就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

沐浴後に毎回泣くのはなぜ?お風呂後の赤ちゃんの機嫌をよくするには

沐浴後に毎回泣くのはなぜ?お風呂後の赤ちゃんの機嫌をよくするには

赤ちゃんが快適に過ごせる沐浴後ケア

赤ちゃんのしっとりお肌を優しくスキンケア

沐浴後に赤ちゃんができるだけご機嫌で過ごせるように、沐浴後のケアはしっかりとしたいですね。まずは、赤ちゃんのデリケートな肌を保護するために、保湿剤を塗って優しくスキンケアをしましょう。

沐浴後は皮脂が洗い流されていますから、肌が乾燥してしまうでしょう。肌が乾燥しないように、沐浴後は保湿剤を全身に塗るとよいですよ。ママが赤ちゃんをマッサージするようにベビーローションや乳液など保湿剤をつけたらスキンケアもできますし、赤ちゃんもリラックスできるでしょう。

保湿は沐浴後5分以内に行うと効果的であり、しっとりお肌になるようです。赤ちゃん用の保湿剤は種類がたくさんありますから、赤ちゃんの肌に合うものを選んでつけるとよいですね。

おへその消毒はしっかり丁寧に

多くの新生児はへその緒がおへそについた状態で退院します。生まれてから1~2週間ごろまではへその緒がまだついていますから、そこから雑菌が入ってしまうと危ないですよね。

そのため、沐浴後にはおへそを消毒して感染を予防するようにと産院で指導を受けることでしょう。ただし、最近ではおへそを消毒しなくても、沐浴後におへそに残った水をきれいに拭けば大丈夫といわれることもあるようです。

どちらの対応にしても、おへそを清潔な状態に保つことには変わりはありません。赤ちゃんは自分で清潔に保つことはできませんから、沐浴後にママが消毒をするか、おへそについている水分を綿棒などで拭き取るかして、常に清潔を保ちたいものです。

耳ケアと爪切りは必要に合わせて

沐浴後に赤ちゃんの耳が濡れていたり、汚れが耳の入り口に出ていたりしていたら、耳の入り口付近を優しく拭きましょう。赤ちゃんの耳の穴は小さく浅いですから、綿棒を耳の中まで入れると耳を傷つけ感染症を起こす危険もありますから気をつける必要がありますね。

また、赤ちゃんは爪が伸びるのが早いですよね。長い状態のままでは爪と指の間に雑菌が入りやすくなりますし、赤ちゃんやママを傷つけてしまう可能性もあります。ですから、適時爪切りをする必要があるのです。沐浴後は爪が柔らかくなっていますから切りやすいですよ。

ただ、赤ちゃんが沐浴後に大泣きしていたら、耳のケアや爪切りをするのは難しいかもしれません。赤ちゃんの機嫌を見ながら、臨機応変に対応しましょう。

まとめ

赤ちゃんが沐浴後に泣くのは、お湯に入って気持ちよくて眠くなったり、のどが渇いたり、外に出て寒く感じたからかもしれませんね。沐浴後に素早く不快に感じていることを取り除いたら、泣き止んでくれるでしょう。

泣き止むようにとママが優しく話しかけたり、水分補給をしたりして、沐浴後のケアもすれば赤ちゃんもご機嫌になるでしょう。外の世界に出てまだ間もない赤ちゃんですから、色々なことに慣れるのも大変なのです。ママは動じずに落ち着いて対応することで、赤ちゃんがご機嫌で過ごせるとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND