就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

オキシ漬けでキッチンがピカピカに!ママに嬉しい簡単活用術と注意点

オキシ漬けでキッチンがピカピカに!ママに嬉しい簡単活用術と注意点

近年、SNSやブログなどで「オキシ漬け」が話題となっています。洗剤に漬けておくだけで汚れが簡単に落ちる手軽な掃除方法といわれていますが、実際にどのように行えばよいのでしょうか。今回は、「オキシ漬け」とはどういったものなのか、オキシ漬けを活用した簡単掃除術、オキシ漬けの注意点を紹介します。

キッチン掃除に大人気のオキシ漬けとは?

オキシ漬けと呼ばれる掃除のやり方

「オキシ漬け」とは、簡単にいうと「オキシクリーン」という洗剤を使った「漬け置き洗い」のことです。

オキシクリーンはアメリカ生まれの洗剤で、洗濯のほか、お風呂、洗面所などの掃除にも使うことができます。40~60℃程度のお湯で溶かして、洗いたいものを漬け置きするだけなので手軽ですよ。

例えば、キッチンのシンクを使ってオキシ漬けを行う場合、シンクに栓をしてお湯をため、お湯4Lに対して付属のスプーン1杯ほどのオキシクリーンを溶かします。

汚れの程度などにもよりますが、1~2時間程度漬け置きしたあと栓を抜いてオキシ液を流し、軽くこすりながらすすげば汚れを落とすことができます。シンクごときれいになるので一石二鳥ですね。

オキシ漬けに使用する洗剤について

オキシ漬けに使用するオキシクリーンは、過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムが混ざった「酸素系漂白剤」に分類される洗剤です。

キッチンの掃除によく使われる重曹やセスキ炭酸ソーダと同じ弱アルカリ性の洗剤で、油汚れやたんぱく質汚れを落とすのに適しています。トイレやお風呂の黒ずみ汚れにも最適ですよ。

また、オキシクリーンは日本版とアメリカ版では成分が違い、アメリカ版には界面活性剤が含まれています。アメリカ版はお湯で溶かすと泡がモコモコと出るため、より洗剤らしい印象があります。

漂白剤ではありますが塩素は配合されていないため、刺激臭がなく安全に使うことができます。色柄物の衣類を洗濯するときにも使えるなど、用途が広いことが魅力です。

酸素系漂白剤がキッチン汚れに強いわけ

酸素系漂白剤はオキシクリーン以外にも様々な商品が発売されています。例えば、粉末の酸素系漂白剤もオキシクリーンと同様、弱アルカリ性です。

アルカリは油と反応して一種の石けんを作る性質を持っています。油を水に溶けやすい状態にするだけではなく、石けんとして働かせることで洗浄力が高まるのです。

また、アルカリには食べこぼしや血液、皮脂に含まれるたんぱく質を分解する性質もあります。アルカリ性の洗剤は油とたんぱく質がメインのキッチン汚れに最適といえるでしょう。

さらに、酸素系漂白剤の成分である過炭酸ナトリウムは、水に溶かすと酸素が発生して泡を出す性質があります。発泡効果で汚れが浮きやすくなるため、ほかのアルカリ性洗剤よりも効果が高いといえそうです。

早速始めてみよう!オキシ漬けキッチン掃除

水漏れしない排水口の蓋のやり方

シンクにお湯を張ってオキシ漬けをしようとしても、シンクの排水口に蓋がなかったり、蓋はあるけれど水が漏れてしまったりすると思うように漬け置きできません。

シンクの蓋をビニール袋に入れ、できるだけ空気を抜いた状態で結んでから排水口にセットしましょう。お湯を張ると空気がたまって浮き上がってくるというときは針などを使って空気を抜く穴をあけるとよいですね。

また、ゴミ受けバスケットのなかにビニール袋を入れ、そのなかに水をためたビニール袋を入れて栓をするという方法もあります。水を入れた袋は空気をしっかり抜いてから結びましょう。

ホームセンターや通販でシンク用の栓を購入してもよいでしょう。色々なサイズがあるので、排水口の大きさを確認してくださいね。

子どもの食器もまとめて漬け込み開始!

シンクにお湯が張れたらオキシクリーンを溶かしてください。お湯4Lに付属のスプーン1杯が規定量です。

お湯の温度は40~60℃が適温で温度が高いほど洗浄効果が高くなりますが、シンクの素材や漬け込みたいものによって温度を調節します。オキシクリーンはやや溶けにくいので、棒などを使ってしっかり溶かしましょう。

シンクに直接振り入れてもよいですが、ボウルなどの小さな容器で溶かしてからシンクに入れる方法もおすすめです。溶け残ったりムラができたりするのを防ぐことができます。

食器や魚焼きグリルなど、きれいにしたいものをまとめて漬け込みましょう。陶器類はもちろん、プラスチックにも使えますので子どもの食器も入れられますよ。

オキシ漬け効果を発揮するためのポイント

オキシ漬けをしたけれど思うように効果が出ないという場合は、お湯の温度や漬け込む時間を変えてみましょう。適した温度や漬け込み時間を選ぶことで効果がより発揮されますよ。

オキシクリーンを溶かすお湯の温度は40~60℃で、40℃のときよりも60℃の方が洗浄効果は高くなります。油汚れがついた五徳などの場合、温度が高い方が溶けやすいため60℃での漬け込みが適しているでしょう。

しかし、たんぱく質は熱が加わると固まる性質があるため、60℃では落ちにくくなる可能性があります。こぼれたミルクを拭いた布巾などを漬け込むなら50℃以下がおすすめです。

また、漬け込み時間が短いと効果が発揮されません。漬け込み時間は20分以上を目安にするとよいでしょう。

失敗しないために気をつけること

作業をするときは手袋を忘れずに

オキシクリーンは、たんぱく質を分解し、油を溶かす性質を持つアルカリ性の洗剤です。粉末状態のオキシクリーンや溶かしたお湯に直接触れると手が荒れることがあります。

特に、お湯の温度が高いときは火傷する可能性もありますので注意が必要です。使うお湯の温度が高いときは棒などを使って作業するのがおすすめです。

さらに、アメリカ版のオキシクリーンは界面活性剤を含んでいるため手肌への負担が大きくなります。作業をするときは手袋を使用し、できるだけ直接触らないようにしましょう。

また、粉や液が手についたときはヌルヌルとした感覚がなくなるまでしっかり洗い流してくださいね。アルカリを中和する弱酸性のハンドソープなどを使って洗うのもよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC