就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の虫刺されどうすればいい?虫刺されの症状や対処法・予防策

乳児の虫刺されどうすればいい?虫刺されの症状や対処法・予防策

新生児期を過ぎると、少しずつお散歩を始める赤ちゃん。特に夏場は虫刺されが気になるところですよね。大人でもかゆいのにあんなに小さな赤ちゃんが刺されてしまったら、ママはどうしたらいいのでしょうか。そして、赤ちゃんが虫に刺されないためにできることが、きっとあるはずです。

赤ちゃんの虫刺されの原因や症状

赤ちゃんは虫に刺されやすい

夏場に刺されやすい虫と言えば、蚊が多いですよね。夏場は蚊の産卵の時期となるため、植物からは得られないたんぱく質を求めて動物の血を探しています。だから刺されやすくなるというわけです。

蚊が好む理由には、体温と湿度が関係すると言われています。赤ちゃんが大人よりも体温が高めなので、体温が大人よりも高く汗をよくかく赤ちゃんは狙われやすいんです。

また、蚊には二酸化炭素を見つける力があるそうです。体の大きな大人の方が二酸化炭素をたくさん出しているように思いますが、呼吸数が多いために赤ちゃんが狙われることが多くなってしまうんだとか。

赤ちゃんだけに限りませんが、蚊は色の濃さを認識できるそうですので黒や茶色など暗い色は狙われやすくなります。

赤ちゃんの虫刺されの症状

赤ちゃんの皮膚はとても薄いため、大人よりもかゆみが強く感じられるそうです。まだ免疫力も低いので、腫れなども強く出てくることが多いようです。赤ちゃんは虫に刺されたことをママに伝えることができません。そのため、急に不機嫌になることもあります。

かゆくなるのは、アレルギー反応が起きているからだそうです。蚊などの血を吸う虫は、刺す時に痛みが分からないように麻痺させる成分も注入しているといいます。なので、刺されたことに気づきにくいんですね。他の虫に刺された場合は、痛みがあることが多いようです。

また、刺された場所の腫れがひどくなると、固いしこりのようになってしまいます。こちらは、元からアレルギー体質だと固いしこりになりやすいそうです。

病気につながることもある

蚊が病原菌を持っている場合、感染症を引き起こしてしまうことがあります。近年ニュースでも取り上げられていた、デング熱や日本脳炎などがそれにあたります。

日本脳炎は予防接種によってリスクを減らすことはできますが、初回接種は3歳からが標準的な接種スケジュールとなっていますので赤ちゃんには注意が必要です。

他にも、「とびひ」と言われている皮膚の感染症になってしまう場合もあります。かゆみを我慢することができない赤ちゃんが、虫さされを引っ掻いてしまい、その傷から黄色ブドウ球菌が体内に入ってしまうと、虫に刺された場所以外にも炎症が広がっていってしまいます。

保育園など集団生活をしている赤ちゃんは登園ができなくなる所が多いので気を付けましょう。

虫に刺された時の対処法や薬の使い方

虫刺されの基本的な対処法

もしも、刺されたことがすぐに分かった時は、洗い流すことが有効なようです。赤ちゃんは伝えることができませんので難しいかもしれませんが、すぐに洗い流すことができれば、少しでも炎症を抑えることができます。

他には、冷やすことで腫れやかゆみの症状を抑える効果があるそうです。

先ほどもお伝えしましたが、掻きむしることでとびひになってしまう可能性があります。それを防ぐために、低月齢でしたらミトンをしておくと傷ができにくくなります。

使用できる月齢になっていたら、市販の虫刺され用の塗り薬や、貼るタイプもあります。ママ友は貼るタイプをよく使用していました。掻きむしることもなくなりますし、好きなキャラクターのものを貼ってあげると喜んでいました。

薬を使っても大丈夫?病院へ行く必要は?

市販の薬は、生後1カ月から使用できるものも販売されています。初めて使用する時はアレルギーの心配もありますから、薬剤師さんに相談したり、医師に処方されたものがいいかもしれませんね。

月齢が低いほど、病院を受診した方が安心です。たかが虫刺され…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、嘔吐や呼吸が苦しそうな症状がでた時は、アナフィラキシーショックの可能性もあるそうです。他にも、腫れが強かったり刺された箇所が多かったり、治らない時などはお医者さんに相談してみてください。

かかりつけの小児科を受診するのがよいと思いますが、時期によってはインフルエンザや胃腸炎などが流行っていることもありますので、小児科を避け、皮膚科を受診するのもよいでしょう。

蚊・ハチ・ムカデ・ダニに刺されたとき

蚊に刺された場合は、ママの判断で市販の薬で対処することができるかもしれませんが、他の虫に刺された場合はどうでしょうか。

ハチに刺された場合、毒による症状と毒によってアレルギーを引き起こす症状とがあるそうです。針を取り除く必要があり、アレルギー反応があるかもしれませんので、すぐに病院を受診する必要があります。

症状の出方が少し違いますが、ムカデに噛まれた時もハチに刺された場合と同様に対処する必要があります。

ダニの中でもマダニに気を付けてください。マダニを手で払ってしまうと、口だけが皮膚に残ってしまい、手術が必要になる場合もあるそうです。吸血後には感染症の危険があるそうなので、やはり早めに病院を受診することをおすすめします。

赤ちゃんを虫に刺されないための予防策

赤ちゃんを刺されにくくする

体温が高く汗をよくかく赤ちゃんが狙われやすいので、こまめに汗を拭いてあげることで刺されにくくなるそうです。あせもの予防にもなるので、こちらはぜひ実践してみてくださいね。

なるべく肌を出さないようにしてあげることも大切です。夏場のお散歩などは、直射日光を避ける意味でも長袖を着せたり、ブランケットをかけたりするだけでもいいと思います。

また日本に多くいる蚊は、夕方に近づくにつれて活発に動き出すと言われていますので、お散歩の時間を午前中にしてみてはいかがでしょうか。蚊や虫が多くいる、水たまりや茂みも避けたいですね。

乳児の間はベビーカーに乗っていることが多く、活発に動くことも少ないのでママが気を付けてあげてくださいね。

虫が近づかないようにする

夏場はエアコンで温度調節ができるので、閉め切ってしまえば虫は入ってきません。でも、赤ちゃんにはなるべくエアコンを使いたくはないですよね。

そんな時は蚊帳がおすすめです。ベビーベッドにかぶせられるものや、テント式になっているものが売られています。テント式は、ムカデなどの虫も侵入してくることができないそうです。

夕方など涼しくなると、空気の入れ替えなどで窓の開け閉めがあるかと思いますが、網戸を閉めるようにして蚊の侵入を防ぎましょう。

ダニは、風の通らない湿気のある場所が好きなのだそうです。晴れた日は押入れを開けておいたり風が通るよう工夫しておきたいですね。汗をかきやすい赤ちゃんの寝具も、こまめに洗濯したり干したりしてあげましょうね。

虫除け剤って使っても大丈夫?

昔ながらの蚊取り線香から、アロマを使った虫よけ剤まで、様々な商品が販売されています。用途や月齢にあわせて使いわけてくださいね。

蚊取り線香や電子蚊取り機などは、赤ちゃんにけむりが直接あたらないよう気を付け、手の届くところに置かないようにしましょう。

外出時には、直接肌に付けるスプレータイプやクリームタイプなどがあります。シールになっているものは、洋服に貼ったりベビーカーに貼ってもいいですよね。

使用できる月齢や使用回数なども決まっているものが多いですが、小さな赤ちゃんには、天然ハーブや天然成分由来のオーガニックの虫除けスプレーがおすすめです。殺虫効果などはないようですが、肌が敏感な赤ちゃんには安心して使用できます。

まとめ

新生児期を過ぎればお散歩にも行くでしょうし、普段のお買い物など外出は増えてきます。ずっと室内にいるわけにはいきませんよね。できる予防法はぜひ試してみてくださいね。

刺される虫によって対処も変わってくるかと思いますが、いざという時に適切な処置ができるよう調べておくといいですよね。

虫よけグッズや虫刺されによる対処方法は、月齢によっても変わってきます。赤ちゃんを守るためにも月齢にあった対応を覚えておきたいものですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018