就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬休みに子どもとお出かけしたい!子連れ旅行に行くならどんな場所

冬休みに子どもとお出かけしたい!子連れ旅行に行くならどんな場所

待ちに待った冬休み。子どもたちを連れて帰省もいいけれど、のんびりできる家族旅行も計画したいと思うことがありませんか?子どもが一緒だと食事面や寒さ対策などに対応するのがちょっと大変かも…と躊躇することも多いですよね。ここでは食事面や旅行先など、大人も子どもも楽しめるスポットや便利なお宿についてご紹介します。

冬休みに子どもと行きたい人気スポット

温泉とバイキングで大人も子どもも大満足

せっかくの冬旅行、芯まで温まる温泉とおいしい季節の料理は外せない!というご家庭も多いのではないでしょうか。子連れだとゆっくり入ることができないのでは…と感じるかもしれませんが、お宿によっては深夜や早朝に入れる温泉が備わっていることがあるので、ママとパパが交替でゆっくり浸かるのもよいですね。

また、子どもが喜ぶ食事として、バイキング形式はいかがでしょうか。好きな料理を自ら取りに行って選ぶスタイルは気分も変わりますし、普段の食事とは違う選ぶ楽しさが旅行気分を盛り上げてくれます。

和洋中の料理や旬の食材を使った料理など、好みに合わせたメニューを提供してくれるのもうれしいですね。小さな子ども用に子ども用イスやカトラリーを用意しているお宿もあります。

雪遊びとスキーが楽しめる宿

冬を代表するスポーツの一つとしてスキーがあります。子どものスキーデビューを考えている方はもちろん、スキーはまだ早いけれど、子どもと雪遊びやそり遊びを楽しみたい方も多いのではないでしょうか。

また、そろそろ子どもとスキーを満喫したい、ゆっくり自分もスキーを楽しみたいというママやパパもいることでしょう。そんなとき、スキー場が近くにあるお宿や、スキー場に併設されているお宿はいかがでしょうか。

また、パパとママでちょっと難しいコースを滑ってみたいというときなどに便利な、託児所が併設されているお宿も近頃あるようです。思い切りスキーを楽しみたいけれど子どもの安全も守らなければならないし…と悩んでいるママやパパにおすすめです。

本州より暖かい沖縄で快適旅行

寒さが苦手な人は、暖かい沖縄への快適旅行もおすすめ。シーズンオフなので、飛行機代やお宿代が若干割安になっていることも多いようです。

暖かい沖縄ですが、平均気温は17℃程度。ときには北風が吹くこともあるので、肌寒く感じることがあるかもしれません。薄いダウンジャケットやコートなどを持っていくことをおすすめします。

冬の沖縄の海を泳ぐには水温が低めなので、小さな子どもを連れて冬の沖縄で遊ぶなら、マリンレジャーより屋内レジャーがおすすめです。本島はレジャースポットが多いので、天候に左右されない屋内レジャーなら快適に過ごすことができますし、シーズンオフには混雑を避けられるので、並ぶのが苦手な子どもも楽しめますよ。

赤ちゃん連れならこんな宿がおすすめ

離乳食がある宿ならママもらくらく

手作りの離乳食は日持ちしないし、かといってレトルトの離乳食を旅行先で食べてくれるか分からないし、1日3食ともなると荷物になりがち。赤ちゃんの離乳食のことを考えると、思い切り旅行を満喫できるか心配なママもいますよね。

そんなときにおすすめなのは、離乳食の対応があるお宿です。その赤ちゃんに合った離乳食を板前さんが提供してくれるお宿なら、ママも荷物や不安が減って助かりますよね。アレルギーを持っている赤ちゃんのために、アレルギー対応離乳食を扱っているお宿もあるので事前に調べておくと便利です。

月齢によって食べる量や食材が異なる赤ちゃん。赤ちゃんに合わせた地元の食材や旬の食材を使ったやさしい味わいの離乳食に、赤ちゃんもママも満足できそうですね。

室内でも退屈しない!プレイルームがある宿

子どもとの旅行で気がかりなことの一つに、お宿での過ごし方が挙げられます。次のスケジュールまで暇を持て余してお宿の廊下を走り回ったり、せっかくの家族旅行なのについつい部屋のテレビを見させすぎてしまったり…。

念願の家族旅行ですから、できれば次のスケジュールまでの時間もしっかり楽しみたい!そんなときは子どもが遊べるプレイルームのあるお宿がおすすめです。夕食前や夕食後など、ちょっと暇や時間を持て余したときに安全に遊ぶことのできるプレイルームがあれば、それも子どもの思い出になりますよね。

プレイルームの横にマッサージチェアなどがあれば、移動や子どもの相手に疲れたママやパパは同じスペースで寛ぐことができ、子どもも安心して遊ぶことができます。

貸し切り風呂で家族でゆったり温まろう

赤ちゃん連れの旅行だと、さまざまな心配ごとがありますよね。

・まだまだ赤ちゃんから目が離せないので温泉にもゆっくり浸かれない。
・人目が気になるしリラックスできなくて楽しめない。
・ママとパパ、どちらかが犠牲にならないといけないからちょっと気が引ける。

そんなママやパパにおすすめなのは、貸し切り風呂があるお宿です。客室にコンパクトな貸し切り温泉があるというお宿や、お宿にいくつかあるお風呂の内の一つを決まった時間に予約すれば、部屋ごと貸し切りにしてもらえるお宿があります。

家族だけで入れる貸し切り風呂は、プライベートな空間でのんびり温泉を楽しめるというメリットと、人目を気にせず、また男女分かれることなく家族全員の顔を見ながら入れる安心感があります。

子どもとのお出かけの注意点と便利グッズ

体調が不安なときはキャンセルも考えて

楽しみにしていた家族旅行。しかしまだ小さな赤ちゃんや子どもの場合、しっかり体調管理をしていたつもりでも突然体調を崩すことがあります。

旅行を取り止めたらキャンセル料金がもったいないし、旅行準備もできているからできれば強行したい!という気持ちになるかもしれません。しかし、そんなときに無理していくと、旅行先で子どもの体調が悪化し、知らない土地で病院に走らなくてはいけなくなったり、子どもを楽しませるプランを用意したのに主役の体調不良で全然楽しめないまま終わってしまったり、ということにもなりかねません。

ここはぐっと堪えて子どもの体調を1番に考え、体調が不安なときは潔くキャンセルすることも考えましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版