就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが笑うとどんな影響がある?赤ちゃんの笑いと成長の関係

赤ちゃんが笑うとどんな影響がある?赤ちゃんの笑いと成長の関係

赤ちゃんの笑顔を見ていると、きついことや辛いことがすべて吹っ飛んでしまいます。なにがあってもこの笑顔を守ってあげようと思いますよね。どうやら、この赤ちゃんの笑顔は、周りの大人だけでなく、赤ちゃん自身にもよい影響がありそうです。赤ちゃんの笑いと成長の関係についてまとめていきます。

赤ちゃんの笑いと成長の関係を知ろう

赤ちゃんが笑ういろいろな理由

赤ちゃんは、親しい人の顔を見たり目が合ったりすると、にっこり笑い返してくれることがありますよね。あやしたりしてあげると、機嫌がよくなってニコニコしてくれます。

これは、赤ちゃんが、周囲とのコミュニケーションをとろうとしている証拠です。赤ちゃんはまだ言葉を話すことができないので「嬉しいよ」「楽しいよ」「もっとやって」という気持ちをうまく伝えることができません。その気持ちを笑顔で表現しているのですね。

また「本能で笑っているのだ」という考え方もあります。赤ちゃんの笑顔を見ていると、周囲の大人は「守ってあげたい」「大切に育ててあげたい」という気持ちが強くなりますよね。赤ちゃんの笑顔は、生きていくための、自己防衛本能なのかもしれません。

変化していく赤ちゃんの笑い

生まれてすぐの赤ちゃんは、自分で意識して笑うことはありません。視力がまだ弱いので、周囲の様子に反応して笑うことはできないのです。

この時期の笑顔は「生理的微笑」「新生児微笑」「生理的微笑反射」などと呼ばれます。心から笑っているわけではなく、神経反射によって顔の筋肉が伸縮していたり、表情を作るための筋肉が発達していくための過程であったりします。

これに対して、3カ月を過ぎる頃になると、周囲の様子に反応して笑う姿が見られるようになります。これは「社会的微笑」や「あやし笑い」などと呼ばれ、感情としての笑いだと考えられます。視力がついてきて、周囲の大人の区別がつくようになり、「嬉しいな」「もっと遊んで欲しいな」という気持ちの表れだと思われます。

赤ちゃんの脳や体の成長

発達初期の赤ちゃんにとって、生まれてから数ヶ月は、とても大切な時期です。この時期の赤ちゃんの視覚・聴覚・運動神経は、周囲の刺激によってどんどん発達していきます。ですから、成長に合わせて、適度な刺激を与えてあげるとよいですよ。

一緒に遊んであげたり、喜ぶことをしてあげたりして、たくさん笑いを引き出してあげましよう。これが気持ちのよい刺激となり、体の神経組織や脳の発達を促してくれますよ。赤ちゃんの笑いは、脳や体の成長にもよいのですね。

赤ちゃんは学ぶことに貪欲だといわれます。周囲の様子や変化を敏感に感じ取って、どんどん成長していきますよ。よりよい刺激を受け続けることによって、集中力や積極性、感情などが育っていきます。

赤ちゃんが笑うと体に起きる影響

赤ちゃんの脳のシナプスが増える

脳の神経細胞同士のつながりを、シナプスと呼びます。このシナプスが増えれば、脳は発達していくということになります。シナプスの増加は、2歳前後がピークなんだそうですよ。

シナプスは「体を動かしているとき」「おしゃべりをしているとき」「寝ているとき」などに増えるのだそうですが、「笑っているとき」にも増えるのだそうです。「寝る子は育つ」「笑う門には福来たる」ということわざがありますが、これらは、子どもの脳の発達について大切なことを伝えていたのかもしれませんね。

笑えば笑うほどシナプスの連結が進み、脳が活性化するということになります。脳が活性化すると、想像力が豊かになり、考える力がつき、判断力が育ちます。やがて、言葉を話す力なども育っていきますよ。

赤ちゃんの免疫力があがる

周囲から受ける刺激によって、赤ちゃんの免疫システムは成長していきます。生後6カ月頃に受ける刺激は特に重要だそうですよ。免疫力を高めるのにも、赤ちゃんの笑いが刺激として一役買ってくれています。

笑ったり喜んだりすると、免疫システムによい影響を与えるホルモンが大量に分泌され、よくない影響を与えるストレスホルモンの分泌は抑えられるのだそうです。専門家の研究によると、笑いによって、がん細胞を攻撃する細胞も活性化されるのだそうですよ。ただ笑うだけで、こんなに体を強くしてくれるのですね。

赤ちゃんが笑うと周りの大人も嬉しくなりますよね。嬉しくなると、大人にも体によいホルモンが分泌されて、免疫力が上がります。赤ちゃんの笑いは、家庭全員を健康にしてくれるのですね。

ストレス解消や良好な人間関係をはぐくむ

「オキシトシン」というホルモンを知っていますか?「幸せホルモン」「思いやりホルモン」「愛情ホルモン」などと呼ぶ人もいます。その名のとおり、自分自身や周囲を幸せにしてくれるホルモンです。

このオキシトシンは、スキンシップをとったときや笑ったとき、気分がよくなったときなどに活性化することが分かっています。だから、赤ちゃんとスキンシップしながら一緒に笑うことで、大量に分泌されるということになりますね。

このオキシトシンは、ストレスを解消する効果があります。ストレスを解消することで、情緒が安定し、イライラすることも少なくなります。

また、他者への信頼感を高める効果もあります。オキシトシンは、良好な人間関係をはぐくむ手助けもしてくれるのですね。

赤ちゃんの素敵な笑いを引き出す方法

五感を使ってたくさんの刺激を与える

赤ちゃんは、生後間もない頃から人の顔や声に反応しているといわれます。よく意味は分からなくても、その刺激はちゃんとインプットされているのですね。赤ちゃんは、五感すべてを使って周囲の刺激を集めようとしているのです。

ですから、話しかけたり、スキンシップしたり、周囲の様子を見せたりして、たくさんの刺激を与えてあげることは大切です。息を吹きかけたり、コチョコチョしたり、音楽を聴かせたりするのもよい刺激になりますね。赤ちゃんは、色々な刺激をもらうことで神経系統が発達しよく笑うようになりますよ。

刺激に反応して笑うようになると、赤ちゃんを笑わせる方法が増えてきます。「こうしたらよく笑う」とか「これが好きなんだ」と、赤ちゃんの笑いのツボが分かるようになりますよ。

笑顔でたくさんコミュニケーションをとろう

小さいうちからよく笑いかけられていると、赤ちゃんもよく笑うようになるそうです。パパやママの笑顔をまねしているのだともいわれます。「まだ分からないから…」と考えず、できるだけ笑顔で、赤ちゃんとの楽しいコミュニケーションを心がけましょう。

赤ちゃんに対してだけでなく、兄弟・姉妹とも笑顔で会話ができると、赤ちゃんは、笑うことを自然に学んでいきますよ。家族全員で、笑顔のコミュニケーションをとっていきましょう。ちょっとオーバーアクションなくらいがちょうどよいですよ。

今まで紹介してきましたとおり、笑いにはたくさんの効果があります。家族で笑い合えると、その効果も倍増します。みんなで楽しく過ごすことが、赤ちゃんの情緒をより豊かにする最適な環境なのですね。

ながら育児は止めて赤ちゃんに向き合おう

「ながら育児」とは、なにか別のことをしながら赤ちゃんの世話をすることです。「スマホをいじりながらの育児」もこれにあたります。「ながら育児」を続けていると、赤ちゃんにどのような影響がでてくるのでしょうか。

パパやママがスマホに夢中になっていると、赤ちゃんはアピールすることをあきらめて「サイレントベビー」になってしまうかもしれませんよ。

ここ最近、「サイレントベビー」と呼ばれる赤ちゃんたちが増加しています。「サイレントベビー」とは、表情が乏しく、発語も少ない静かな赤ちゃんのことをさします。一見手がかからなくてよいようにも見えますが、赤ちゃんがうつ状態になっている可能性があるそうです。

よく笑う赤ちゃんに育てるためにも「ながら育児」は慎みましょう。

まとめ

赤ちゃんの笑いには、発育を促進したり、体を丈夫にしたりしてくれるなどの、大切な役割があります。脳のシナプスを活性化したり、免疫力を高めたりする効果まであるのは驚きです。よく笑う赤ちゃんは、心身ともに健康に育つのですね。

五感を使って刺激を与えたり、笑顔でコミュケーションをとったりすることで、よく笑う赤ちゃんを育てることができそうです。よく笑う赤ちゃんは、家族全員を健康にして、みんなを幸せにしてくれますね。しっかり向かい合って、赤ちゃんの笑いをたくさん引き出して、一緒に大人も癒やしてもらいましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018