就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子ども連れで大相撲観戦はできるの?親子で楽しむコツや注意点とは

子ども連れで大相撲観戦はできるの?親子で楽しむコツや注意点とは

来日したトランプ大統領が観戦するなど国内外で人気が高まっている大相撲は、イケメン力士の活躍もあって「スー女」という言葉が生まれるほど女性の相撲ファンが増えています。家族で大相撲を見に行きたいママもいるのではないでしょうか。今回は子どもと一緒に大相撲観戦するときのコツや注意点を紹介します。

子どもと一緒に大相撲観戦できるか心配!

子ども連れは意外と多いから大丈夫

「大相撲観戦」というと、大人やお年寄りがするものというイメージがあるため、子ども連れで行くと場違いになってしまうのではないかと思うママもいるでしょう。

しかし、実際は子ども連れで観戦しに来ている人も多いようです。妊娠中のママが幼児と一緒に観戦していたり、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に3世代で見に来ていたりします。

また、日本相撲協会の巡業部が「巡業を通じて全国の子どもたちに夢を与え、青少年育成に役立てたい」とコメントしていることからも、「子連れお断り」ではないことが伺えるのではないでしょうか。

両国国技館内では、公式キャラクター「ひよの山」とライバルの「赤鷲」に出会えることもあり、子どもが喜びそうな仕掛けが色々あるようです。

おむつ替えシートや授乳できる場所もある

赤ちゃんを連れて観戦する場合、気になるのはおむつ替えシートや授乳できる場所があるかということです。

両国国技館の場合、授乳スペースとおむつ替えシート、キッズコーナーがある「ベビー休憩室」が用意されています。また、おむつ交換台があるトイレもいくつかあるようです。

また、両国国技館以外で開催される「場所」でも授乳スペースやおむつ替えシートが用意されています。ただし、設備内容や規模は施設によって異なるようです。

例えば、大阪場所と福岡場所の会場では授乳スペースにキッズスペースが併設されていますが、名古屋場所の会場にはキッズスペースがありません。事前にどのような設備が用意されているか確認しておくと安心ですね。

ベビーカーの置き場を完備している所も

子どもと一緒にお出かけするときに便利なベビーカーも、観戦中はどこかに置いておかなくてはなりません。ベビーカー置き場が完備されていると嬉しいですよね。

両国国技館では1階と2階のエントランスに加え、通路などにベビーカー置き場が用意されています。最寄りの「両国駅」はバリアフリー化されているほか、駅から国技館までの歩道も広いためベビーカーでも便利です。

ただし、「場所」によってはベビーカー置き場がないこともあります。チケットを取る前に各施設に問い合わせておくとよいでしょう。

また、会場周辺のバリアフリー化が進んでいないとベビーカーが使いづらくなりますので、会場だけではなく会場までのルートなども確認しておくとよいですね。

子どもと一緒に楽しく大相撲観戦をするコツ

チケットは事前に購入しよう

大相撲の観戦チケットは日本相撲協会公式のサイトや「チケットぴあ」などを利用した「インターネット購入」、相撲協会の予約専用ダイヤルを利用した「電話販売」のほか、「相撲案内所」「店頭販売」があります。

相撲案内所を利用すると通路側のよい席を確保できたり、チケット以外にお土産がついていたりしますが、手数料がかかるため割高になります。

また、店頭販売はネットでのチケット販売よりも時期が遅いため、希望する席が売り切れている可能性が高く、あまりおすすめできません。

大相撲観戦をするならインターネットや予約専用ダイヤルを利用した事前購入がよいでしょう。インターネット購入であれば24時間いつでも購入できて便利ですね。

子ども連れにはマス席がぴったり

大相撲の席には「マス席」と「イス席」の2種類があります。マス席とはマスのように四角く区切られた空間に座布団を敷き、地べたに座った姿勢で観戦できる席です。

イス席に比べると1人当たりの料金は高くなりますが、寝転がることができるというメリットがあります。子どもをお昼寝させることができるので、小さな子ども連れにぴったりですね。

マス席には「1~3人用」「4人用」「6人用」などがありますが、4人用の席に4人座ると窮屈に感じるようです。観戦する人数よりも少し広めの席を確保しておくとよいかもしれません。

また、人気が高いためチケットを取りにくいというデメリットはありますが、4人用マス席を2人分の料金で使える「特別2人マス席」もおすすめです。

おもちゃなどお役立ちアイテムを持参する

大相撲観戦の取組は8時半ごろから始まり、終わるのは18時ごろです。幕内力士の取組が始まる15時半ごろから観戦しても5時間近い長丁場になってしまいます。

大相撲に興味がある子どもでも5時間近く観戦を続けるのは難しいでしょう。相撲に興味がない子どもであれば、1時間も経たないうちに飽きてしまうかもしれません。

子どもが飽きてしまったときに備え、子ども用のおもちゃや絵本を持っていくとよいでしょう。観戦中は周囲の人も話しているため話し声などは問題ありませんが、音が出るおもちゃは避けてください。

また、マス席に敷いてある座布団は薄く硬いので、座布団も持参しておくとよいでしょう。ブランケットや双眼鏡があると快適に観戦できますよ。

子どもと大相撲観戦する際の注意点とは

大相撲観戦のマナーを知っておこう

相撲は日本の国技であり伝統でもあるため、マナーが厳しいのではないかと心配になるママも多いかもしれません。しかし、基本的には「ほかの人の観戦を妨げない」「取組を妨げない」という2点を守れば問題ないようです。

和服姿で観戦している人もいますが、服装は自由なのでラフなスタイルで問題ありません。ただし、前の人の視界をふさいでしまう大きな帽子や髪型は避けましょう。

取組の合間に席を立ったり席に移動したりしてもよいですが、取組中に立ちあがってはいけません。退屈した子どもが立って歩き回らないよう注意してくださいね。

また、マス席は土足厳禁です。観戦当日は履き脱ぎがしやすい靴を選ぶか、館内で履くためのサンダルなどを持参しておくとよいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC