就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

沐浴後の新生児に適したタオルは?肌に優しく使いやすいものを選ぼう

沐浴後の新生児に適したタオルは?肌に優しく使いやすいものを選ぼう

沐浴後の新生児に使うタオル選びは、ママやパパの大切な仕事の一つです。敏感な赤ちゃんの肌に直接触れるものだからこそ、肌に優しいタオルを選びたいですよね。そこで、沐浴後に使うタオルに適した素材について解説するとともに、サイズや形、扱い方についてもご紹介します。

沐浴後に使うタオルに適している素材とは

赤ちゃん用のタオルは素材にこだわりたい

生まれて間もないの赤ちゃんの肌は敏感です。肌トラブルも多く、夏はあせも、冬は乾燥肌で苦しむ赤ちゃんは多くいます。

ママの中には、大人が使ったタオルを赤ちゃんに使っても大丈夫だと考えている人がいるかもしれません。しかし、赤ちゃん用のタオルは素材にこだわりたいものです。

ママやパパが使っているバスタオルの中には、赤ちゃんの肌を傷つけてしまうものがあります。肌がかぶれてしまったり、バスタオルで擦れて赤くなったりしたら、かわいそうですよね。

また、沐浴後の赤ちゃんならフェイスタオルでも代用できるのではないかと思われるかもしれませんが、こちらもあまりおすすめできません。赤ちゃんよりも大きなもので、体全体を包むことができるタオルを用意しましょう。

赤ちゃんの肌に優しいコットン

新生児に使うタオルを選ぶなら、コットンがおすすめです。コットンだけで作られたタオルであれば、肌に優しくて吸水性にも優れています。

ガーゼよりも厚みがあって目も細かいので、デリケートな赤ちゃんの肌を優しく包んでくれることでしょう。特に、オーガニックコットンのタオルを選べば、アトピーの原因となる有害な物質は使われていません。生まれたばかりの赤ちゃんの肌にも安心して使えます。

オーガニックコットンとは、認証機関が認めた農地で農薬や肥料の基準を守って育てられたコットンのことをいいます。栽培から仕上がりまで化学処理がされていないので安心です。弾力性に優れたオーガニックコットンのタオルは、何度洗っても優しい肌触りが続きます。

吸水性があり乾きやすいガーゼやワッフル

ガーゼは高い吸水性と肌触りの柔らかさが特長なので、お風呂用のタオルとしてよく使われます。濡れてもすぐに乾くことから、オールシーズンの使用に適した素材です。

ガーゼでできたタオルは柔らかい上に薄いので、折りたためばカバン入れて持ち歩いても邪魔にはなりません。2枚重ねや3枚重ねのガーゼで作られたタオルがあるため、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

でこぼこした生地のワッフル織りのタオルもおすすめです。肌に触れる面積が少ないので、汗をかいたときでもべたつくことはありません。乾きやすいワッフルであれば、タオルを長く清潔に保つことができます。柔らかくて高い吸水性があるワッフル織りのタオルだからこそ、赤ちゃんの肌にふさわしいといえるでしょう。

サイズや形によって様々な使い方ができる

おくるみやシーツにも使える長方形

タオルは、サイズや形によって様々な使い方ができます。おくるみやシーツとしても使いたいときには、長方形のタオルがおすすめです。

長方形のタオルは、沐浴後の赤ちゃんの体をすっぽり包むことができます。縦が70cm、横が120cmの長方形のタオルであれば、新生児のときだけではなく赤ちゃんがある程度成長してからでもずっと使えて便利です。

長方形のタオルは、沐浴後の赤ちゃんの体を拭くときだけではなく、様々な用途にも使えます。外出するときのおくるみとしても使いやすく、敷き布団の上のシーツや掛け布団の代わりとしても大活躍することでしょう。

多くの場面で活躍する長方形のタオルは、子育てに重宝するものの一つです。購入を検討してみてくださいね。

赤ちゃんの体を拭きやすい正方形

沐浴後の赤ちゃんの体を拭くときには、正方形のタオルが使いやすくて便利です。使い勝手がよいので、多くのママが利用しています。

お風呂から出て赤ちゃんを寝かせるときには、バスタオルをひし形になるように置きます。四隅を折りたたむと、赤ちゃんの体全体を包みながら拭くことができて便利ですよ。

ママ1人しかいないときでも、正方形のバスタオルは使い勝手がよいかもしれません。赤ちゃんの全身をくるんでおけば、ママの体を拭いてからお世話をしても湯冷めすることはないでしょう。

正方形のベビータオルは、60~90cmのものが多く販売されています。もちろん、沐浴後の赤ちゃんの体を拭くときだけではなく、お出かけ時やお昼寝のときのおくるみとして使うこともできますよ。

デザインが豊富で長期間使えるフードつき

沐浴後のタオルは少なくとも3~4枚は用意しておいた方が無難ですが、その中の1枚はフードつきのベビータオルを選ぶとよいかもしれません。デザインが豊富で、子どもが大きくなっても使えるので便利です。

フードつきのベビータオルは、フードが赤ちゃんの頭の大きさに合わせて作られているので、濡れた髪を簡単に覆うことができます。

フードの部分がうさぎやクマさん、ワンちゃんなどの動物の顔がデザインされたベビータオルなら、動物に変身できてかわいいですよ。

沐浴後の赤ちゃんを頭まですっぽり包むことができるフードつきのベビータオルは、素材やデザインが赤ちゃんに適したものがほとんどです。ボタンがついてポンチョのようになるものもあります。

沐浴後に使うタオルの扱い方とは

新しいタオルは水通ししてから使おう

お風呂上がりに使うタオルを新たに購入したら、使う前に水通しをした方がよいでしょう。水通しをしないと、赤ちゃんが肌トラブルを起こす可能性があるからです。

水通しとは、新たに購入した衣類や布製品などを使う前に水洗いすることをいいます。水通しをするとタオルについた糊などを洗い流すことができるので、水を吸いとる力が高くなります。肌触りもアップして赤ちゃんの肌を優しく包んでくれるので、ぜひ水通しをしてくださいね。

また、ホルマリンを取り除く効果も水通しにはあります。防虫効果があるホルマリンは、赤ちゃんの肌には刺激が強すぎて肌トラブルの原因になる物質です。ベビータオルにはホルマリンが含まれていないことがほとんどですが、赤ちゃんのために水通しをしてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC