就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代からのスキンケアの方法!悩みの原因と試してみたいお得な商品

30代からのスキンケアの方法!悩みの原因と試してみたいお得な商品

30代に入ってから、20代までとは違うお肌のトラブルや悩みが出てきたママも増えてきます。さらに育児中は忙しく十分にケアできなかったり、屋外で長時間すごしたりすることもありますね。これまでの方法でよいのか悩むママのために、これから行っていきたいスキンケア、1,000円以下で試せるおすすめのアイテムをご紹介します。

子育て中のママたちのお肌の悩みと原因

30代から増えてくるお肌の悩みとは

今までは大きなトラブルや悩みを抱えることがなかったお肌も、年齢を重ねることでちょっとずつ悩みが増えてきますよね。30代に入り、いつもどおりのスキンケアをしていても、お肌に違和感が出てくることがあります。

お肌に触れたときに、今までよりも何となくごわつくように感じたり、お肌の色がワントーン暗くなったように感じたりという悩みを持つ方が増えてきます。

ママとして子育てを頑張っているから、疲れが出ているのかなと思うかもしれませんが、疲れだけではなく、年齢からこのようなお肌の悩みが出てくることも考えられます。

「小じわが増えた」「気になるシミがある」このようなお肌の悩みも、30代に入ってくると感じる方が増えてきます。

気になる肌トラブルの原因を知ろう

30代に入ると、20代の頃とはお肌の細胞の生まれ変わりのサイクルに変化が出てきます。ターンオーバーと呼ばれているこのサイクルは、20代の頃は28日くらいの周期でしたが、30代に入ると40日くらいの周期に変わってきます。

古い細胞が長く残るため、お肌がごわつき、さらに30代後半になると年齢的に水分量や皮脂量が減るため乾燥ぎみになります。

ママとして子育てが忙しく、洗顔やメイク落としなどが不十分になってしまうこともありますよね。不十分なスキンケアによるダメージは、20代であればターンオーバーで早く修復できますが、30代になると修復に時間がかかり、結果としてお肌の不調やトラブルが長引くということが起こってきます。

子どもとの公園タイムは紫外線対策が大切

子どもと公園などに出かけるときは、つい子どもの支度に時間がかかり、ママのスキンケアにまで手が回らないことも多いですよね。子どもの紫外線対策にばかり気を取られ、ママの紫外線対策ができないまま、子どもに急かされるように出かけるママもいるかと思います。

季節や天候によって、日差しが弱いと油断することもありますが、紫外線がもたらす影響はとても大きく、ママのお肌の悩みのいくつかの原因を作っています。シミの元になるメラニン色素を増やし、バリア機能を低下させ、お肌の乾燥の原因にもなります。

日差しのあまりない季節や天候であっても油断せず、子どもと公園に行くときなどは、ママの紫外線対策も忘れないようにしたいですね。

お肌が元気になるスキンケアの方法

ふわふわの泡で包みこんで優しく洗顔

ママになると子どものケアで忙しく、なかなかスキンケアに時間をかけられないかもしれませんが、洗顔時にはふわふわの泡で包み込むように洗うようにするだけでも、お肌の調子が上向きになることもあります。

泡立てが不十分な状態で洗顔をすると、どうしても手のひらなどがお肌に直接あたり、摩擦によるダメージを受けやすくなります。ふわふわの泡は力を入れなくても汚れが落ちやすくなりますし、ダメージを最小限にとどめることもできます。

短時間でもふわふわの泡での洗顔はちゃんと汚れを落とせますよ。しっかりと泡立てれば少しの洗顔料でもふわふわの泡が作れるため、節約にもなります。円を描くようにくるくると洗うと心地よく、洗顔でリラックスにもなりますよ。

化粧水でしっかり水分補給して美肌効果

洗顔後はお肌がうるおっていると思いがちですが、水分が逃げだしやすい状態になっています。タオルで擦らず、水分をそっと吸い取るように拭き取った後に、すぐ化粧水をお肌に与えましょう。

化粧水を使う場合には、コットンを使う方と使わない方に分かれますよね。

コットンを使うと手のひらに化粧水がしみこまないメリットもありますが、お肌に刺激を与えやすいデメリットもあります。コットンを使うときには優しくパッティングをするようにするとよいですね。

手で化粧水を与えるときには、少しこぼれやすいデメリットもありますが、お肌に手のひらを密着させるようにして、手のひらの熱を利用したハンドプレスでお肌に入れ込むと効果的です。

お肌のうるおいを乳液で閉じこめよう

化粧水で与えたうるおいは、しっかりと閉じこめることが必要になります。うるおいを閉じこめるためには、乳液を使います。朝はつい忙しいので乳液を忘れてしまう方もいますが、化粧水だけでは、水分は蒸発してしまうので、ひと手間を忘れないようにしたいですね。

とくに乾燥しやすい方は乳液にプラスしてクリームを使うとよいかもしれません。いくつも重ねる手間を省きたい方は、オールインワンゲルを利用するのも一つの手です。化粧水で与えた水分を、乳液やクリームで膜を張って、お肌の中に閉じ込めることが、乾燥を防ぐために大切です。

保湿がしっかりとできていれば、メイクのノリもよくなりますし、メイク崩れも起きにくくなり、結果的には手間がかからずに済みますよ。

気軽に試せる1,000円以下の優秀な商品

お肌にうるおいを与える肌ラボ極潤の商品

ロート製薬の肌ラボの極潤シリーズはプチプラでもしっかりうるおうことで人気のシリーズです。肌ラボシリーズにはいろいろなタイプがありますが、30代におすすめなのは、ベーシックなタイプの「肌ラボ極潤 ヒアルロン液」です。

お肌に乗せるとぐんぐんと化粧水がしみこむのを感じられます。

さっぱりした使い心地にすこし物足りなさを感じる方は「肌ラボ極潤α ハリ化粧水」を試してみてはいかがでしょうか。3種類のヒアルロン酸をはじめ、コラーゲンやエラスチンなどエイジングケア成分も配合された濃厚な化粧水で、乾燥が気になる方には特におすすめです。

製薬会社がお肌によい成分だけを選んで開発した化粧水であることが肌ラボ極潤シリーズの特徴です。

顔から全身まで使える日本酒の化粧水

酒造メーカーの菊正宗が作った「日本酒の化粧水」は、高い保湿力が嬉しい化粧水です。ポンプタイプなので、さっと使えて便利です。

酒造メーカーが化粧水?と思うかもしれませんが、日本酒を作る杜氏(とうじ)さんの手がとてもきれいなことに着眼をして作られた化粧水だそうです。ほんのりと日本酒の香りがしますが、時間がたつと匂いは消えてしまうため、気になるほどではありません。

乾燥が気になる方は高保湿タイプのものを選ぶと、よりしっとりとしたお肌を目指せます。ボトルもピンク色で、可愛らしい雰囲気があります。

もともとは全身タイプの化粧水なので、顔だけではなく乾燥が気になる部分に惜しみなく使うこともできます。ぜひたっぷりと使ってみてください。

シミやニキビに効果的なメラノCCの美容液

美容液というと高いイメージがありますが、ロート製薬の「メラノCC」は、1,000円以下で買える薬用美容液です。プチプラでも美容成分はしっかりと配合されています。

お肌のしみやそばかすを防いでくれる美白有効成分の活性型ビタミンCや、お肌の血行を促進させるビタミンE誘導体が含まれています。これから気になるしみやそばかすだけではなく、今気になっているニキビ跡などにもアプローチできる美容液です。

ほんのりとレモンの香りがするさわやかな使い心地です。通販限定などではなく、ドラックストアでも売っているため、気軽に購入できる点も嬉しいですよね。プチプラなのに1本で5~6カ月ももつため、コスパは抜群です。

まとめ

20代から30代へ、年齢を重ねることでターンオーバーも遅くなり、さらに育児の忙しさなど、お肌に与えるダメージは増えていってしまいます。さらにママたちは、子どものケアを優先させることが多く、つい自分のことはつい後回しにしやすいですよね。時間が無くてスキンケアがおろそかになってしまうことも増えてしまいます。

ですが、スキンケアの基本となるふわふわの泡での洗顔や、しっかりと化粧水で水分を与えて乳液で膜をはる保湿は忘れずに、子どもだけではなくママの紫外線対策もしていけるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018