就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て中に独立して仕事したい!独立するメリットとデメリット

子育て中に独立して仕事したい!独立するメリットとデメリット

子育て中のママにとって働き方は重要です。独立という働き方は自分で仕事の調整をするので園の行事への参加も気軽ですし、子どもの体調不良にも対応することができます。理想的な働き方にみえますが、気をつけることはあるのでしょうか。独立を考えるママはメリットだけでなくデメリットについても理解しておきましょう。

子育てしながら独立して働くメリット

時間も仕事量も自由に調整できる

子育てしながら働くワーキングママにとって、仕事や育児などの時間の調整は大きな悩みの種ですよね。子どもの行事が平日にある場合や発熱などで体調を崩した場合には、休みを取らざるを得ないことが多く、会社へ勤務する働き方は難しいと感じているママも多いのではないでしょうか。

独立して自宅などで仕事をすることができれば、子どもに関する理由で会社を休む必要はありません。自分や子どものスケジュールに合わせて仕事をこなしていくことができます。

日中子どもがいることで仕事がはかどらなかった場合には、深夜や早朝に残ってしまった仕事をすることができます。このように仕事量を都合に合わせて調整しやすい点も独立する際のメリットといえるでしょう。

保育園幼稚園の行事に参加しやすい

園行事の中でもビッグイベントといえる運動会は土日に開催されることが多いですが、雨天になった場合の予備日は平日になることもあります。また、参観日などの保護者参加型のイベントや、説明会などの保護者対象の行事も平日に行われることが多いものです。

会社勤務の場合でも有給休暇を取得すれば参加することは可能ですが、兄弟姉妹が多く1カ月に何度も園の行事がある場合などは、休暇を申請しづらい心境になるでしょう。独立して仕事をしていれば、誰に気兼ねすることもなく平日の休暇を取得することが可能です。

また、イベントの時間帯のみ仕事を休むこともできます。子どもの行事に合わせて時間を調整しやすい点が、独立した際のメリットの一つといえるでしょう。

子どもの急な病気にも対応しやすい

子どもが急に体調不良を起こしても、自宅で仕事をしていれば、看病しながら業務をこなすことができます。特に小さな子どもは熱を出したりお腹をこわしたりしやすいので、急な対応に追われることも珍しくありません。

共働き夫婦の場合、子どもの急な病気は、ママが会社を休んだり遅刻したりすることで対応している家庭も少なくありません。そのようなときの急な休暇や遅刻の申請はお願いしづらいものですよね。

また、インフルエンザなどの感染症の場合は上の子が治っても下の子にうつってしまい、長い期間休みを申請しなければならないこともあります。このような場合も、独立して自宅で仕事をしていれば、自宅で子どもの体調をみながら仕事をすることができます。

子育てしながら独立して働くデメリット

安定した収入が得られない

独立すると時間的なメリットは得られますが、仕事が軌道に乗るまで安定した収入を得ることは難しいものです。独立してすぐは知名度や実績もないので、依頼される仕事量が少なく収入が不安定なこともあるでしょう。

独立したからといって、すぐに成果が現れるわけではないことも理解しておくことが大切です。また、ママが自分で時間調整しやすい仕事を選んだ背景には、子どものために仕事量を減らす必要を感じていたこともあるでしょう。

仕事量が減った結果として収入が減ることもありうるのです。現在は仕事が順調であっても、来年はどうなっているか分からないといった不安要素も挙げられます。

常に自分のスキルを磨いたり、向上したりする努力を続ける必要があるでしょう。

オンとオフの切り替えがしにくい

独立して自宅で仕事をする場合、仕事場と生活の場が一緒になるので、オンとオフの切り替えが難しいこともあるでしょう。会社勤務だと、会社に行くことで仕事モードに、会社を出ることで自宅モードに切り替えられます。

また、自宅で仕事をしていると、ほかの誰かの目がないので、集中して取り組めるかどうかも自分次第になります。集中して仕事をこなさなければ収入を得られないので、自分に厳しくしっかりと仕事を進めることが大切になってきます。

自宅で仕事をするのであれば、家族の協力も必要不可欠です。会社で仕事をしていたときのように働きやすい環境が整えられているわけではありません。静かな部屋で集中して仕事ができるように、家族にも協力してもらいましょう。

税金の手続きは自分で行わなければならない

会社で勤務していれば、税金の手続きは会社側が行います。個人的なものについては年末調整ですんでしまうことが多いでしょう。

しかし、独立するということは個人事業主になるということなので、自営業の人と同様に自分で税金の手続きを行わなくてはなりません。毎年決まった時期に確定申告をすることになるので、忘れないように準備するようにしましょう。

特に、経費や税金については煩雑なものが多く、不慣れな人が行うと書類上の不備などが発生する可能性があります。早めに準備することをおすすめします。国税庁のHPに、確定申告の書類の書き方や申請方法について詳しく説明されているので、不安なときは一つ一つ確認しながらすすめるとよいですよ。

子育てしながら仕事の独立を成功させるコツ

育児と仕事を両立させるスケジュールを作る

子育てしているママにとって自宅で進められる仕事はとても魅力的なものです。しかし、しっかりと準備をしておかないと、子育てと仕事の両立は厳しいものになると考えておきましょう。

まずは、仕事と子育てのスケジュールをしっかりと作ることが大切です。仕事をする時間や家事を行う時間を明確化することで、オンとオフの切り替えにも役立ちます。

子どもが不在の時間を仕事時間とする場合は、子どもが体調不良で欠席するケースなども想定してスケジュールを組み立てておくと安心です。組み立てたスケジュールどおりに仕事が進まなかった場合、どの時間帯で穴埋めをするのかもしっかりと考えておくとよいでしょう。

最初から詰め込みすぎないスケジュールにしておくと安心です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj