就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが添い寝しないと寝ない!添い寝以外の寝かしつけ方法とは

赤ちゃんが添い寝しないと寝ない!添い寝以外の寝かしつけ方法とは

赤ちゃんが添い寝をしないと寝てくれず、困ったことはありませんか?離れると起きてしまうので添い寝し続けなくてならず、ストレスを感じるママも多いようです。この記事では、添い寝を卒業するための方法と、意外と知らない添い寝の危険性についてご紹介したいと思います。

添い寝をやめられない赤ちゃんのこれが困る

ママが離れるとすぐ起きてしまう

赤ちゃんを寝かしつけて、「よし、ぐっすり眠ったな」と赤ちゃんから離れると、ものの1分で起きて泣きだしてしまう。赤ちゃんあるあるですね。よくあることではありますが、ママとしては「また1から寝かさなくちゃ」とガックリしてしまいますよね。

眠っていたはずの赤ちゃんが、ママが離れたとたんに起きてしまうのは、「不安」のせいだと考えられます。ママのぬくもりが感じられなくなることに不安を覚えてしまうのです。

赤ちゃんにとって、一番安心できる場所は大好きなママのそばです。自分を守ってくれる人のそばにいなければいけないことを本能的に知っているんですね。だからこそ、たとえ眠っていても、ママが離れると、不安を覚えて目を覚ましてしまうのです。

添い乳をしないと眠らない

赤ちゃんの隣に横になりながら授乳ができる添い乳は、ママにとって負担が少ない体勢ですよね。赤ちゃんも、おっぱいを吸っているので満足感があるうえ、ママと密着して温もりを感じることができるので、安心して眠りやすい体勢です。

しかし、添い乳は癖になってしまうという意見もあります。添い乳以外の寝かしつけ方ではなかなか寝てくれないという赤ちゃんは珍しくありません。

それに、おっぱいがないと眠れないので、ママ以外の人が寝かさなくてはいけないときに困ります。断乳後の寝かしつけに苦労するという意見もあります。また、歯が生えてきた後に添い乳をしていると、虫歯になりやすいという意見もあります。

添い乳は楽ですが、デメリットも色々あるようですね。

夜泣きがひどくて心身ともに辛い

添い寝をしていると、眠りが浅くなって夜泣きに繋がるという意見があります。ママが離れるたびに起きてしまうので、睡眠の質が悪くなるという考え方によるものです。

実際に、自分と赤ちゃんの距離が離れるたびに起きて泣いてしまう状態では、赤ちゃんはぐっすり眠ることができていませんよね。そのたびに起きて寝かしつけをするママの負担も相当なものです。

添い寝をすることで夜中に何度も起きるか、朝までぐっすり眠るかについては、赤ちゃん個人の性格によるところも大きいので一概にはいえません。ただ、実体験として、添い寝をしているときは夜泣きが多かった子が、添い寝をやめるとぐっすり眠るようになったと感じているママが多いのも事実です。

添い寝の危険性を知ってやめる準備をしよう

赤ちゃんの窒息の危険性がある

添い寝には、赤ちゃんが安心するというメリットがあるのと同時に、デメリットもあります。場合によっては赤ちゃんの命にかかわることもあるので、その危険性を知っておきましょう。

大きな問題は、赤ちゃんが窒息してしまう危険性があるということです。

添い寝をしながら、ママの方までウトウトしてしまった経験はありませんか?そのときに、赤ちゃんとママが密着していると、赤ちゃんの鼻や口を塞いで窒息してしまう可能性があるのです。

また、寝返りをうったママの身体が赤ちゃんに覆いかぶさって、圧迫してしまう可能性もあります。大人用の布団が顔を覆い、呼吸ができなくなることもあります。

特に月齢の低い赤ちゃんは自力で逃げられないため非常に危険なのです。

乳幼児突然死症候群のリスクも!

元気だったはずの赤ちゃんが突然亡くなってしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)。うつぶせ寝や受動喫煙、低出生体重児であることなど、様々な危険因子が指摘されていますが、添い寝もその一つである可能性があります。

イギリスで行われた調査によると、SIDSの半数以上が、親と添い寝をしているときに発生しているという報告がなされています。また、アメリカの別のチームによる調査では、SIDSが発生したときに大人が添い寝をしていたというケースが7割にもおよぶという結果が出ています。

この場合も、寝ている間に自分の身体で赤ちゃんを圧迫してしまうことが、SIDSを招いていると考えられています。添い寝がいかに大きなリスクをはらんでいるかがうかがえますね。

添い寝をやめる時期を考えよう

今まで添い寝していた赤ちゃんを、いきなり1人で寝かせるのは難しいかもしれません。ただ、赤ちゃんを窒息の危険から守ったり、ママの負担を軽減するためには、添い寝をやめることも検討したいところです。

そのためにどんな時期と方法がよいのかは、生活環境や赤ちゃんの性格によるところが大きいです。はじめのうちは赤ちゃんがママを求めて泣く可能性がありますから、ママにも心の準備が必要です。

「毎日添い寝をするのが辛いから、今すぐやめさせたい」
「1歳で断乳する予定だから、それまでには添い乳を卒業したい」
など、いつ頃添い寝をやめたいか考え、そこから逆算して、添い寝を卒業するための計画を立てるとよいかもしれませんね。

添い寝以外にどんな寝かしつけ方法がある?

入眠儀式やママのにおいがするものを置く

添い寝以外の方法で寝かしつけをする方法はいくつかあります。例えば「絵本を読む」「子守唄を歌う」などがよく聞く方法だと思います。

どんな方法が合っているかは、赤ちゃんによって異なります。大切なのは、これをした後は寝るんだなというリズムを赤ちゃんが認識することです。

お風呂の後に授乳、子守歌を聞きつつねんねのように、毎日同じ時間帯に同じ行動を繰り返すことで、添い寝しなくてもすんなりと寝てくれるようになりますよ。

月齢の低い赤ちゃんの場合は、ママのにおいがする物を置くという方法もあります。

ママのにおいのついた物(今まで着ていた服だと、ぬくもりも感じられるのでおすすめ)をそばに置いておくと、安心して眠ってくれる可能性があります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC