異なりますし、国内線か国際線かによっても異なってきます。JALとANAを例に見てみると、どちらの会社も生後7日未満の新生児は利用できないことになっています。また2歳未満の乳児が飛行機に乗る場合には、国内線の場合は12歳以上の同伴者、国際線の場合は16歳以上の同伴者が必要と定められています。

しかしエールフランスでは、「生後1週間未満の飛行機での旅行はおすすめしません」とアドバイスのみで、絶対に利用できないとは書かれていません。また1名の大人に対して、2人の2歳未満の乳児が搭乗できることになっています。

このように航空会社によっても規定は異なりますので、利用する航空会社に事前に問い合わせるようにしましょう。

医学的にも飛行機に乗って大丈夫!

赤ちゃんが飛行機に乗ると体に悪い影響が出るのでは、と考える人もいるかもしれません。しかし、実は医学的には赤ちゃんであっても飛行機に乗って大丈夫なのです。

多くの航空会社では、生後8日以降の乳児であれば搭乗できると定められています。航空会社がそう定めているということは、特に健康上問題がないということです。もし飛行機に乗ることで何かはっきりとした害があるのであれば、そもそも搭乗できないはずです。

飛行機に乗ることでの体への影響として思い浮かぶのは、気圧の変化による耳への影響ではないでしょうか。大人であっても離着陸時の気圧の変化で耳が痛くなることがありますよね。もちろん赤ちゃんも耳が痛くなることはありますが、悪い影響があるわけではありません。

可能であれば生後4カ月以降が望ましい

医学的には生後1カ月に満たない新生児であっても、飛行機に搭乗してもよいということになっていますが、できれば生後4カ月以降がよいでしょう。生後間もない赤ちゃんはまだ首もすわっていないので、長時間飛行機に乗るとなると体への負担は大きくなります。1カ月健診で健康に問題がないことが分かり、さらに首がすわった生後4カ月以降の搭乗が安心ですね。

飛行機の機内は、湿度が20%以下になることもあります。そうなるとどうしてもウイルスに感染しやすくなります。生後間もない赤ちゃんは、体力もなく免疫力も弱いので注意が必要です。特に冬場は、風邪やインフルエンザが流行する時期なので、水分補給をしっかりとしたり、赤ちゃん用のマスクを使ったりするなどの対策をとるとよいでしょう。

乳児と飛行機に乗るときの料金や座席は?

国内線と国際線で料金が違う

乳児と飛行機に乗ることが決まると、料金がいくらかかるのか気になりますよね。料金は、搭乗する飛行機が国内線か国際線かによって異なります。

まず国内線の場合は、3歳未満であれば航空券は必要ないので無料で飛行機に乗ることができます。しかし、座席が用意されないので大人の膝の上に座らせる必要があります。子どもに席を用意したい場合は、小児運賃を支払えば1席使用することができます。

国際線の場合は、航空券なしで搭乗することはできません。2歳未満までは幼児運賃で搭乗することができます。この場合も子どもに席が用意されないので、大人の膝の上に座ることになります。2歳以上になれば小児運賃を支払う必要があり、子ども用に1席用意してもらうことができます。

バシネット(ベビーベット)は事前に予約!

飛行機に乗っている間、ずっと子どもを膝の上に乗せておくのは疲れてしまいますよね。事前に予約すれば、簡易のベビーベットを用意してもらうことができます。バシネットと呼ばれるものですが、離陸後にシートベルトサインが消灯してから、座席前の壁に取り付けてもらえます。

バシネットのサイズは航空会社によって異なります。また身長や体重による制限もありますので、事前に搭乗する航空会社に確認するようにしましょう。

バシネットは無料で利用することができます。多くの航空会社の場合、航空券を購入した後に電話でバシネットを予約します。ただしバシネットの数にも限りがあるので、予約ができずにリクエストの受付のみになり、当日チェックインまで利用できるかわからない場合もあります。

小児料金を払えば座席予約も可能

国内線であれば3歳未満、国際線であれば2歳未満であっても、小児料金を支払えば赤ちゃんでも1席用意してもらうことができます。バシネットが子どもには小さく利用できない場合や、少しでも広く座席を使用したい場合には検討してもよいかもしれません。

しかし小児運賃は、国内線で大人の50%、国際線で大人の75%支払う必要があります。また航空券代のほかにも、燃油サーチャージや税金などもかかってくるので大きな出費となります。

飛行機が満席ではない場合は、早めにチェックインすれば隣の席を空席にしてもらえる可能性もあります。そうなれば小児運賃を支払わなくとも、隣の席を使用することができます。しかし満席の場合は断られる可能性もありますので、あまり期待はできませんね。

乳児にも優しい!機内サービスをご紹介

ミルクの調乳や離乳食のサービスも

飛行機の中で子どものミルクや離乳食をどうしたらよいのか気になりますよね。飛行機の中では客室乗務員に頼めば、ミルクの調乳もしてもらえますし、離乳食も用意してもらえることが多いです。

客室乗務員にミルクを作ってもらう場合は、哺乳瓶と必要なミルクの分量を渡します。しかし、ミルクを作るのに慣れている人もいればあまり慣れていない人もいるので、赤ちゃんにあげる前に自分でも温度を確認するようにしましょう。またお湯だけをもらうことができるので、自分で調乳するのもよいですね。

また、機内食としてベビーフードが用意されています。お願いすればもらうことができますが、赤ちゃんによっては好みもありますし、自分で用意して持っていく方が安心かもしれませんね。

ファミリー専用フライトがある

赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときに気になるのが周りの目ですよね。狭い機内で逃げ場もないし、ギャン泣きしてしまったらと想像すると不安になりますね。

しかしJALは、国内線の「クラスJ」というクラスの後方座席を、3歳未満の子ども連れへの優先座席として設けています。クラスJは、普通席よりも広い間隔でゆったりと過ごすことができるので、赤ちゃん連れにもぴったりです。またレッグレストもついているので、快適に過ごすことができます。追加料金は1,000円なので、赤ちゃん連れにとても人気があるクラスです。

またこの優先席は赤ちゃん連れか、赤ちゃんが乗ることを了承した上で利用している人たちばかりなので、気を遣わずに安心して利用することができますね。

おむつ替えも専用テーブルが化粧室にある

機内の化粧室には、おむつ替え専用のテーブルも用意されています。シートベルトサインが点灯しているときには使用できませんが、それ以外であればいつでも利用することができます。ただし、天候によってはシートベルトサインが頻繁に点灯し、なかなか化粧室が利用できないこともあるので、こまめにおむつを替えておくと安心ですね。

また航空会社によっては、機内に予備の紙おむつも準備されています。もし準備してきた枚数を使い切ってしまったときは、客室乗務員に聞いてみるとよいでしょう。

機内に搭乗したら、おむつポーチをすぐに取り出せるところに準備しておきましょう。使用済みのおむつは、ビニール袋に入れて化粧室のゴミ箱に捨ててよいことが多いですが、念のため確認してくださいね。

乳児と飛行機に乗るときの注意点

耳抜きのタイミングは離陸前と着陸前に

飛行機に乗ったときに、気圧の変化で耳が詰まったように感じることがありますよね。大人であればつばを飲み込んだり、あくびをしたりすることで自分で解消できますが、赤ちゃんは自分で耳抜きができません。

そこでママやパパが耳抜きのサポートをしてあげる必要があります。赤ちゃんはつばを飲み込むことで耳抜きができるので、授乳をしたり食べ物を与えたりしてサポートしてあげるとよいでしょう。またおしゃぶりも耳抜きに効果的だといわれています。

高低差による気圧の変化で耳詰まりを感じるので、耳抜きのタイミングは離陸前と着陸前がベストです。飛行機が離陸体勢や着陸体勢を取り始めたら、授乳を始めるなど耳抜きのサポートをしてあげましょう。

海外へ行くときは予防接種も忘れずに

海外旅行へ行くときには、目的地の感染症の情報をしっかりと確認するようにしましょう。目的地で感染症が流行っているのにまだ予防接種を接種していない場合は、かかりつけの小児科医に相談するとよいですね。

赤ちゃんはママから免疫をもらっているといわれていますが、免疫力の低い赤ちゃんにとって空港や人混みではウイルスに感染してしまう可能性もあります。またママがウイルスに感染してしまい、その後赤ちゃんに感染してしまうケースもあります。

目的地の国で感染症が流行している場合は、マスクを着用したり、除菌シートでこまめに手を拭いたりなどの感染対策をしましょう。また、最悪の場合は旅行を諦めることも視野に入れておきましょう。

周囲の乗客に声をかけておく

ママやパパがどれだけがんばって対策をしても、慣れない飛行機に赤ちゃんがぐずって泣き止まないなんてこともあると思います。そうなると周りの目も気になってしまいますよね。

飛行機に乗ったらまずは前後左右の乗客に、「赤ちゃんなのでうるさくしてしまうかもしれませんが、すみません」などと一言声をかけておくとよいですね。一言声をかけておくだけで、周囲の乗客からの印象も変わってきます。

また赤ちゃんが泣いたり騒いだりしてしまったときには、一言「すみません」というのもよいですね。赤ちゃんが騒いでも、何食わぬ顔をしていると周りの印象も悪くなってしまいます。飛行機の中だけとはいえ、少しでも気分よく過ごせるようにしたいものですね。

機内での過ごし方のコツ

搭乗前に少しお腹をすかせておく

搭乗前に少しお腹をすかせておくのも、赤ちゃんのぐずり対策になります。耳抜きとして離陸のタイミングで授乳したくても、赤ちゃんがお腹がいっぱいだと飲んでくれないかもしれません。また飛行機が離陸体勢になっても、なかなか飛行機が離陸しないなどということもよくあります。お腹がすいていると長く飲んでくれるので、離陸が遅れても安心ですね。

赤ちゃんに離乳食を与える場合にも、搭乗前よりも機内であげたほうがよいかもしれません。特に長時間のフライトとなると、機内には遊ぶスペースも無く、赤ちゃんは退屈してしまいます。機内で離乳食をあげると、赤ちゃんも気がまぎれるかもしれませんよ。赤ちゃんが離乳食をたっぷり食べるためにも搭乗前にはお腹をすかせておきましょう。

スリングや抱っこ紐を使う

飛行機の中で赤ちゃんがぐずったり寝かしつけたりするときには、長時間抱っこすることがありますよね。スリングや抱っこ紐があれば、少しは楽に抱っこをすることができるので、機内に持って入るとよいでしょう。

少し荷物は増えてしまいますが、コンパクトなスリングや抱っこ紐もあるのでバッグに入れておくとよいですね。また、搭乗前に抱っこ紐で子どもを寝かしつけて、そのまま機内で抱っこ紐のまま過ごすこともできます。JALやANAなどの日経航空会社では離着陸時の抱っこ紐の着用が認められるケースが多いです。しかし航空会社によっては、離着陸時には抱っこ紐を外さなければいけないこともあるので、事前に搭乗予定の航空会社に確認してくださいね。

おもちゃはお気に入りのものと新しいものを

おもちゃを機内に持ち込む場合は、お気に入りのものと新しいものを持っていくととよいでしょう。お気に入りのおもちゃがあれば、子どもは喜びますよね。遊ぶおもちゃのほかにも、寝るときにいつも使っているぬいぐるみやタオルなども持っていると、寝かしつけのときに安心です。

また新しいおもちゃは、目新しいので子どもも長く遊んでくれるかもしれません。搭乗するまで子どもには隠しておいて、搭乗後にサプライズとして渡してあげるときっと喜んでくれるでしょう。

ただし、音の鳴るおもちゃはなるべく控えた方がよいでしょう。赤ちゃんはご機嫌で遊んでくれるかもしれませんが、その音で周りの乗客に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

まとめ

家族で旅行に行くのは楽しみだけど、飛行機に乗るのは子ども連れだと不安ですよね。しかし飛行機には毎日小さな赤ちゃんや子どもがたくさん乗っています。そのため離乳食やミルクの調乳といった子ども向けのサービスがあったり、客室乗務員が手助けをしてくれたりします。

せっかくの家族旅行が楽しい思い出となるように、事前にしっかりと準備をして飛行機に乗りましょう。そして周囲の乗客にもききちんと配慮をし、お互いに気持ちよく利用できるように心がけたいものですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018