就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

お宮参りのママの服装を決めよう!選び方のコツと注意点をご紹介

お宮参りのママの服装を決めよう!選び方のコツと注意点をご紹介

お宮参りは出産後に訪れる、赤ちゃんと家族の一大イベントですね。初めてのお宮参りにどんな服装をしたらよいのかと、不安になっているママも多いのではないでしょうか?この記事では、お宮参りにふさわしい服装の選び方や、その注意点をまとめています。お宮参りの服装選びの参考にしてくださいね。

お宮参りにふさわしい服の選び方のコツ

日本人の正装である着物は間違いない

神社に参拝に行くお宮参りには、「これを着なくてはならない」といった決まりというものはありません。ですが、家族で統一感のある服装にすると、まとまりが出て素敵ですよ。

このときに、日本人のフォーマルウェアである着物を着ると場の雰囲気にもなじむので間違いはありませんね。

ママが着る一般的な着物の種類は、「訪問着」「色無地」「付け下げ」です。お宮参りの場合、黒留袖を着用するのが本来の形ですが、最近は赤ちゃんに着せる着物の色や柄との相性を考えて着物を選ぶママも多くなっています。

ただし、お宮参りの主役はあくまでも赤ちゃんであることを忘れないでくださいね。したがって、派手な色や柄は避けて控えめで上品な着物で赤ちゃんを引き立てましょう。

授乳できるワンピースで母らしさを演出

お宮参りに行くタイミングとして多いのは、産後1カ月のころではないでしょうか?ですが、この産後1カ月の時期は、ママの体はまだまだ調子を取り戻せていません。そんなときに、普段気慣れない着物を着るなどすると、いつも以上に疲れやすくなってしまうのです。

そこでおすすめしたいのがワンピースです。体に負担をかけないワンピースなら実際は着心地が楽なのに、見た目にはフォーマルな雰囲気に見えるので便利ですよ。特に授乳口のついたワンピースなら、赤ちゃんが急におっぱいを欲しがって泣き出してもスムーズに対応してあげられます。

あまりスカート丈の短いものは場の雰囲気になじまないので、上品に着られるようなものを選びましょう。

今後も何かと使えるスーツは便利

フォーマルスーツをお宮参りに着ていくというママも多いようです。スーツの場合は、やはり着物に比べて動きやすく、前開きのブラウスや授乳用のトップスを合わせることで授乳もしやすくなります。

また、子どもが複数いるママの場合、上の子たちの面倒を見る必要もあるため、比較的汚れを気にしなくてもよいスーツは人気があるようです。

ただし、産後に体型が変わっている可能性があるので、もしかしたら産前から持っていたスーツではサイズが合わなくなっているかもしれません。その場合に、スーツを新調するとコストがかかるのはデメリットですが、スーツはお宮参りの後も七五三や入園式、卒園式など活躍の場が多いので1着は持っていると便利です。

お宮参り用の服選びをする上での注意点

着物に慣れていない場合は授乳時間に注意

自分で着つけのできるママなら授乳の際に着崩れしても直せるので問題ありませんが、それが難しいママは授乳時間をしっかり計算しておきましょう。

着物を着つけてもらってからお宮参りが終わるまで、4~5時間ほどかかる可能性があります。着つけの前に授乳を済ませて、神社につく前にミルクをあげると赤ちゃんも満腹でお参り中はスヤスヤ寝てくれるでしょう。

授乳時間が空くと、ママもおっぱいが張ってしまって辛いので、なるべく授乳の感覚が空かないように工夫することが必要となりますね。着つけや授乳のことを考えると、着物を着るというのはなかなかの大仕事ですが、記念写真はずっと残るものなので「思い切って着物を着てよかった」という感想を持つママも多いですよ。

カジュアル過ぎる格好は浮く可能性大

授乳が楽にできるように…と思うと、ラフなTシャツやジーンズ、スニーカーを着用したくなってしまいます。ですが、お宮参りにカジュアルすぎる服装ではその場の雰囲気から浮いてしまいます。

お宮参りの服装に関して、着物やスーツなどフォーマルな装いでなくてはいけないという決まりはありません。ですが、神社は神様がいらっしゃる場所ですので、最低限の礼節をもって伺いたいものですね。

もし、どうしても正装の用意が間に合わないなどの事情があれば、シンプルなブラウスにひざ丈のスカート、オーソドックスなパンプスなど手持ちの服装の中でも上品にまとまるように工夫してみましょう。ジャケットを羽織るだけでもフォーマル感を演出できますよ。

産前の服は早めにサイズチェックをしよう

お宮参りに着ていく洋服で、産前から着用していたものを着ようと思っているママは、早めに一度サイズチェックをしておくことをおすすめします。お宮参りがたいだい産後1カ月のタイミングになることを考えると、体型が完全に元に戻っていない可能性があるためです。

妊娠中に増えた体重は産後に少しずつもとに戻っていくものですが、個人差があり、産後半年くらいかけて戻ったという声もあります。妊娠中に大きくなったお腹の皮膚がまだたるみとして残っていたり、授乳中でバストが大きくなっていたりといったことが考えられますね。

直前になって「着られる洋服がない!」と慌てることのないように、あらかじめサイズチェックをしておくと安心です。
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版