就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳児が爪切りを嫌がる!考えられる理由や対処法、おすすめの爪切り

3歳児が爪切りを嫌がる!考えられる理由や対処法、おすすめの爪切り

赤ちゃんが生まれてからしている爪切り。小さい爪を切るのは大変ですが、3歳児では爪切りをするといっただけで嫌がられることもありますね。子どもが嫌がる爪切りをどうしたらスムーズにできるのでしょうか?爪切りを嫌がる理由や対処法、おすすめの爪切りを知って、子どももママも気持ちよく爪切りをしましょう。

3歳児によくある!爪切りにまつわる悩み

爪を切ろうとすると泣いたり暴れる

子どもの爪はあっという間に伸びますよね。子どもの伸びた爪が割れないように、爪が伸びて自分や他人を傷つけないように、できるだけ早めに切りたいものです。

子どもに「爪切りをしよう」といって、素直に「うん」といってもらえればよいですが、「いや~」といいながら逃げ回られたり、泣かれて暴れられたりしたら困ってしまいます。3歳児ともなると嫌がり方も激しくなりますし、一苦労です。

また、3歳児になると色々な状況も分かってきますから、無理やりするのはさらに爪切りを嫌いにさせてしまう可能性があります。嫌がる子を無理やり押さえつけても、子どもの指を切ってしまいそうでママもドキドキしますよね。スムーズに爪切りをするには工夫が必要なのです。

3歳児が爪切りを嫌がる理由

どうして爪切りを嫌がるのでしょうか?3歳児が爪切りを嫌がるのは「手を切られそうで怖いから」「痛いから」という理由があるでしょう。実際には爪には神経が通ってないので痛くないはずなのですが、爪を切るのを見ていたら手を切られているようで痛く感じるのでしょう。

「手を強く押さえるのが痛い」という理由もあるようです。子どもの手が動かないようにしっかりと持ちますよね。そうして手を強く持たれるのが痛いというのです。

使っている爪切りがてこ型であれば、「パチッ」という音がしますよね。その音が怖くて嫌という子もいるのです。3歳という時期は、反抗期ですので、はっきりした理由もなく爪切りを嫌がるという可能性もありますね。

深爪の経験がトラウマになっている場合も

爪切りを慎重にしても、ときには切りすぎてしまうこともあるでしょう。大人でも爪を切りすぎて深爪になってしまうと痛いですよね。

3歳児でも深爪になって一度でも痛い体験をしたら、再び同じように痛いことをされるのではないかと思ってしまうのでしょう。「爪切りは痛いこと」となってしまい、暴れたり泣いたりして拒否するのです。

泣いて暴れて嫌がられた経験のあるママは、子どもが深爪の経験があるか思い出してみてください。ママが考えているよりも、子どもは長い間覚えているのかもしれません。

深爪の経験がトラウマになっている場合もあるのです。ですから、痛い思いをさせないように、上手に爪を切る努力が必要になってくるのです。

イヤイヤ3歳児の爪を上手に切るコツ

「爪切り屋さんごっこ」などのごっこ遊び

3歳児になるとごっこ遊びが好きな子が多いですよね。お店屋さんになったり、駅の車掌さんになったり、自分の好きなものになって遊ぶのです。

大好きなごっこ遊びの中でなら、爪切りもスムーズにさせてくれるかもしれません。子どもと一緒に「爪切り屋さんごっこ」をしてみてはどうでしょう?

子どもにお客さんになってもらい、ママがネイリストになって、爪の手入れをするように爪を切るのです。ママも「お客さま、どのような爪にいたしますか」などといって、ネイリストになりきってくださいね。

特に女の子は、おしゃれや可愛いものに興味を示す時期ですので、喜んでしてくれるかもしれません。爪切りへの誘い方が違うだけで、スムーズにできるのです。

歌やテレビで気をそらせながら切る

美容院に行くと、子どもの好きなDVDを見せながら髪をカットしてくれるところがあります。子どもの気をそらせている間に髪をカットするのですね。

爪切りもそれと同じように、ママが指に関する歌を歌いながら楽しい雰囲気を作ってすることや、子どもの好きなテレビを見ながらすると、スムーズにさせてくれるかもしれません。子どもは爪を切る瞬間を見ることで怖がるのですから、そこを見せないようほかに意識を向けるのです。

もちろん、手を強く押さえてもだめですよ。子どもの気をそらせるには、その子が好きで興味のあるものに意識を向けてみることが必要になります。子どもの好きなことをして気をそらせながら、試してみてはいかがでしょうか。

マネっこ大好きには、見本を見せる

3歳児は自分の興味のあることを真似することが大好き。面白い言葉をきくと真似して何度も話すことがありますよね。

そんなマネっこ大好きさんには、ママがパパの爪を楽しそうに切っているのを見せてみましょう。パパも爪を切った後に「あ~、気持ちよかった」などと嬉しそうにいうと、「私もやって」といってくるかもしれませんよ。

楽しそうにしているパパの姿をみたら、爪切りは怖くないんだと安心してくれるでしょう。パパでなくても、好きなぬいぐるみの爪切りをしてみせてもよいですね。

爪切りした後は「すごいね。爪切りが上手にできたね。ママ嬉しいなぁ」などとたくさん褒めてあげましょう。褒められたら次からスムーズに切らせてくれるかもしれませんよ。

イヤがる3歳児におすすめの爪切り

赤ちゃん用の爪切りばさみを使う

3歳児の爪を切るときは、どんな爪切りを使っていますか?赤ちゃんの場合は、赤ちゃん用の爪切りばさみを使いますよね。大人はてこ型の爪切りを使うことが多いと思いますが、爪切りばさみとてこ型とどちらを使っていますか?

爪切りを嫌がる3歳児には、赤ちゃん用の爪切りばさみがおすすめです。爪切りばさみで切ると「パチン」という音はしませんし、切った爪が飛んでいくこともありません。「パチン」という音や飛んでいく爪が怖いという子もいますので、爪切りばさみの方がよいのです。

3歳児にとっては、てこ型よりも爪切りばさみの方が慣れ親しんでいる形でもありますね。ママも赤ちゃんの爪を切るときから使っていますから、使いやすいでしょう。

削るタイプの爪ヤスリを使う

爪を切るのがどうしても難しいというママは、爪ヤスリを使ってみてはどうでしょうか。爪を削ることで短くするので怖がられることも少ないと思いますよ。

爪ヤスリは色々な種類や柄のものがありますので、子どもの好みに合わせて選んでもよいですね。一回使ったら捨てる使い捨てタイプのものや、やすりが電動で回転して削るタイプのものなどがあります。

子どもの爪が小さいですから、小さめの爪ヤスリが使いやすいでしょう。洗って何度でも使えるガラス製もありますので、好みのものを使ってみましょう。

爪を削るのですから、時間がかかりますが、切りすぎずに安全に行うことができます。子どもが爪を削られているとは分からない間に削れるのもうれしいですね。

好きなキャラクターを取り入れる

3歳児になると好きなキャラクターがある子がほとんどです。子どもによって好みが違いますが、自分の好きなキャラクターがついているものは大好きで、身の回りにあると喜ぶ子が多いですよね。

自分の好きなキャラクターの爪切りであれば、喜んで爪を切らせてくれるかもしれません。現在は色々なキャラクターのものが売っていますので、子どもと一緒に買物にいって自分で選んでもらってもよいですね。

好きなキャラクターのシールを利用する方法もあります。子どもの爪や手にキャラクターのシールを貼って、ママが話しかけながら爪を切ってみましょう。シールの方に意識がいって、嫌がらずに爪切りをさせてくれますよ。終わってからシールをあげたら、さらに喜んでくれそうです。

まとめ

3歳児は色々なことが分かり始めて自己主張が多くなる時期ですから、子どもが嫌がることをするのは大変なときです。爪切りはその代表的な行為で、嫌がる子も多く、自分の手を切られるように感じたり、音が嫌だったり、手を押さえられるのが嫌だったり、様々な理由があるようです。

その嫌という気持ちを受け止めつつ、気をそらしたり、爪切りを変えたり、好きなキャラクターを取り入れて工夫してみましょう。子どもが嫌がることなく楽しく、ママも楽に爪切りができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018