就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳のスキーデビュー!準備から滑り方まで楽しく過ごすための方法

4歳のスキーデビュー!準備から滑り方まで楽しく過ごすための方法

次の冬には子どもが4歳になっているので、そろそろスキーデビューさせてみようかと考えているママやパパもいることでしょう。そこで今回は、わが子がスキーを始めるにあたり、準備しておきたいことや滑り方など、楽しく過ごすための方法についてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スキーデビューは何歳から?持ち物は?

スキーデビューは3~4歳頃から

子どもにスキーをさせてみたいけれど、一体何歳ぐらいから始められるのかな?と気になっているママもいることでしょう。スキーデビューは家庭により様々な事情があると思いますが、一般的には3~4歳頃に始める子どもが多いようですよ。

スキーをするときに必須のスキーシューズは一番小さいサイズでも15cmぐらいからになるので、スキーシューズがきちんと履ける年齢となると、3~4歳となります。この年齢になると、足腰もしっかりしてきているので、重たいスキー靴を履いてスキー板をはめても直立することができます。

最初からいきなりゲレンデに連れていき、滑り方を教えるのではなく、できれば雪の楽しさを教えるためにソリで遊んだり、雪遊びをするのもよいですね。

4歳の子どものスキーに持って行くもの

4歳の子どもをスキーに連れていくとき、なにを持参し、なにを現地でレンタルするか、事前にチェックしておくようにしましょう。スキー板、スキーシューズ、ストックは基本的にスキー場のお店でレンタルすることが可能です。

スキーウェアもレンタルできますが、子ども用ウェアのサイズはほとんどの場合100cmからとなっているので、それ以下のサイズが必要な場合は事前にレンタルショップに確認するか、なければ持参するようにしましょう。

スキー中は頭を守るために帽子をかぶる人も多いと思いますが、最近ではヘルメットを着用するスキーヤーも多いです。帽子はすぐに脱げてしまうので、できれば子どもは安全のためにもヘルメットを用意することをおすすめします。

4歳の子どものスキーにあると便利なもの

ここでは4歳の子どもがスキーをするときにあると便利なものをご紹介します。

【子ども用日焼け止め】
紫外線吸収剤がなく、保湿効果のあるものをおすすめします。

【子ども用リップクリーム】
雪山では唇ががさがさ乾燥してしまいがちです。日焼け止め効果があるとベターです。

【子ども用風邪薬】
スキー場では子ども用の薬はないことも多いので持参すると安心です。

【子ども用ゴーグル】
雪遊びしていても外れにくいものを選ぶようにしましょう。

【保険証】
万が一ケガや病気になったときに必要です。

【あめやチョコレートなどのお菓子】
雪山で遊んでいると、自然と体力を消耗し疲れてしまいがちです。あめやチョコレートなどポケットに入れておくようにしましょう。

4歳の子どもに合うスキー場の選び方

スキー場までの移動距離を考える

スキーに行くとき、大人だけなら少し遠くのスキー場まで足をのばすことも可能ですが、子どもがいると移動距離が長いと辛くなってしまいます。車で行くのなら、渋滞時間抜きで3時間前後で行けるところがおすすめです。

また電車で行く場合、到着駅からスキー場までシャトルバスが出ているかどうかもチェックするようにしましょう。スキーの荷物はかさばりますし、その上子どもがいると、ママとパパへの負担も大きくなってしまいます。

電車で移動の場合は、できるだけ乗り換えが少なく、駅からスキー場までもアクセスしやすいところを選ぶようにしましょう。また、スキー場まで高速バスを運行している旅行会社もあるので、探してみるのもよいですね。

ゲレンデ内容やコースをチェックする

どこのスキー場に行くかを決めるとき、家からの移動距離も大切ですが、ゲレンデ内容やコースもチェックするようにしましょう。初めての子どもでも怖がらずに滑ることができ、傾斜が緩やかで、いざとなったら歩いて下ることのできるコースがあるか確認しましょう。

ゲレンデによっては、子どもが思いきり雪遊びできるよう、キッズスペースやソリ遊び用のスペースを設けているところがあるので、最初はそういったゲレンデから始めてみてもよいですね。普通のコースで雪遊びをしてしまうと、ほかのスキーヤーの迷惑にもなり危険なので控えるようにしましょう。

子どもとスキーをするときは、後ろからハイスピードのスキーヤーやスノーボーダーが来ていないか、よく注意するように心がけてくださいね。

旅行で行くならホテル併設スキー場が便利

スキー場まで日帰りで行くのもよいですが、子どもが疲れたときにお昼寝できる部屋がスキー場にあると助かりますよね。旅行で行くなら、ホテル併設スキー場をおすすめします。

特にスキーや雪山に慣れていない子どもの場合、少し遊んだだけでも疲れてしまいがちです。ホテルがスキー場に併設されていると、ホテルの部屋からゲレンデまで直接降りることができたり、ホテルからスキー場まで車やバスなどで移動する必要がなかったりするので、小さい子どもがいる家族には便利ですよ。

ホテルの宿泊プランにゲレンデ割引券がついているところもあるので、お得な宿泊プランを探してみましょう。毎日子連れで外食をするのは大変という家族には、キッチン付きのコンドミニアムタイプのホテルもよいですね。

4歳の子どもへのスキーの教え方

教えるときのポイント。まずは雪と道具慣れ

ママやパパがスキーが得意な場合、最初はスキースクールに入れずに自分で教えたいということもあるでしょう。そこで子どもにスキーを教えるときのポイントについてお話しします。

まずは雪と道具に慣れさせるところから始めるようにしましょう。特にスキーシューズは重く、普通に歩くのは難しいので嫌がる子どもも多いと思いますが徐々に慣れさせるようにしたいですね。

子どもに教えるとき、ママはストックを持たないようにしてください。ストックを持っていると手がふさがってしまい、子どもの体を支えることができません。

ママと子どもがスキー板をはめたら、少しだけ一緒に滑ってみましょう。ママの足の間に子どもを入れるようにしてゆっくり短い距離を滑るのがおすすめです。

教えるときのポイント。姿勢とブレーキ練習

スキーはどんなものなのか子どもがわかったら、次はもう少し具体的に教えてみましょう。まず気をつけなければいけないのは姿勢です。

姿勢がわるいと足や腰に負担がかかってしまい、筋肉痛になったりすぐに疲れてしまったりします。地面に垂直になるようにするのではなく、傾斜に対して体が垂直に立つように注意してみましょう。

次に教えたいのがブレーキです。子ども用のコースがあれば、傾斜途中で足をハの字にして1分間止まっていられるか、ママと競争してみましょう。子どもが止まっていられたら、ブレーキの基本はできています。

それができるようになったら、ゆるいブレーキ、しっかりしたブレーキを滑りながら交互に練習して覚えさせるようにしたいですね。

4歳から参加できるスキースクール

スキーの得意なママやパパが子どもにスキーを教えるのもよいですが、自分で滑るのと違い、子どもに1からスキーを教えるのは決して楽ではありませんよね。「これぐらいできるだろう」と思ってやらせてみたらできずに、ついきつい口調で注意してしまうこともあるでしょう。

しかし最初からこれをしてしまうと、子どもはスキーしたくないと言い出しかねません。楽しみながらスキーを教えるにはコツが必要です。一般的に子ども向けスキースクールは4歳から入校できるところが多いので、最初はスキースクールに入れてみてもよいでしょう。

そこで姿勢やブレーキなどを覚え、少しずつスキーのコツを覚えてきたら、ママやパパと一緒にゲレンデで滑ってみても楽しいですね。

まとめ

今回は、4歳の子どもと一緒に行くスキーの準備やスキー場の選び方、滑り方を教える方法などについてお話ししましたが、いかがでしたか?子どもと一緒に行くスキーは、大人同士で行くスキーよりも制約を多く感じてしまうかもしれません。

親は久しぶりにスキーができると喜んでも、実際、子どもの相手であまり自由に滑る時間がないということもあるでしょう。でも、子どもがスキー好きになれば、近い将来、一緒にコースを滑ることも夢ではありませんよ。

次の冬はぜひ子どもと一緒にスキーを楽しんでみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018