就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママにピッタリなオーガニックコスメ!赤ちゃんにも安心な理由とは

ママにピッタリなオーガニックコスメ!赤ちゃんにも安心な理由とは

赤ちゃんのお世話をするにあたって、特にスキンシップが多いママは、普段なにげなくつけているコスメも赤ちゃんに触れて大丈夫なのか不安になりますよね。そこでママにも赤ちゃんにも優しくて、最近よく聞くようになったオーガニックコスメについて、どういうものかご紹介します。

オーガニックコスメとはどのようなもの?

植物を主として作られたコスメ

オーガニックコスメは、身体によくない成分がほとんど入っていません。自然の植物だけを厳選してつくられているので、敏感なお肌の方にも安心してつかうことができます。

特にお肌の荒れを予防してくれたり、しみなどを作り出す物質の進行速度を遅らせてくれたりする抗酸化物質がたっぷり入っている植物を使用したコスメは、アンチエイジングにも効果があります。

オーガニックは、その年によって原料となる植物の収穫できる量や状態が違うため、製品にも違いが出るということも特徴の一つです。前に購入した商品と香りが少し違うかな?と気になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

これは自然なことなのですが、きっちりした性格の方が多い日本人には、不思議に思う部分があるかもしれません。

オーガニック認証を受けている

海外では、オーガニックかどうかを審査するオーガニック認証機関というものがあります。その機関で、厳しい審査に合格したものだけが、オーガニック認証を取得することができて、商品として販売することができるのです。

日本ではオーガニックコスメとして審査する機関も基準もないので、認証を受けなくてもオーガニック商品として販売することが可能です。そのためオーガニックの成分がわずかに入っているだけで、オーガニックの商品として販売されていることも。こだわりがある方は、コスメに含まれている原材料を調べてから購入することをおすすめします。

購入するときは、化学成分の名前を知っていなくても、認証マークを目印に探してみるのもよいかもしれません。

無添加やナチュラルコスメとの違い

先輩ママに、無添加とナチュラルコスメの違いを聞くと、「よく分からない」と返答した人がほとんどでした。

無添加は、自然の世界に存在していない、作られた成分が入っていないことをいいます。そして、アレルギーの症状が出やすいとされる「旧表示指定成分」が配合されていません。洗剤などに入っている合成界面活性剤も、旧表示指定成分になるので入っていません。

ナチュラルコスメは、「自然派化粧品」とよくいわれており、なるべく自然な成分を使用して作られた化粧品のことをいいます。お肌への負担が少ないのも嬉しいですよね。

無添加もナチュラルコスメも、日本ではきちんとした定義がないので、自分で入っている成分を確認することが必要です。

オーガニックコスメがママにピッタリな理由

オーガニックは環境だけでなく人にも優しい

最近よく聞く「有機栽培」とは、農薬や身体によくない成分を使用しないで植物を育てる方法のことをいいます。植物を丈夫にするための薬を使用していないので、環境にもよいのが利点です。

しかし、有機栽培をするにあたって有機JAS規格の厳しい条件が定められており、植物を育てている方は、農薬を使用できず、害虫対策が難しく手間が多くかかるので、大変なのが現状です。

そんな手間暇のかかったオーガニックコスメは、お肌につけてもアレルギーが出にくく、低刺激で優しいのもポイントです。植物そのものがもっている成分を摂ることができる上、お肌が弱い方でも使いやすく、植物由来の香りもよいのでリラックス効果が得られるのは、子育てで毎日忙しいママにとって嬉しいですよね。

産後敏感になったママのお肌にも優しい

10カ月の長い妊娠期を過ぎると、赤ちゃんにとっても、ママにとっても命がけの出産を迎えます。それだけ大変な出産を終えたママは、産後もホルモンバランスが崩れて、不安定な状態が続くこともありますよね。

ママは1日中赤ちゃんのお世話で、夜中も授乳があったりミルクを作ったり、寝不足が続くことも多くあって、身体も心も疲れ気味になりますよね。妊娠前は元気だったお肌も、肌荒れやニキビなどができやすくなり敏感になった、というママの話をよく聞きます。

オーガニックは、自然の恵みがたっぷり入っているので、産後のママでも安心して使うことができるのは嬉しいですよね。低刺激でお肌にも優しいので、お肌の調子が少し悪くても、オーガニックの力で元気にしてくれます。

赤ちゃんがママのお肌に触れても安心

赤ちゃんと日々触れることが多いママは、自分が普段なにげなく使っている化粧品は、赤ちゃんが触れても大丈夫なんだろうか?と心配になりますよね。

月齢が進むとともに色んなことに興味を持ち出す赤ちゃんは、ママの顔でさえ、ときにはおもちゃ代わりにしてしまいます。メイクをしているから顔は触らないで欲しいと神経質になるのもママの負担になりますよね。

オーガニックコスメのよいところは、植物由来の優しい成分でできているので、赤ちゃんのお肌についてしまっても安心なことです。

お出かけすると、周りに配慮をすることが多くて、ママも余裕がなくなることが多いと思います。せめてメイクのことは気にせずに、赤ちゃんとのスキンシップをはかりたいものですね。

オーガニックコスメの選び方を知ろう

オーガニック認証を受けているかチェック

コスメは、お肌に直接つけるものなので、こだわりたいですよね。

自然な原料で作られているオーガニックコスメは、実は日本でははっきりとした規制がないのが現状です。ごく少ない量しかオーガニック成分を使用していないのに、オーガニックをうたっている商品もありますので、注意が必要になってきます。

海外では、オーガニックを認証する機関があり、厳しい基準に合格しないとオーガニックの名前を出して商品を販売することが禁止されています。ですから、オーガニックにこだわって使用したい方は、購入する前にオーガニック認証を取得しているか、商品に記載されているか確認をしましょう。いくつかの認証機関があるので、購入前に、一度調べてみるのもよいかもしれません。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版