就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

寝ている赤ちゃんが突然泣く理由。寝言泣きの見分け方と正しい対処法

寝ている赤ちゃんが突然泣く理由。寝言泣きの見分け方と正しい対処法

子育て中のママの悩みの一つに「赤ちゃんが夜中に突然泣き出してしまって寝られない」というのがあります。ママの方も睡眠不足でぐったり疲れてしまいますよね。でもこれにはちゃんとした理由があるようです。寝ている赤ちゃんが夜中に突然泣きだす理由と、その適切な対処の仕方についてまとめていきます。

赤ちゃんが寝ながら突然泣きだす理由

空腹やおむつなど不快を感じているから

赤ちゃんが寝ながら突然泣きだすのはどうしてでしょうか?理由が分かればどうすればよいのかも分かるようになりますよね。

赤ちゃんの夜泣きの原因は「精神的な不快」と「肉体的な不快」の二つに分けられます。「精神的な不快」は、なんらかの理由で赤ちゃんが怖かったり、不安を感じているのが原因です。大好きなパパやママに抱っこしてもらえば安心して泣き止むでしょう。

「肉体的な不快」は、抱っこしたくらいでは泣き止みません。赤ちゃんも全力です。原因として考えられるのは、空腹だったり、おむつが濡れていたりすることです。

授乳やおむつを換えてみて下さい。それで泣き止むようなら、赤ちゃんは「お腹すいたよ」か「おむつが気持ち悪いよ」といいたかったのです。

病気が原因で泣くことも

授乳やおむつ換えのタイミングでなかったら、次の可能性を探りましょう。部屋の温度は適切ですか?寒すぎたり暑すぎたりしても、赤ちゃんは激しく泣くことがありますよ。

部屋の温度が原因ではないようなら、うんちやゲップがうまく出せていないのかもしれません。背中をトントンしたり、お腹をマッサージしたりしてみましょう。

それでもまだ夜泣きが続くようなら、病気の可能性も考えた方がよいかもしれませんね。赤ちゃんはどこが痛いのかをいえませんので、激しく泣いて訴えるのです。

熱を測ったり、顔色の変化、唇の色などを見てみましょう。鼻が詰まって苦しそうにしていませんか?嘔吐や下痢はありませんか?気になることがあるようでしたら、近くの小児科を受診しましょう。

睡眠リズムが原因!寝言泣きかも

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という二つの眠り方があります。「レム睡眠」は「脳は起きているけれど体は寝ている」という状態です。「ノンレム睡眠」は「脳は寝ているけれど体は起きている」という状態です。

つまり一晩のうちに「脳が寝ている時間」と「体が寝ている時間」が、交互にやってくるんですね。これを「睡眠リズム」といいます。

夢を見るのは、この「レム睡眠」のときだといわれていますよ。「脳が起きている」時間帯ですね。赤ちゃんは、このレム睡眠のときに「寝言泣き」という泣き方をすることが分かってきています。

「寝言泣き」と「夜泣き」はどうやら少し違うようです。赤ちゃんが夜中に「寝言泣き」をするのは、この「睡眠リズム」と密接に関係がありそうですね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんの睡眠の特徴と寝言泣きとの関係

未発達で睡眠リズムが短い

赤ちゃんの睡眠の特徴は、睡眠リズムが短いことだといわれます。具体的にどういう意味なのでしょうか?

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」が交互にやってくることを「睡眠リズム」と呼ぶことは、前に取り上げました。この「睡眠リズム」は、大人ですと、だいたい90分間隔だといわれています。90分ごとに「熟睡の時間」と「夢を見る時間」を繰り返しているのですね。

これに対して、赤ちゃんは40〜60分間隔だそうです。「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」が短い周期で繰り返されます。「睡眠リズムが短い」というのはこういうことですね。

睡眠リズムが短いのは、体が未発達なのが原因です。だから、体が成長するにつれて、この睡眠リズムの周期は、徐々に長くなっていきます。

寝ぼけているだけの寝言泣きと夜泣きは違う

ここまで出てきました「寝言泣き」と「夜泣き」は違うものみたいです。まずはその違いをはっきりさせておきましょう。

夜泣きは、お腹がすいていたり、おむつを換えてもらいたかったり、なにか不快なことを解消してほしくて泣きますが、寝言泣きは、あくまでも「寝言」です。言葉が話せない分、泣き声で寝言を表現していることになりますね。

つまり、寝言泣きは、赤ちゃんが夢を見て寝ぼけているだけということになります。なにかしら怖いことを思い出して、夢にみているのかもしれませんね。しばらくすると、自然に寝ついてくれることが多いそうですよ。

夜泣きと寝言泣きの一番大きな違いは、泣く理由です。寝言泣きのときには、夢が相手なので、パパやママにできることはほとんどありませんね。

リズムがある!寝言泣きの見分け方

夜泣きと寝言泣きは、どちらも夜中に突然泣き出すという点は同じですが、泣いている理由も、対処の仕方もまったく違ってきます。では、この二つの泣き方を、どう見分ければよいのでしょうか?実は、簡単な見分け方のコツがありますよ。

それは、赤ちゃんが寝てから泣き出すまでの間隔をチェックすることです。赤ちゃんが夢を見るレム睡眠は40〜60分間隔ですから、この間隔で泣いているときには、夢を見て寝言泣きをしている可能性が高いといえます。

これに対して、夜泣きは不規則です。授乳のタイミングやおむつ換えのタイミングで泣き出します。つまり、寝ている時間と泣いている時間の間隔を調べると、夜泣きなのか寝言泣きなのか、ある程度区別ができるということになりますね。
28 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事