就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦でも整骨院に行って大丈夫?マタニティ整体の目的や効果について

妊婦でも整骨院に行って大丈夫?マタニティ整体の目的や効果について

妊娠中はつわりや頭痛などの症状のほかに、お腹が大きくなるにつれ肩こりや腰痛を感じるママも多いですよね。最近人気のマタニティ整体に興味はあるけれど、妊婦で整体をすることに不安を感じるママもいるでしょう。今回はマタニティ整体についてくわしく説明していきます。

妊娠中の不調とマタニティ整体について

妊娠中に起きる体の不調について

妊娠すると、だるさや頭痛、眠気などのほかに、肩こりや腰痛の症状を感じるママも多いです。これらの症状は妊娠による体のゆがみや、筋肉疲労が原因の一つだとされています。

短期間で体重が増加してお腹が大きくなるため、体のバランスが悪くなります。それをかばおうと体に不自然な負担がかかり、少しずつゆがみがおこります。

また、妊娠すると「リラキシン」と呼ばれる、靭帯や関節をゆるめる作用のあるホルモンが分泌されます。このホルモンは体全体をゆるめ、産道や骨盤が開きやすくし、出産への準備を促します。

骨盤周りの関節がゆるむと、骨盤のゆがみや体を支える筋肉が硬くなり、肩こりや腰痛など、体の様々な場所に痛みを感じる原因になります。

妊婦さんでも受けられるマタニティ整体とは

整体と聞くと、骨をポキポキ鳴らしたり、体をねじったりするイメージで、妊娠中に受けてよいのか不安を感じるママが多いのではないでしょうか。

マタニティ整体とは妊娠中や産後のママを対象に、様々な体の不調を改善することを目的としています。施術するときも、仰向け、横向き、座ったままなど、楽で無理のない姿勢で行います。

妊娠中に整体を受けたいときは、「マタニティ整体」を施術しているか確認してくださいね。マタニティ整体を施術している整骨院では、マタニティ専用の特別な講習を受けているので安心です。

マタニティ整体はやさしく、ソフトタッチで行われるので、痛みを感じたり、強い刺激をうけたりする心配はありませんよ。

妊婦さんが整体を受けられる時期

マタニティ整体は受けられる時期のはっきりとした定義はありませんが、安定期に入る4カ月から臨月に入る前の9カ月までのママに施術している整骨院が多いようです。

妊娠初期から臨月まで受け入れている整骨院もあるようですが、ママの体調が落ち着いてくる安定期まで待ったほうがよいでしょう。

念のため、整体を受ける前に、かかりつけの産科医師に確認しましょう。また、安定期だからと安心せず、その日の自分の体調や気分と相談してくださいね。

通う頻度も、週1、隔週、肩こりや腰痛がひどいときだけ、などママによって様々です。ママの体と赤ちゃんを最優先に考え、施術者とよく相談した上でコースを決め、無理のない範囲で通うようにしてください。

妊娠中や産後に整骨院に行くメリットとは

妊娠中のつわりが軽くなる場合も

妊娠中のもっとも辛い症状の一つがつわりではないでしょうか。一言でつわりといっても、吐き気、眠気、胃の不快感など、症状や重さも人それぞれです。

つわりの症状は、なにをしても軽減されることが難しく、ひたすら耐えているというママもいるでしょう。

マタニティ整体は、つわりの症状が軽くなる効果が期待できるといわれています。整体師によって施術方法も色々ありますが、その中に、後頭骨と頸椎の1番目の接合部である硬膜をゆるめる整体があります。

体は全身膜で繋がっていて、この硬膜をゆるめると全身の様々な膜がゆるんで、つわりの症状も落ち着くことがあるのだそうです。

つわりで辛い思いをしているママにとっては、試してみる価値があるかもしれませんね。

体のゆがみを解消することで精神の安定に

「体のゆがみは心のゆがみ」という言葉があるほど、体がゆがむと精神的にも影響があるといわれています。

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれ、お腹の重さや大きさもどんどん大きくなっていくため、全身のバランスが崩れゆがみが起こります。

妊娠中は不安や孤独を感じやすくなりますが、体がゆがむとそのような精神的に不安定な症状が強く出やすくなるのです。

また体がゆがんだり、ストレスを感じたりすると、力が入って筋肉が硬くなり血流が悪くなってしまいます。

自律神経は首、肩のあたりにかたまっています。マタニティ整体で念入りにその部分の筋肉やコリをほぐし、ゆがみを解消していくと、体とともに自律神経もゆるみ、ストレスが緩和され、精神的にも安定する効果が期待できますよ。

産後の骨盤矯正を行いたいときも整骨院へ

お産のときに骨盤は大きく広がります。通常、大きく開いた骨盤を時間をかけて徐々に元の位置に戻っていきます。

しかし、近頃は骨盤の位置を戻すための筋肉が足りない、もともと骨盤がゆがんでいるなどの原因で、あるべき場所に戻せないママがほとんどだそうです。

骨盤がゆがむと腰痛や肩こりなどだけではなく、内臓の位置が下に下がり本来の機能がうまく働かなくなってしまいます。

また、代謝が低下し、むくみや脂肪がつきやすくなる、下半身が太くなるなどの美容の面でも気になることがたくさんあります。

産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正とやり方が異なりますので、まずは、自分に合った時期、やり方を相談してから、受けるようにしてくださいね。

妊娠中の整体で気をつけたいこと

まずは産婦人科の医師と相談を

マタニティ整体は特別な講習を受けた整体師が、優しく細心の注意を払って行われますので、安心して受けられます。

整骨院によっては妊娠初期から受けられ、妊娠初期の辛い症状を軽減してくれる場合もありますが、整体の刺激が母体や赤ちゃんへどのような影響を及ぼすか心配な面もあります。

また、安定期に入っても、妊娠経過はママによって違います。体調がよい場合でも、赤ちゃんの発育状態など、医師にしか分からないこともあります。マタニティ整体を受けたいときは、医師に相談し許可をもらってからにしましょう。

また、お腹の張りや子宮口の開き具合などによって、いつまで通えるかも変わってきます。医師と相談しながら、整骨院に通うようにしてくださいね。

通う整骨院によって方針が違うことも

整骨院によって、体のゆがみやコリの改善をして不調を改善することに焦点をあてていたり、心身ともにリラックスさせることに焦点をあてていたりするなど、方針が違います。

ベッドも状況に応じて使用する、椅子のみの使用、オイルを使用してマッサージをするなど、それぞれです。症状に応じて、専用のコンディショナーを使い、ヘッドマッサージやフェイスマッサージまでするサロンのようなところまであります。

今は整骨院の予約サイトがありますので、自分の望むマタニティ整体と合うところを探し、気になったところがあれば電話をして色々質問してみましょう。

整骨院や整体師の雰囲気も大切ですので、写真が載っているところならイメージしやすいかもしれませんね。

赤ちゃんへの影響が心配なら無理はしない

マタニティ整体は赤ちゃんや母体への影響を考慮し、特別な方法で施術しますが、まったくリスクがないとはいい切れません。

妊娠初期はとくに注意が必要ですが、安定期に入ったから大丈夫というわけではありません。ほかのママにすすめられて断りづらい、マタニティ整体を受けて不調が改善されたと聞き、自分も受けてみたくなることもあるでしょう。

しかし、もし赤ちゃんへの影響が気になり心配なら、無理をしないことも大切です。座ったまま受ける、オイルは使わないように頼むなど、整体師に相談しましょう。

もし、整体師に大丈夫といわれても、心配が消えないようなら、断っても途中で止めてもらっても大丈夫です。妊娠という特別な状況ですので、無理をせず大事をとることが大切ですよ。

まとめ

妊娠中の様々な不調を緩和する効果が期待できる、マタニティ整体に興味をもったママもいるのではないでしょうか?

薬を使わずに症状が軽くなるのは、妊娠中のママには嬉しいですよね。また、産後も続けて通うことができるのもよいですね。

妊娠中は体だけではなく、精神的にも様々な変化や影響があり、心身ともに辛い症状がでてしまうときもあるでしょう。マタニティ整体を無理のない程度にうまく利用し、妊娠生活を少しでも快適で前向きに送ってくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR