就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人家族に適した洗濯機選び!生活スタイルや機能を重視してみよう

3人家族に適した洗濯機選び!生活スタイルや機能を重視してみよう

「洗濯機」といっても様々な種類がありますよね。縦型式、ドラム式などそれぞれにメリット・デメリットがあり、ライフスタイルや洗濯の頻度によっても最適な容量や洗濯機のタイプが異なるようです。ここでは現在3人家族の方、これから3人家族になる予定の方に最適な洗濯機を選ぶためのポイントを紹介します。

洗濯機の容量を選ぼう!計算方法と注意点

家族構成に合った洗濯機の容量を計算しよう

洗濯機を選ぶときに重要なポイントの一つは洗濯機の容量です。洗濯機は小さすぎると、一度に洗うことができる量が少なくなってしまいます。決して小さな買い物ではありませんし、失敗することなく選びたいものですよね。

家族1人当たりの1日の平均的な洗濯物の量は約1.5kgといわれています。これに家族の人数をかけて計算してみると、だいたいの量が分かると思います。しかし、毛布など大きな物も洗いたい、我が家は洗濯物がたくさん出るなどという場合は大きめの容量を選ぶとよいでしょう。

また、赤ちゃんや小さな子どもがいる場合も洗濯物の量が増えます。赤ちゃんはミルクを吐いてしまったり、小さな子どもはすぐに服を汚してしまったりするので、ママの洗濯の負担が増えることでしょう。

洗濯頻度や生活スタイルも考慮も忘れずに

洗濯機の容量を選ぶときに考慮するポイントは、家族の生活スタイルと洗濯の頻度です。

例えば、洗濯は溜まってから一気に済ませるタイプ、シーツや枕カバーは2日おきに洗濯するタイプ、日中は家にいないので、夜洗濯から乾燥まで一気に済ませたいなど、生活のスタイルの違いや洗濯する頻度は人それぞれです。

赤ちゃんが生まれると洗濯物が増えます。赤ちゃんの着替えの量も、すぐにサイズアウトしてしまうため、そんなにたくさん用意していないという場合は洗濯機を頻繁に回す必要があります。また、雨の日は洗濯物が乾きにくいので、乾燥機がついたタイプだとより安心ですよね。

洗濯機はこの先何年も使用することになる家電製品です。できれば数年後の生活も見越して購入しましょう。

3人家族におすすめの容量は6kgか8kg

3人家族におすすめの容量は6〜8kgです。

先ほどもお伝えしましたが、1人あたり1日に出る洗濯物の量は約1.5kgです。1.5×3人なので、1日に約4.5kgの洗濯物が出るということになります。この数字だけを見ると、5kgの容量でも問題ないのでは?と考えるかもしれません。しかし、天候不順で洗濯ができない日のことや、バスタオルやシーツなどの大物を一緒に洗う可能性、家族が増える可能性などを考慮し、余裕をもって6kg以上の容量があると安心ですよね。

小さい子どもがいると、食べこぼしや泥で服を汚してしまうことや、おねしょなどのハプニングも考えられます。そのため、ちょっと大きめの容量を選ぶとよいでしょう。

縦型式とドラム式の機能の違いで選ぼう

縦型式洗濯機のメリット・デメリット

縦型式はたくさんの水で揉み洗いをするのが特徴です。縦型式洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて価格が安いものが多いため、性能が劣ると思われがちです。しかし、ドラム式にすべての面で劣るわけではなく、ドラム式と縦型式ではそれぞれにメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を押さえてぴったりの洗濯機を選びましょう。

【メリット】
・購入時の価格がドラム式よりも安い
・洗浄力が高い
・縦型式の「ナイトモード」は静か
・洗濯物の投入口が上にあるので、子どもの事故やいたずらの心配が少ない

【デメリット】
・水をたくさん使うので、水道料金がかかる
・ドラム式よりも掃除に手間がかかる
・洗濯による衣類の傷みが多い

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

ドラム式洗濯機は洗濯物を上げて落としてという感じで洗い、乾燥機能がついているものが多いのが特徴です。

【メリット】
・洗うときに必要な水の量が縦型式に比べて少ない
・ほとんどの洗濯機に乾燥機能がついている
・洗濯による衣類の傷みが少ない
・スタイリッシュなデザインが多い

【デメリット】
・購入時の価格が高い
・泥汚れがとれにくい
・縦型に比べてうるさいことが多い

ドラム式の乾燥機能は「ヒートポンプ式」といわれる方式で、電気代もあまりかからず、衣類に与えるダメージが少ないのが特徴です。縦型式洗濯機に乾燥機能がついている場合は「ヒーター式」がとられており、電気代がヒートポンプ式よりもかかってしまい、衣類へのダメージも大きくなってしまいます。

洗濯機購入時は設置スペースを要チェック

洗濯機を購入する前には必ず「防水パン」と呼ばれる設置スペースのサイズを確認しておきましょう。防水パンは、洗濯機を設置するための四角いプラスチック製のスペースのことです。このサイズは、家によって違うので、防水パンのサイズを確認せずに購入してしまうと「せっかく買ったのにサイズが合わなかった…」などということが起こってしまうかもしれません。

通常、ドラム式の洗濯機は縦型洗濯機よりも大きいので、縦型からドラム式に変更する場合は特に注意が必要です。

設置スペースのほかにも、エレベーター、階段、廊下など搬入経路の大きさにも注意しましょう。稀に設置スペースには問題がなくても、洗濯機を搬入するためのスペースがないために設置できないというケースがあるようです。

ママの家事の手間を減らしてくれる人気機種

洗浄力自慢の日立ビートウォッシュシリーズ

それではママに人気の機種を三つ紹介したいと思います。まず最初にご紹介するのは「日立ビートウォッシュ」です。

この洗濯機は縦型式の洗濯乾燥機で、最大12kgの洗濯物に対応できるのが最大の特徴です。そのほかにも、「ナイアガラビート洗浄」「洗濯槽の自動おそうじ」「おしゃれ着コース」などといった機能がついています。

「ナイアガラビート洗浄」は、高濃度の洗剤液を衣類に浸透させて汚れを浮かせ、たたいて、押して、揉み洗い。さらに、上から大量の洗剤液を滝のように散布する「ナイアガラシャワー」で、徹底的に汚れを落とすことができるそうです。

入れた洗剤の種類を自動で見分け、すすぎの回数を決めてくれるのも嬉しいポイントですよね。

洗濯槽の手入れいらずで節水に強いシャープ

シャープの縦型式の洗濯乾燥機には洗濯槽に穴がありません。見えない洗濯槽の裏側ですが、放っておくと、黒カビが生えていることがありますよね。そのカビを除去するのも一苦労です。しかし、洗濯槽に穴がないとカビを心配することなく、いつでも清潔な洗濯槽で洗濯ができます。小さい子どもがいるママには特に嬉しいポイントではないでしょうか。

洗濯槽に穴がないので、節水にもなるのです。11kgの洗濯物を洗う場合、1回の洗濯で2Lペットボトル17本分も節約できるといわれています。

また、水流を加速させて竜巻状になった水で揉み洗いをすることで、高い洗浄力が期待できるようです。そのほかにも、ハンガーを使ってスピーディーかつシワを押さえて乾燥できる機能もついていますよ。

ハイテク機能搭載のパナソニックCuble

パナソニックのCubleシリーズは、なんといっても洗練されたシンプルなデザインが特徴です。この洗濯機が置いてあるだけで、洗面所がおしゃれな空間になることでしょう。

見た目だけではなく、嬉しい機能も充実しています。まずはサイズです。先ほどドラム式は縦型に比べて大きいものが多いとお話ししましたが、Cubleシリーズの中には60cm×60cmのコンパクトな商品があります。「ドラム式は大きすぎてうちには無理」と諦めていたママも、もしかしたらCubleだったら設置できるかもしれませんよ。

そのほかにも、衣類が取り出しやすいように投入口が大きく設計されていたり、ドア全体が開くようになっていたり、作業しやすい設計が施された洗濯機です。

まとめ

今回は3人家族にぴったりな洗濯機を選ぶための情報を集めてみました。

購入時の価格、洗濯できる量、洗浄力、購入後のお手入れのしやすさ、乾燥機がついているかいないか、デザインなど、選ぶときに比較検討するポイントがたくさんあります。数ある商品の中から選ぶのは大変な作業ではないでしょうか。

まずは、あなたのライフスタイルに合わせて、洗濯機に求めることの優先順位をつけていくと分かりやすくなるかもしれませんよ。ぜひ満足できる洗濯機を見つけてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj