就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

なぜチャイルドシートを後ろ向きに付けるの?理由や種類と便利グッズ

なぜチャイルドシートを後ろ向きに付けるの?理由や種類と便利グッズ

後ろ向きチャイルドシートに合う便利グッズ

鏡で「見えない」を改善!

チャイルドシートを後ろ向きにした場合、後部座席に座る場合はよいですが、運転席や助手席に座るとどうしても子どもの様子をチェックすることができません。「大丈夫かな?」と心配になるママも多いでしょう。

後部座席の背もたれやヘッドレストに鏡をつけることで、子どもの様子が鏡に映り、その様子をバックミラーで確認することができますよ。運転席や助手席から鏡の角度調整をすることはできないので、大きいサイズの鏡で広範囲をカバーできるものがよいでしょう。

また子どもが楽しめるように、鏡にぬいぐるみがついているものや、ライトや音楽機能がついたものなど、いろいろなタイプの鏡が販売されています。鏡自体もガラスを使用しない安全設計のものもありますよ。

泣かないように1人遊び用のおもちゃを

パパやママの顔が見えず、泣き出してしまう子もいることでしょう。1人で遊ぶことができるおもちゃを取り付けることで、楽しんで移動をすることができますよ。

チャイルドシートにアーチ状に取り付けることができるものだと、いろいろなおもちゃがついているので飽きることもありません。手を伸ばして触ることもできます。クリップ式になったおもちゃのなかには、叩くと音がでるものもありますよ。

多くのものはベビーカーにも取り付けられるようになっています。車の中でも外出先でも使えるのは嬉しいですね。お気に入りのおもちゃがある場合は、チャイルドシートで使えるようにするストラップをつけたり、紐やリボンを上手に使ったりする方法もありますよ。

保冷シートやサンシェードで暑さ対策を

とくに夏場は車内にエアコンをつけていても、車から降ろすときに子どもが背中にたくさん汗をかいていてびっくりした、という経験があるママも多いようです。保冷シートやサンシェードを利用することで、暑さ対策をしてあげてくださいね。

保冷シートを入れるポケットがついたものを、チャイルドシートに取り付けることができるようになっている商品があります。保冷シート自体もジェル状になっていて硬くならず、子どもが違和感を感じることもありません。中には保冷専用だけでなく、レンジで温めることで冬場も使用できるタイプもあります。

チャイルドシート自体にサンシェードがついているものもあります。ついていなくても、窓にカーテンをつけることで、子どもを日差しから守ることが可能です。

まとめ

チャイルドシートは子どもを守る大切なものです。使用方法を間違うと万が一のときに子どもを守ることができなくなってしまいます。

ある程度体がしっかりするまでは、後ろ向きのチャイルドシートを利用しましょうね。いろいろな種類のチャイルドシートが販売されているので、各ご家庭の利用頻度などにあったものを選んでください。

またおもちゃや保冷シートなど、便利グッズも上手に活用して、チャイルドシートに座っていても快適な環境を作ってあげてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND