就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ服はいつから着る?時期や必要なものと人気ブランド紹介

マタニティ服はいつから着る?時期や必要なものと人気ブランド紹介

妊娠していることがわかったママや、手持ちの服ではそろそろ窮屈だと感じはじめたマタニティ期のママであれば、マタニティ服を購入すべきかどうか頭を悩ませることもありますよね。今回は、マタニティ服をいつから着ればよいのか、またどこで購入すればよいのかについてご紹介します。

マタニティ服はいつから着る人が多いの?

体型の変化が目立つ妊娠5カ月頃が一般的

妊娠してお腹が大きくなったママたちが着ているマタニティ服。はじめて赤ちゃんを授かった方であれば、今までマタニティ服というものに縁もゆかりもないため、「妊娠するとマタニティ服を購入したほうがよいのだろうか」「どんなものをどこのお店で買えばよいのだろうか」と悩んでしまいますよね。

妊娠中だからといってかならずマタニティ服を着なければならないということはありませんが、マタニティ服はお腹への締めつけがないよう工夫されているため、マタニティライフを快適に過ごすためにはあると便利なものです。

個人差はありますが、マタニティ期のママの多くは、お腹が大きくなりはじめる妊娠5カ月前後からマタニティ服を着用しているようです。

悪阻などの理由で初期から着る妊婦さんも

妊娠5カ月ごろになると、それまでは手持ちのゆったりとした服で過ごしてきたママもお腹周りが苦しくなりだし、マタニティ服の購入を検討される方が増えます。しかし、実は妊娠初期のころから着用される方も少なくないのです。

妊娠初期の代表的なマイナートラブルである「悪阻(つわり)」は、窮屈な服を着ていることで悪化してしまう可能性があるため、妊娠初期でもマタニティ服は役立ちますよ。ゆったりとした服を着用することで、頭痛や胃痛といったほかのマイナートラブルまでもを和らげることにも役立つのです。

また、マタニティ服の着用により、お腹が膨らんでいない時期でも周りの方に妊娠していることを気づいてもらいやすくなり、電車内やオフィスなどで配慮してもらいやすくなりますよ。

授乳期間まで着られる服を選ぼう

マタニティ服は快適なマタニティライフを過ごしていくうえで欠かせないものではありますが、意外と高いものですよね。妊娠中は体温が高く汗をかきやすいため、洗い替えの分までも購入するとなると金銭的な負担が気になることでしょう。

マタニティ服の購入を検討されているのであれば、長く着用できるような工夫がされたデザインのものを選ぶのがおすすめです。

トップスは腕まわりやウエストがゆったりしていて、なおかつ産後も使えるように授乳口付きのものがよいでしょう。授乳期間が終わるまで長く使うことになりますので、シンプルなデザインのものがよいですよ。

パンツを選ぶ際には、臨月になってからも着用できるように、ウエストが調整できるものにしましょう。

マタニティ服は絶対に必要なもの?

夏はゆるめのワンピースで代用できる

お腹の目立ち方は人それぞれ。妊娠すればマタニティ服をかならず着用しなければならないということもありませんので、手持ちのゆったりとしたワンピースやチュニックで間に合わせている方は少なくありません。

お腹が大きくなるのが夏ごろであれば薄着ですむため、マキシワンピース一枚で過ごすことも十分可能です。ただし、妊婦に冷えは大敵ですので、エアコンの効いた室内で冷えないように、腹帯やマタニティ用のレギンス、必要に応じて羽織ものや靴下を合わせるようにしてくださいね。

また、ゆったりとしたデザインとはいえ、臨月にもなるとお腹周りが窮屈になるものもありますので、必要に応じてマタニティ用の服をいくつか買い足していきましょう。

冬はマタニティ用のパンツやタイツが必要

妊婦に寒さは大敵のため、冬場の防寒対策は必須です。しかし、冬物のマタニティ服は着る期間が短いうえに春夏物に比べると価格帯が上がるので、購入をためらう方は少なくないでしょう。

「妊娠中であっても身体に負担をかけない範囲でおしゃれな服装で過ごしたい」また「できるだけ出費はおさえつつも防寒対策は完璧にしたい」という冬場のマタニティコーデを実現するためには、マタニティ用のパンツやタイツを組み合わせるのがおすすめです。

トップスは臨月になっても着られるような長めの丈でゆったりとしたものを選び、パンツにはプチプラのマタニティ用のデニムやタイツを合わせると足元がスッキリ見えますよ。温かく脱ぎやすいムートンブーツや腹巻きなどを合わせると防寒対策もバッチリです。

下着は早めにマタニティ用に変更しよう

マタニティ服は身体の締めつけをなくすために着用するもの。パンツなどは必要に応じて購入する必要がありますが、手持ちのワンピースなどでも十分代用は可能でしょう。ただし、下着については早いうちにマタニティ用のものに変えていくほうが無難です。

お腹の膨らみや胸の張りを自覚しはじめるのは早くて妊娠3カ月ごろですので、マタニティ下着の着用はまだまだ先のように思われるかもしれません。しかし、妊娠前に着用していた下着のままでいるとお腹周りが締めつけられてしまい、つわりがひどくなったり乳腺の発達が妨げられたりする可能性があります。

遅くとも妊娠20週ごろまでには産後の授乳時にも使えるマタニティ用の下着に変え、毎日を快適に過ごせるようにしていきましょう。

マタニティ服の人気ブランドや激安通販

ハイセンスな服が揃う【メリアビームス】

いくつになっても女性はきれいでいたいもの。スタイルがくずれがちな妊娠中であっても、おしゃれをあきらめたくありませんよね。

そんなおしゃれママにおすすめしたいのが、国内外のアイテムを取り扱うセレクトショップであるビームスのマタニティライン「merrier BEAMS(メリアビームス)」。さまざまな有名ブランドとのコラボ商品が多数あり、おしゃれを楽しみたいママたちに人気のマタニティブランドです。

マタニティ服以外にも、マザーズバッグや母子手帳ケース、授乳クッションまで幅広いラインナップがあり、産後の赤ちゃんとの生活に役立つかわいらしいアイテムが豊富です。妊娠してもおしゃれに妥協したくないという方にぴったりなブランドですよ。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC