就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

もう衣類のシミ取りに悩まない!子どもの汚れ別シミ取り解決方法

もう衣類のシミ取りに悩まない!子どもの汚れ別シミ取り解決方法

泥汚れや食べこぼしに使えるウタマロ石けん

最近、メディアなどでも注目されるようになった「ウタマロ石けん」ですが、その歴史は古く今から50年以上前に生まれました。製品改良を重ねた結果、頑固な泥汚れや食べこぼしも綺麗に落とせる部分洗い用の石鹸が人気を集めています。

ウタマロ石けんは、洗濯で失われる⽩さを取り戻すために蛍光増⽩剤を配合している点が特徴といえるでしょう。普通の洗濯用洗剤には最近あまり使われなくなりましたが、ウタマロ石けんで使用されているものは安全性が確認されているので安心ですね。

使用時は、汚れた部分にうっすらと緑⾊がつくまで⽯鹸を塗りましょう。その後もみ洗いするときには、その緑⾊がちゃんと消えるまでしっかり洗います。手肌にも優しいので、頻繁に衣類を手洗いするママにおすすめです。

浸け置きでシミ抜きができるオキシクリーン

アメリカ生まれの洗剤「オキシクリーン」は、酸素の力で頑固な汚れを落とす酸素系漂白剤です。オキシクリーンをお湯に溶かしたときに発生する酸素の泡が、衣類などの汚れを徹底的に浮き出させ、スッキリ洗浄してくれます。

衣類の黄ばみや泥汚れが気になるものは、オキシクリーンを使って浸け置きするとよいでしょう。粉末タイプと液体タイプがありますが、製品の使用方法に従って漂白水を作ります。このとき、40~60℃のお湯を使うと汚れが落ちやすくなります。漂白水に1~6時間程度浸け置きしたら、通常どおり洗濯機にかけましょう。

漂白剤特有の刺激臭もなく、使い方も簡単なので、小さな子どもがいるママにとっては便利なアイテムですね。

まとめ

こうして見てみると、衣類のシミにも色々な性質があり、それぞれに適した洗濯方法があることが分かりますね。衣類のシミは、子どもが自分の力で何かを成し遂げようとした証であり、元気に過ごせていることを実感できるものでもあります。

時間が経ってしまうと落とすのも大変になってしまいますが、この記事を通して適切な対処方法を知り、子どもが作ったシミを広い心で受け止められるようになるとよいですね。また、頑固なシミが綺麗になると、ママもすっきりした気持ちになるのでぜひ試してみてくださいね。
30 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND