就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?知っておきたい対処法

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?知っておきたい対処法

「いつになったら夜泣きから解放されるのだろう?」「夜泣きの時期をどうやって乗り切ればいいか分からない!」と思っているパパママは多いはずです。そこで、夜泣きの対処法や、イライラしてしまった時の対処法、ママたちが実践している寝かしつけ方法やグッズなどをご紹介します。

夜泣きとは?いつ始まっていつまで続くの?

『夜泣き』ってどういうこと?

「毎晩、1時間置きに泣かれて…、どうしていいのかわからない!」というママも多いと思います。夜泣きは「成長の証」とはいうものの、毎晩、頻繁に泣かれて、対応するママの気持ちにもなってほしいですよね。

そもそも、「夜泣き」ってどういうことでしょう?

「夜泣き」とは「夜中にはっきりした原因がないのに泣く」ことをいいます。

ミルクもいっぱい飲んだし、オムツも濡れていない、やっと寝たと思っていると泣き出す。でも、泣いたからといって、ミルクを飲ませようとしても飲まずに泣き続けたり、オムツを替えても泣き止まなかったり、という現象です。

体調が悪いとか、部屋が暑い、寒いなど、原因がある場合は「夜泣き」とは言わないそうです。

夜泣きするのはいつからいつまで?

昼間はとっても元気なのに、夜になると毎晩大泣きする。「夜泣きっていつまで続くんだろう?」と不安になるママも多いはずです。

個人差がありますが、夜泣きは、生後6ヵ月~1歳頃始まり、1歳~1歳6ヵ月頃に終わるとされています。でも、生後3ヵ月頃から夜泣きが始まる子もいますし、2歳でも夜泣きが続いている子もいます。

「夜泣きはいついつまでに終わるもの」と決まっているならば、ママも「頑張って付き合おう!」という気持ちにもなると思いますが、夜泣きには個人差が大きく、しかもいつ終わるか、全く先が見えないので、不安になるママの気持ちはよく分かります。特に仕事をしているママは、気持ち的にも、体力的にもきついでしょうね。

夜泣きしない赤ちゃんもいる?

毎晩、赤ちゃんの夜泣きに付き合っていると「夜泣きしない赤ちゃんっているのかな?」、「夜泣きをしない赤ちゃんって、どんな育て方をしてるんだろう?」などど思うママもいるのではないでしょうか。

夜泣きをしない赤ちゃんは、います。夜泣きをしない赤ちゃんは2~3人に1人と言われています。半分よりは少ないですが、すごく珍しいという程ではないです。

夜泣きをしない赤ちゃんのママも、それはそれで「発達上の問題があるのかな?」などと不安があるようですが、全く問題はありません。

そして、夜泣きをしないからといって特別な育て方をしているわけでもないようです。「ママと布団で寝た方が夜泣きをしない」、「ミルクの方が夜泣きをしない」など言われていますが、確実ではありません。

ひどい夜泣きを乗り切る方法と対策

すぐにできる効果的な対処法

「昼間はかわいい赤ちゃんだな~と感じることが多いけど、夜泣きが続く時は悪魔に見える」と友人ママは言っていました。ひどい夜泣きを経験したことがあるママは、同じ気持ちではないでしょうか。

そんなひどい夜泣きを乗り越える対処法をいくつか紹介したいと思います。

まず、お腹がすいていなくても、哺乳瓶やおっぱいを吸わせると安心して眠るようです。また、ビニール袋のカシャカシャの音はママのお腹にいた時の音に似ているので、聞くと眠る赤ちゃんが多いとか…。

その他に、ワインをテイスティングする要領で水を「シュルシュルシュル」とする、顔にふーっと息を吹きかける、ずーっと抱っこでユラユラする、車に乗せてドライブに出る、などが効果があるようです。

ママが日ごろからできる準備

夜泣きが始まってから対応するよりも、未然に防げる方法があるとありがたいですよね。そこで、夜泣きの防止のために、ママが日ごろからできる準備を紹介します。

まず、大切なのは赤ちゃんが眠れる環境を整えることです。ミルクでお腹いっぱいにする、オムツを替えるのはもちろん、布団や衣類を清潔にする、空調を調節するなど、赤ちゃんが快適に眠れる環境を整えましょう。

そして、昼間は元気に遊ばせましょう。屋外でおもいっきり体を使って遊ぶのがよいですね。

規則正しい生活をするのも大切です。早起きをして、太陽の光を浴びましょう。そして決まった時間に食事、昼寝、散歩などをしましょう。寝かせる時に絵本を読む、子守唄を歌うなどのルーティンを作るのも効果ありだそうです。

コリック対策で夜泣きにサヨナラ?

夜泣きとは違いますが、何をしても泣き止まない状態で「コリック」という症状があります。黄昏泣きとも言われ、夕方になると泣き出します。

コリックの原因のひとつとして考えられているのが「ミルクの消化不良による腸の不快」です。消化器官が未熟な赤ちゃんはお腹にガスがたまりやすく、不快に感じて泣いてしまうと考えられています。

コリックの対策としては、おなかが張っている時は優しくマッサージする、便秘をしている時は水分を多めに飲ませるなどがあります。コリックで泣き出してしまったら、散歩に行ったり、お風呂に入って気分を変えるなどもおすすめです。

コリックも赤ちゃんの成長と共に、段々おさまっていきます。

コリックの対策は、夜泣きする赤ちゃんのためにもよさそうです。

イライラしてしまった時の対処法

もう限界!というママのイライラ対策

夜泣きが続くと、段々イライラして「もう限界!」などと思ってしまうものです。そんなイライラを少しでも和らげるための方法をご紹介します。

まず、少しならば、泣かせておきましょう。赤ちゃんの安全を確保して、別室などに移動しましょう。少し離れるだけでママの気持ちが落ち着くこともあります。

そして、赤ちゃんが寝ている時は、一緒に眠ることです。家族のことや、家事など、やらなければならないことがあるのは分かります。でも、時には自分の体と気持ちを最優先しましょう。

家族がお休みの時は、赤ちゃんを誰かに預かってもらいリフレッシュしましょう。保育所の一時保育などに挑戦するのもいいですね。少し離れるだけで「赤ちゃんが愛おしくなった」というママも多いです。

見守るスタイルに切り替える方法

日本では「泣いたらすぐ抱っこ」というママが多いですが、海外ではどうなのでしょう?

アメリカでは、赤ちゃんが生まれる前から赤ちゃんの部屋を用意し、早いうちから一人で寝かせています。夜、赤ちゃんが泣いても、別室からベビーモニターで赤ちゃんの様子を確認し、少したって見に行きます。

そして赤ちゃんのオムツを替えたり、ミルクをあげたり、それでもまだ泣いているようならば、近くで見守ります。

眠るまで声掛けをしたり、トントンしたり。これを繰り返すことで、赤ちゃんは一人で眠れるようになってくるそうです。

夜泣きの対応は家庭によって様々だと思います。色々試して、赤ちゃんとママが疲れないよい方法が見つかるといいですね。

旦那さん対しての心がけ

夜泣きをしている赤ちゃんの隣でいびきをかいて寝ているパパ。夜泣きで起こされると「いつまで泣かせてるんだ!」なんて人ごとみたいに言ったり。

ママがイライラする気持ちはよく分かりますが、そうすると赤ちゃんは余計に泣いてしまいます。

夜泣きの時ばかりは、パパには別で寝てもらい、ママが対応するスタイルの方がよいでしょう。ママが助けてほしい気持ちは、パパには十分に伝わっていると思います。

「夜泣きは、パパに頼らない!」と決めてしまえば、パパにイライラすることもなくなるので、ママも比較的落ち着くと思います。パパには、時間がある時にママの育児や家事のサポートをしてもらえるといいですね。

どうしてもパパにイライラしてしまう時は、はっきり言いましょう。気持ちを伝えることは大事です。

赤ちゃんの夜泣きに薬って使っていいの?

夜泣きのお薬の種類と選び方

「薬の力を借りて、夜泣きを軽くしたい」と考えるママもいるかと思います。ここでは夜泣きの薬を紹介します。薬ですので、医師や薬剤師に相談した上での使用をおすすめします。

夜泣きの薬は2種類あります。医薬品とその中の漢方薬です。

ドラッグストアなどで市販されている漢方薬は、原則1歳以上での使用となっていますので、3ヵ月以上1歳未満の赤ちゃんには日本独自で漢方処方された和漢薬がおすすめです。

夜泣きの薬には、赤ちゃんの昼間の興奮や夜の不安を緩和させて、安心して眠れるように誘導する作用があります。また、副作用の少ない動植物由来の生薬が有効成分となっていて、胃腸の機能を正常にし、身体の調子を整える作用などもあります。

夜泣きに効果のある和漢薬

市販されている夜泣きに効く和漢薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

もしかしたら、パパママも飲んだことがある方がいるかもしれません。「宇津救命丸」や「樋屋奇応丸」が有名です。どちらも赤ちゃんの夜泣きに効果がある小さな丸剤です。

宇津救命丸と樋屋奇応丸は配合されている成分に違いがあります。宇津救命丸には8種類、樋屋奇応丸には4種類の生薬成分が配合されています。

どちらも「銀粒」「金粒」「糖衣」と3種類あり、銀粒は基本の処方、金粒は銀粒の成分が増量されたもので効きが強く、糖衣は甘くコーティングされていて飲みやすくなっています。

共通の主な作用としては、精神安定、強心、鎮静、抗炎症などです。

夜泣きに効果的な漢方薬

満1歳を過ぎても夜泣きがおさまらない子には、漢方薬も効果的です。漢方薬は症状だけを見て決めるのでなく、体質によって合う薬が違います。

それぞれの体質に合ったものを選んでくださいね。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」は元気な体力が中等度以上で、神経のたかぶりが強く、怒りやすい、イライラしやすい赤ちゃんに、「桂枝加竜骨牡蛎湯」は胃腸が弱く体力が中等度以下で、疲れやすく、神経過敏で、興奮しやすい赤ちゃんにおすすめです。

その他、「抑肝散加陳皮半夏」、「小建中湯」、「甘麦大棗湯」、「酸棗仁湯」などがあります。いずれも、1歳以上から服用可能で、生後3か月未満は使用不可です。3か月以上1歳未満の赤ちゃんの場合は薬剤師や医師に相談してください。

強い味方!赤ちゃんが泣き止む動画

動画を見せる前の心がけ

「これがあれば、泣き止む!」というものがあるとママもうれしいですよね。最近では、動画を活用しているママも多いです。

ですが、スマホで赤ちゃんに動画を見せる時には注意しなければならないことがあります。

まず、長時間のスマホはよくありません。未熟な赤ちゃんや子どもの目にはブルーライトは悪影響と言われています。視力低下にもつながります。音だけで泣き止むならば、画面を見せなくてもよいでしょう。

また、いつもスマホで動画を見ていると、スマホがないと泣き止まなくなってしまう赤ちゃんもいます。

そして、動画を見せても毎回泣き止むとは限らないので、動画に頼りきりにならず、スキンシップを楽しんだり、一緒に遊ぶなど視点を変えてみることも必要です。

赤ちゃんが泣き止む動画5選

ママたちはどんな動画を赤ちゃんに見せているのでしょうか?

まず、「砂嵐」。テレビの放送時間が終了した時に放送される映像です。「砂嵐」はママのお腹の中の音に似ていると話題になりました。「砂嵐」の音を聞くだけで、落ち着き、泣き止む赤ちゃんがいるそうです。

そして、赤ちゃんと遊ぶときの定番「いないいないばぁ」です。野菜が登場する「いないいないばぁ」がおすすめです。

「タケモトピアノ赤ちゃん泣き止み動画セット」も好きな赤ちゃんが多い動画です。

「しろめちゃんのうた」、「ムーニーちゃんのおまじない」も泣き止むと有名な動画です。楽しい歌やキャラクターのやわらかい動きが赤ちゃんの興味を引くのかもしれません。

ママも一緒に癒される自然の音

自然の音を寝かしつけの音楽にしているママも多いようです。では、どんな音楽なのでしょうか?

「海の波音」や「雨音」、「小川のせせらぎ」などを寝かしつけの音楽にしているようです。こんな音楽ならば、赤ちゃんの寝かしつけの間、ママも一緒に癒されますよね。

「海の波音」などを流しながら、ゆらーゆらーと抱っこしていると、赤ちゃんはスヤスヤ…。

自然の音には、人間の耳には聞こえない超音波が含まれています。これを脳が感知し、α波が出ることでリラックスできます。特に「海の波音」はママの胎内音に似ていて、胎内回帰したようにリラックスできるということです。

ママも自然の音に癒されながら、赤ちゃんと一緒にウトウトしてしまいそうですね。

入眠儀式にも使える!頼れるお助けグッズ

何故か泣き止む『カフカくん』

多くの赤ちゃんが「どうしてか分からないけど、泣き止んでしまう」動画があります。「ふかふかかふかのうた」という動画です。

菓子メーカーのテレビCMですが、赤ちゃんが泣き止む効果を意識的に盛り込んで、科学的な根拠に基づいて作られているそうです。0~3歳児の52名を対象にした実験では、96.2%の子どもが「ふかふかかふかのうた」を見て泣き止んだという結果が出ています。

科学的根拠があるならば、赤ちゃんが泣き止むのも納得しますね。そして、かわいいカフカくんは赤ちゃんにとって、とっても魅力的なのだと思います。入眠儀式として「カフカくんを流したら、眠る」というのが段々、分かってくるとママもうれしいですね。

親子で楽しむ『プロジェクターライト』

「いつも寝る時、部屋を暗くすると泣いてしまう。」「部屋を暗くしてもなかなか寝ない。」なんていう赤ちゃんもいるのではないでしょうか?そんな赤ちゃんにはプロジェクターライトがおすすめです。

お部屋がスクリーンに変身し、可愛いキャラクターや美しい自然の風景などが楽しい夢の世界へ連れていってくれます。親子で一緒に横になって楽しめ、リラックスできるのもよいですね。

心が和む映像を大好きなパパママと見ることは、赤ちゃんの情緒を安定させます。そして入眠のルーティンとしてもプロジェクターライトはピッタリです。

特に、海のプロジェクターライトは夜泣きの軽減に効果があるようです。海の波をイメージしたライトと自然の音で、赤ちゃんだけでなくパパママも夢の中へ誘います。

アメリカで大人気!ベビーシュシャー

旅行や帰省など、お泊りで出掛ける時にも入眠儀式として使えるものがあるといいですよね。

「ベビーシュシャー」は、持ち運びが簡単で、赤ちゃんの入眠を誘うグッズです。 「ベビーシュシャー」の音を聞くと、泣いている赤ちゃんは短時間でリラックスして泣きやむそうです。

これはアメリカの小児科医の理論に基づいて設計されています。泣いている赤ちゃんの60cm以内に「ベビーシュシャ―」をおき、スピーカーを赤ちゃんの方へ向けて使います。はじめは泣き声よりも大きな音で流し、赤ちゃんがリラックスしてくるのにあわせて音を小さくすると、段々、眠くなるようです。

外出先や公共の場所など、使う時と場面によってボリューム調節ができ、 切タイマーが付いているのもうれしいですね。

絶妙な浮遊感!赤ちゃんが喜ぶアイテム

電動もあって高機能!『ハイローチェア』

ハイローチェアとは「ゆりかご」のような椅子のことです。赤ちゃんを乗せて揺らしたり、背もたれを倒して簡易ベッドとして、または、背もたれを起こしてベビーチェアとして使える便利なアイテムです。ベビーラックとも呼ばれていますね。

ハイローチェアーを寝かしつけに利用するなら、ゆりかごのように揺れる「スウィング機能」に注目です。「スウィング機能」には電動と手動があります。

電動は楽ですが、価格が高いというデメリットがあります。一方、手動はスウィングが疲れますが、ママや赤ちゃんの好みの速さやタイミングでスウィングできるメリットがあります。

また、毎日使うものですので、背もたれのシートやカバーが洗濯できるものがよいですね。

軽量で持ち運びに便利!『バウンサー』

赤ちゃんは揺れることで安心し、泣き止んだり、眠ったりしてくれます。バウンサーは、ママが家事をしている間など、赤ちゃんを揺らして機嫌をとったり、寝かしつけをしてくれる便利なアイテムです。

1台持っているとお昼寝だけではなく、1人遊びや食事にも活用できます。

バウンサーは、赤ちゃんの動きに合わせて揺れるベビーチェアです。赤ちゃんを寝かせたり座らせたりできるほか、おもちゃを付けて遊べるタイプもあります。またテーブルを取り付けることができるタイプもありますので、食事をさせることもできます。

バウンサーは、座面が上下に揺れる「バウンシング」タイプと前後または左右に揺れる「ロッキング」タイプがあります。また、ママでも軽々持ち運びができるところがうれしいです。

寝かしつけに特化!『LaLaCoチェア』

赤ちゃんが寝るまで、立ちだっこでゆらーゆらー。寝かしつけが長時間になってしまうとママはヘトヘトですよね。

そんなママを助けるアイテム「LaLaCoチェア」は座りだっこで赤ちゃんをあやすことができる椅子です。夜泣きで起こされてしまっても、立ちだっこでウロウロと歩き回る必要はありません。

ずっと抱っこであやすことができるので、赤ちゃんに安心感を与えることができるそうです。座面には自動車のサスペンションと同等のスプリングを実装しています。

体重で座面を押し込むことで、スプリングの反動でふわふわした揺れを起こします。心地良い上下の揺れで赤ちゃんを眠りに誘います。モニタリングでは約3分で赤ちゃんの寝かしつけに成功したそうです。

まとめ

夜泣きは赤ちゃんがいる多くの家族が経験するものです。でも、毎晩、泣き止まない赤ちゃんを見ているとママとしての自信もなくなってしまいますよね。

ママも人間ですから、イライラして当然です。でも、できるだけ落ち着いて夜泣きに対応するように心掛けましょう。赤ちゃんにイライラは移ります。

夜泣きの対策は色々あります。赤ちゃん、家族に合った対策を選んで試してみて下さい。きっと、ママが色々試しているうちに、赤ちゃんは成長し、いつかきっと夜泣きもおさまりますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR