就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティでも海へ行きたい!気を付けなければいけないこととは

マタニティでも海へ行きたい!気を付けなければいけないこととは

妊娠中でも「海に行って楽しみたい」という、アクティブなプレママさんもいますよね。しかし、妊娠中に海にお出かけしても、赤ちゃんやママに影響はないのでしょうか。ここでは、妊娠中に海に行くときに気を付けておきたいことや、持って行くと便利なものなどをご紹介します。

妊娠中に注意しなければいけないことは?

海ではさまざまな感染症に注意が必要

夏場は気温が高く蒸し暑いので、「海に行きたい」と感じる方も多いでしょう。妊娠中は体温が高くなり、お腹が大きくなるとより暑さを感じるため「海に入って涼しくなりたい」と、海に行きたくなるプレママさんもたくさんいますよね。

しかし、目では確認できませんが、海のなかにはさまざまな病原体や微生物が潜んでいます。プールのように消毒されているきれいな水ではないので、暑いからと気軽に海に入らないように注意が必要ですよ。

妊娠中はホルモンバランスが乱れるだけでなく、ママの抵抗力が弱くなっています。妊娠中に感染症にかかるとママと赤ちゃんの命に危険が及ぶことがあるため、なるべくリスクを避けられるように行動しましょう。

お腹や腰回りを冷やさないようにする

妊娠中は、お腹や腰周りを冷やさないように注意することが必要です。お腹や腰回りを冷やすと腹痛や腰痛の原因になるだけでなく、血液循環が悪くなってしまいます。

血液循環が悪くなると、血行不良によって子宮が収縮する可能性が高くなります。妊娠中に子宮が収縮すると流産や早産に繋がる危険性があるため、妊娠中はお腹や腰回りを冷やさないようにしましょう。

妊娠中に海に入って体が濡れた場合は、そのまま過ごさずに早めに水着を脱ぐことをおすすめします。濡れたままの水着を着用していると時間が経つにつれて体が冷えてしまうので、血流が悪くなってしまいます。体が濡れた場合はすぐに着替えて、お腹回りをバスタオルなどで温めるのもよいですよ。

妊娠中は足がつりやすくなるので注意

妊娠中は血液循環が悪くなりやすいので、「妊娠してから足がよくつるようになった」と悩んでいるママは多いでしょう。普段から足がつりやすいプレママさんですが、海に入るとさらに足がつりやすくなる可能性があります。

足だけしか海に入っていない状態でも、海水にずっと足を浸けていると体が冷えてきますよね。体が冷えると筋肉が緊張状態になり、足がつったり、こむら返りになったりしやすくなりますよ。

「妊娠してからも足をつった経験がない」という方は安心しているかもしれませんが、普段と違う環境に行くと急に足がつることもあります。海で急に足がつると転倒する危険性があるため、足を浸けるだけでも短時間で出るようにしましょう。

どうしても海に入りたいという場合には?

海へ行くのは日差しが弱い朝や夕方の時間に

「せっかく海に行くのであれば、海に入りたい」というプレママさんもいるかもしれませんね。妊娠中にどうしても海に入りたい場合は、日差しが弱い朝や夕方の時間に行くようにしましょう。

日中の日差しが強い時間帯は、妊娠していない方でも立っているのが辛く感じることがありますよね。妊娠中は体力の消耗が早く疲れやすいので、強い日差しのなかで過ごすと体調不良になることがあります。

抵抗力が弱い妊娠時は、熱中症や日射病にもなりやすいので、日差しが強い時間帯はなるべく涼しい場所で過ごすようにしましょう。朝や夕方でも炎天下の場所に長時間いると体調が悪くなる可能性があるので、「15分ごとに休憩する」などと時間を決めて楽しむようにするとよいですよ。

お腹を圧迫しないマタニティ水着を用意する

妊娠中は、お腹を圧迫することは避けたほうがよいですよね。普通の水着だとサイズがピッタリしてお腹を圧迫する可能性があるので、マタニティ用の水着を用意することをおすすめします。

マタニティ用の水着は、お腹を冷やさないようにビキニタイプではないものが多いです。お腹まで生地があっても圧迫しないように工夫されているため、お腹を冷やすことなく海で過ごせるでしょう。

長時間お腹を圧迫してしまうと、子宮が収縮する可能性があります。子宮が収縮すると流産や早産になる危険性があるため、赤ちゃんのためにも海に行きたい場合は、マタニティ用の水着を着用することが大切ですよ。マタニティ用の水着を着ても、無理はしないように過ごしてくださいね。

妊娠中には足だけ浸かるのがおすすめ

妊娠中に感染症にかかると、ママや赤ちゃんの命に危険が及ぶ可能性がありますよね。海は楽しいところではありますが、妊娠しているママの体は抵抗力が弱い状態なので、足だけ浸けて楽しむようにするほうが安心でしょう。

妊娠中に体を海水に浸けてしまうと、ママの膣内から病気に感染するリスクがあります。海水に入らないだけで防げる病気は多いので、赤ちゃんのためにも足だけで我慢することが重要ですよ。

また、海水浴場にはシャワー室があるところも多いですよね。シャワー室でもさまざまな病気に感染する危険性があるため、妊娠中は使用を控えましょう。ペットボトルに水を入れておくと、海水に浸かったあとに足を洗えてよいですよ。

妊娠中に海に行くときあると便利なグッズは

ビーチパラソルや簡易テントで日焼け予防を

夏場は日差しが強いですが、海に行くと炎天下のなかで過ごすことが多いため普段よりもしっかり日焼け対策をすることが大切です。妊娠中はお肌が敏感になっているので、強い日差しを浴びすぎると肌荒れを起こすので注意しましょう。

浜辺での日焼け予防には、ビーチパラソルや簡易テントなどを活用するとよいですよ。妊娠中の体はさまざまな変化を起こしているため、普段よりも体調不良になりやすい状態です。自分は元気だと思っていても、無理をすると熱中症や日射病を起こす危険性があるので、できるだけ直射日光を浴びないように過ごしましょう。

体調が少しでもおかしいと感じたら、涼しい場所に移動して休息を取りましょう。暑いときは、首や脇の下を保冷剤で冷やすと効果的ですよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事