就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの職場復帰はいつがベスト?保育園入所のタイミングなども解説

ママの職場復帰はいつがベスト?保育園入所のタイミングなども解説

産休・育休中のママの中には、復職の時期を迷っているママもいると思います。いつまで育児休業給付金は支給されるのか?保育園に入りやすいのはいつか?など、復職時期を検討するにあたって気になることはたくさんありますよね。ここでは、職場復帰のタイミングについて、紹介します。

産後の職場復帰はいつ頃から可能?

労働基準法では産後6週間から復帰は可能

産後、なるべく早く仕事復帰をしたいと思ったとき、体調さえよければいつでも復帰してよいとうわけではありません。産後の仕事復帰については、労働基準法に「産後8週間は就業禁止、本人の希望と医師の許可があれば産後6週間で復職可能」と定められています。そのため、早期の復職を希望する場合、産後6週間が最短といえます。

産後6週で復職をする場合、産後の身体の回復が復職可能であることを示す医師の診断書が必要になります。この時期に復職を検討している場合は、手続き内容についてよく確認をするようにしましょう。

また、労働基準法は自営業の場合には適用されません。そのため、法律による制限はないため、復職の時期は産後の体調次第でいつでも可能ということになります。

産後の回復は個人差があるので無理は禁物

産後1カ月半の時期は、「産褥(さんじょく)期」といわれ、身体が妊娠前の身体に戻る時期とされています。妊娠にともない、子宮は約7倍の大きさにまで大きくなっており、時間をかけて少しずつ元の大きさに戻っていきます。

最初の数週間は悪露が出るなど、目に見える症状もありますが、それがなくなるとついつい無理をしてしまうママも多いようです。しかし、産褥期に無理をすると回復が遅れるなど、ママの身体に負担をかけてしまうことになるので注意が必要です。

産後の回復には個人差があるので、産後1カ月半を過ぎてもまだ不調を感じることもあります。産後早い時期の復職を希望する場合は体調と相談し、決して無理をしないようにしてくださいね。

復帰の3カ月前を目安に職場に連絡を取ろう

産休、育休中であっても必要に応じて職場に連絡をとることを忘れないように、注意が必要です。休業中に職場に連絡をする理由は主に二つあります。

まずは、復職に向けた状況を共有することです。産休を取得するにあたって、復職の予定時期を共有していることと思います。子どもの預け先の確保や、産後の体調など、復職にむけての状況を共有し、復職の時期を決めていきましょう。

もう一点は、休業中の会社や職場の環境や業務状況について情報収集をすることです。休業中に、会社の方針や職場の状況について大きく変わることは少なくありません。復職したときにスムーズにキャッチアップができるように、上司や同僚から定期的に情報収集をしておくと安心ですよ。

育休からの職場復帰のベストタイミングは?

多くのママは子どもが1歳になる頃に復帰

職場復帰のタイミングとして一番多いのが、子どもが1歳になる頃に復帰するというパターンです。なぜなら、育児・介護休業法に定められる育児休業の期間が原則1年間とされているからです。

ただし、1年を超える場合であっても、保育園が見つからない場合などは1年6カ月まで育休を延長することが可能です。会社によっては、就業規則で2年または3年の育休取得が認められている場合もあります。

しかし、育児休業給付金が支給されるのは最長で1年6カ月です。1年以降は給付金の金額が減り、それ以降は給付金の支給がなく収入がなくなってしまいます。そのため、1歳前後の保育園に入園できるタイミングでの復職、という選択をするママが多いようです。

幼稚園入園後の職場復帰もおすすめ

育休が3年間取得可能な場合や、いったん退職をして再就職を希望している場合は、幼稚園入園のタイミングでの復職もおすすめです。

幼稚園というと、専業主婦の家庭やパート勤務のママが多いというイメージが強いかもしれません。しかし、最近では延長保育を実施している幼稚園も増えており、夕方まで預かってくれる幼稚園もあります。働くママでも幼稚園によっては子どもを通わせることも可能です。

幼稚園入園のタイミングでの復職の場合、幼少期の3年間を子どもと一緒に過ごすことができるというメリットに加え、ある程度身体が丈夫になってから集団生活が始まるので、子どもが風邪をひくなどの理由で仕事を休む回数も少なく済むかもしれません。

職場に合わせて繁忙期を外した復帰の調整を

復職のタイミングとしては、保育園や幼稚園の入園のタイミングでもある4月の復職が多いです。しかし、必ずしも4月のはじめに復職をしなくてはいけないというわけではありません。

ママとしても、入園後は慣らし保育があり、数時間でお迎えに行かなくてはならないという事情もあります。慣らし保育終了のタイミングでの復職を選択するママが多いです。自治体によって、いつまでに復職しなくてはいけないというリミットもあるので、忘れずに確認しておきましょう。

職場の事情としても、4月は繁忙のために受け入れの準備ができないから少し落ち着いてから復職して欲しい、などの希望があるかもしれません。復職にあたっては、職場と相談して双方にとって都合のよいタイミングで復職しましょう。

職場復帰にともなう保育園入所の時期は?

0歳からだと入所できる可能性も高い

職場復帰にむけて、一番のポイントとなるのが仕事中の子どもの預け先の問題です。多くのママが保育園に預けて職場復帰をするようです。

保育園に入れることのできる月齢は、最短でママの産休明けからですが、生後6カ月以降であったり、1歳児以降だったりと園によって受入可能な月齢は異なります。人数だけでみると、0歳児クラスの定員が一番少ないため、0歳児クラスは入りにくいのでは?と思うママもいるかもしれませんね。

しかし、例えば0歳児クラスの定員が10名で1歳児クラスの定員が15名の場合、1歳児クラスの15名のうちの10名は0歳児クラスからの進級の児童になります。そのため、実際には保育園は0歳児クラスが一番入所しやすいといわれています。

入所しやすいのは年度初めの4月

育休は原則として1年間の取得が可能であることもあり、1歳になるまでは育児に専念して成長を見守りたいと考えるママは多いです。しかし、1歳の誕生日を迎えたタイミングで保育園に子どもを預けて復職しようとしても、タイミングよく入所できるとは限りません。

多くの場合、年度途中の入所は難しく、入所しやすい時期は年度初めの4月になります。なぜなら、入園・進級のタイミングで一斉入所申し込みがなされ、定員がうまってしまうことが多いからです。年度途中に入所するには、在園児が退園・転園などで転出し、定員に空きがでる必要があります。

そのため、復職の時期を検討する場合は、0歳の4月または1歳の4月が一つの目安となります。

入所前には慣らし保育をしておこう

無事に保育園が決まり、入園式を見届けたらすぐに復職が可能かというと、そうもいきません。年齢や園によって期間はさまざまですが、ほとんどの保育園で「慣らし保育」の期間が設けられています。

今までママとずっと過ごしていた赤ちゃんが突然、見慣れない場所で見慣れない人に囲まれて1日を過ごすのは負担が大きいです。そのため、最初は数時間の保育から始め、徐々に保育時間を伸ばしていきます。これを「慣らし保育」といいます。

この期間はお迎えまでの時間が短いことから、慣らし保育を終えてから復職をするママが多いです。慣らし保育の期間は、子どもの様子を見ながら延長となる可能性もあるので、復職日を決めるにあたっては、少し余裕をもったスケジュールにしておくとよいでしょう。

まとめ

職場復帰にあたっては、まずは子どもの預け先を確保することが大切です。ママが復帰したいと思ったタイミングでスムーズに保育園が見つかればよいですが、なかなかそうもいかないのが現実です。

保育園に入りやすい4月の入所を目指す場合、誕生月によっては0歳児4月に復帰するか、1歳児4月に復帰するか迷ってしまうこともあると思います。育児休業給付金が支給されなくなる前に復職をしたいのか、なるべく長く子どもと一緒にいたいのか、家族や会社とよく相談をして、ベストな復職時期を決められるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj