就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ服は安いアウトレットで!コスパ重視でおしゃれを楽しもう

マタニティ服は安いアウトレットで!コスパ重視でおしゃれを楽しもう

少しずつお腹が大きくなってくると、気になるのがマタニティ服。「いつから着るべきか」「短期間しか使えないのに用意すべきなのか」「なるべく安く揃えられないか」と悩みますよね。この記事では、着回しの利くマタニティ服の選び方と、アウトレットなどを利用してコスパよく揃えるコツをご紹介します。

着用期間の短さが悩みのマタニティ服

お腹が目立つと用意したいマタニティ服

マタニティ服には「お腹の締め付けをなくし、ゆったり過ごせる」「冷えを予防する」「妊娠中のシルエットをきれいに見せる」という効果があります。

お腹が大きくなりはじめる妊娠4~5カ月ごろから着用しはじめる妊婦さんが多いですが、つわりの緩和や周囲に妊娠中であることを認知してもらう意図で、初期から着る方もいます。「着られる期間が短いし、わざわざマタニティ服を用意したくない」と考えている方もいるかもしれませんね。

「いつから着るべき」「必ず着なくてはいけない」という決まりはありません。ただし、サイズの合わない服を無理に着て体を締め付けてしまうことで血流が悪くなり、頭痛やめまい、不眠、倦怠感、足の浮腫などのトラブルを引き起こす場合もあるので、注意が必要ですよ。

産後も着用できるものは長く使える

一口にマタニティ服といっても、下着からトップス、ボトムスまで種類は様々です。どんなものを選べばよいか、迷いますよね。

「せっかく揃えるのなら、できれば長く着用したい」と考えているならば、「お腹まわりのサイズ調節が可能かどうか」「産後も使える(授乳がしやすい)かどうか」をよく確認して選ぶとよいでしょう。

例えば、授乳口付きの服、授乳ブラ、ゆったりとしたワンピース、ウエストがゴムやアジャスターで調整できるボトムスは、体型や産前産後問わず、長く着られます。また、「洗濯のしやすさ」や「通年使えるかどうか」で素材を選んだり、「手持ちの服も含めて、ほかの服と合わせやすいかどうか」でデザインや色を選ぶと、なおよいですよ。

2人目以降の妊娠でも買い替える場合も

2人目以降の妊娠で、既にマタニティ服を持っているという場合でも、買い替えや買い足しが必要になってしまう場合もあります。

例えば「妊娠時期が真夏・真冬と真逆で、袖の長さや素材感が合わずに着られなかった」というケースや、特によく着用する下着や傷みが出やすいタイツなど「1人目妊娠・産後の間の着用で、すでにヨレヨレになってしまった」「長年しまっておいたら変色していた」というケースです。また、1人目出産後に体型が戻らず、そのまま2人目を妊娠し、体型変化が大きくてサイズが合わないという場合もあるようです。

友人ママは「1人目と2人目は予定日が2カ月違うだけだったけど、裏起毛のスカートやタイツは暑すぎて着られなかった」と話していましたよ。

マタニティ服の購入は格安のアウトレットで

ブランド品が安く買えるアウトレット

アウトレットに並ぶのは、キズ物やサンプル品、シーズンオフ商品、型落ち商品、余剰在庫品などです。キズ物を除き、通常店舗に並ぶ商品と同等の品質の商品が、通常価格の3~7割程の価格で購入できますよ。年に数回のセールを狙うと、さらに安く手に入ることもあります。

また、最近では通常品よりも安価な素材を使ったり、工程や色・デザインを限定したりすることで低価格化した「アウトレット専用品」を作るメーカーも多くあります。同じブランドでも、タグの名前や刻印が異なっていたり、プライスカードにアウトレット専売品などの記載があったりしますよ。品質にこだわりたい方は、タグなどでアウトレット専用品かどうかを確認するとよいでしょう。

ネット通販でもアウトレットセールは多い

アウトレットは、郊外によくあるモール型の実店舗だけではありません。楽天市場などのECモール(総合ショッピングサイト)やベルメゾンなどの通販サイトでも、アウトレット品を見つけることができますよ。

楽天市場の場合は、フリーワード検索窓に「アウトレット」と入力することで一覧が確認できます。マタニティ服を検索したい場合には、ジャンルから「キッズ・ベビー・マタニティ」を選び「マタニティ・ママ」に絞ってみてくださいね。中には1,000円以下の商品もあり、掘り出し物を見つけることができるでしょう。

ベルメゾンの場合は、「マタニティ・授乳服」のページに「SALE&OUTLET」のコーナーがありますよ。実績のある通販会社の直販なので、安心して利用できますね。

ラインナップが少ないことが難点

お得に買い物ができるアウトレットですが、利用前にデメリットも知っておきましょう。

アウトレット商品は、シーズンが終わった後の売れ残りや、サンプル品・キズ物などの規格外商品のため、ほしいサイズや色がない場合があります。前述のとおり、アウトレット専売品もあるので、品質や値段は見極めが大切ですよ。

また、通常店舗でのセールの方が、安く購入できる場合もあります。特にシーズン終わりの最終セールでは、80%オフなど大幅値引きがあったり、“◯点以上でさらに◯%オフ”というまとめ買い割引があったりしますよね。

あらかじめ「アウトレットなら、この値段じゃないと買わない」という予算や、ほしい色や品質に対する自分なりのボーダーラインを決めておくとよいでしょう。

コスパ重視でマタニティ服を用意したい

好きなブランドは定期的にサイトをチェック

ブランドによっては、週に一度くらいのペースで新作が入荷され、同じタイミングでセール・アウトレットのページが更新されることが多いようです。こまめにチェックをすることで、気になる商品の値下げにすぐ気づけたり、すぐ売り切れてしまいがちなアウトレット商品をタイミングよく購入できたりしますよ。

実店舗ではシーズンオフの商品が置いていないことも多いですが、オンラインショップであれば、前シーズンの型落ち商品も並んでいるため、お腹が大きくなるのを見越して少し先の季節の服を購入することもできますね。

また、LINEやメールでセール・アウトレット情報が配信されることもあるため、好きなブランド・ショップのLINE登録やメールマガジン登録をしておくとよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事