就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとお絵描きを楽しもう。 必要な準備と紙に描く以外の方法まで

子どもとお絵描きを楽しもう。 必要な準備と紙に描く以外の方法まで

「子どもとの遊びにお絵描きを取り入れたいけれど、いつからできるのだろう」「部屋や服が汚れずにお絵描きできる方法はあるのかな」など、お絵描きに関する疑問があるママもいますよね。お絵描きにはたくさんのメリットがありますので、準備を整えて親子で楽しく取り組みましょう。

色に興味を持ったらお絵描きを始めてみよう

お絵描きデビューの目安は1歳前後

1歳ごろの子どもは簡単な言葉の意味を理解できるようになり、「ママ」や「ワンワン」などの単語を話し始める時期です。目に入ったものはなんでも興味を持ち、少しずつ自我が芽生え始めます。色々なおもちゃで遊んだり、お絵描きをしたがったりする子どもも多いでしょう。

一般的にお絵描きデビューの時期は、生後9~12カ月ごろが多いそうです。5~6カ月ごろになるとしっかりとおもちゃを持つことができるかと思いますが、お絵描きができるほど強く握ることは難しいでしょう。

身体の成長とともに握力がつき始め、1歳前後になるとしっかりとクレヨンやペンを握ることができるようになります。自分でしっかりと握れるようになってから、お絵描きデビューする子どもが多いです。

お絵描きにはたくさんのメリットがある

特にお題を決めずに子どもにお絵描きをさせた場合、子どもによってお絵描きの対象となるものや色使いが異なりますよね。お絵描きをするときは頭の中のイメージを実際に描いて表現する必要がありますので、自己表現力や想像力を養うことができますよ。

また細かい部分を色分けしたり、狙いを定めた場所に絵を描いたりする必要がありますので、指先を動かす練習ができるでしょう。お絵描きを通じて指の動かし方を学ぶことで、脳の発達にも役立つかもしれません。

ほかにも色や形を認識する感覚が身についたり、集中力がアップしたりなど、お絵描きには様々なメリットがありますよ。洋服や部屋が汚れてしまうこともあるかと思いますが、子どもと一緒にお絵描きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

描かれるもので成長も感じることができる

一般的なお絵描きデビューは1歳前後だといわれています。お絵描きを始めたときは点々や棒線など、なぐり描きのような絵が多いですよね。この時期は何か目標を決めて描いていることは少なく、自分の手の動きに合わせて線が描けるという行為自体を楽しんでいる子どもが大半だそうです。

子どもの成長とともに、なぐり描きだった絵にも変化が訪れます。2歳ごろになると、子ども自身の好みが出始めます。様々な色を使って描いたり、お気に入りの一色を使って塗りつぶしたりなど個性が出ます。

3~4歳になると丸や三角などの形が描けるようになり、自分の描いたものに名前をつける子どももいます。頭から手足が生えた人間を描くのもこの時期が多いですね。

子どもとお絵描きを楽しむための準備

お絵描きグッズは安全なものを選ぼう

一口にお絵描きグッズといっても、商品によって対象年齢や目的が異なっていて、どれを選べばよいのか悩んでしまうママもいますよね。基本的には子どもの年齢に合っていて、安全に遊べるものを選びましょう。

例えば1歳の子どもだと色鉛筆では細すぎて上手に握れなかったり、誤った使い方をして体に刺さったりして怪我をする可能性もありますよね。子どもの年齢に合っていないと、怪我やすぐに飽きてしまうケースがありますので注意が必要です。

肌が弱い子どもや口におもちゃを入れたがる子どもの場合は、安全な素材でできているものを選ぶとよいですよ。植物由来やミツロウなどの素材でできているものであれば、万が一口にいれたとしても害が少ないと考えられるでしょう。

思いっきり描ける場所を作ろう

小さな紙や限られたスペースでお絵描きをしていて、お絵描きに夢中になるあまり、洋服や部屋が汚れてしまうこともありますよね。洋服や部屋が汚れてしまうと、掃除の手間が増えてイライラしてしまうこともありますよね。そんなときは思いっきりお絵描きができる場所を作るとよいでしょう。

どんな工夫をしているのか実際にママに聞いたところ「ビニールシートを敷いてその上でお絵描きをさせている」「大きな模造紙を用意して思いっきり描けるようにする」「紙以外には描かないとルールを決める」などの意見が挙げられました。

後片づけや掃除を楽にするためには、大きな紙をたくさん用意したり、お絵描きのスペースを決めたりすることが大切だといえるでしょう。

苦手な場合は楽しみながら取り組めるものを

子どもの性格や得意なことには個人差があり、様々な色を使ったり、描いた絵を使って発明家のように作品を作ったりする子どももいれば、お絵描きが苦手な子どももいます。

苦手な子どもの場合は自分の思いどおりに絵が描けず、お絵描きを苦手と感じているかもしれません。無理に描かせようとすると、かえってお絵描きが嫌いになってしまいますので注意しましょう。

例えばゾウの絵を描くときは鼻や耳など特徴を考えて、それぞれの部分を分けて描くことが多いですよね。お絵描きが苦手な子どもの場合は、どこから描けばよいのか分からないのかもしれません。まずは線や丸、三角などを描いて、それらを組み合わせて描く練習をしましょう。楽しみながら行うことがポイントですよ。

紙にお絵描きだけじゃない!色々な楽しみ方

描かなくても塗ることを楽しむ

小さな子どもやイヤイヤ期の子どもだと、上手に絵が描けなくて怒ったり泣いたりしてお絵描きを中断してしまうこともありますよね。せっかくクレヨンや画用紙を揃えたのに、楽しく遊んでくれないと悲しくなってしまうママもいるでしょう。

そんなときは、絵を描かなくても塗って楽しめるお絵描きグッズがおすすめです。塗り絵シートと水を入れて使うペンのセットであれば、乾くと色が消えるので繰り返し遊ぶことができますよ。これなら絵を描くことが苦手な子どもであっても、色を塗って楽しく遊ぶことができるでしょう。

またあらかじめ塗るものが描かれている塗り絵の本もおすすめです。ざっくりとした大きなデザインで描かれていますので、小さな子どもでも飽きずに塗り絵ができますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事