就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保活ママは何をするとよい?保活をする前に知っておきたいこと

保活ママは何をするとよい?保活をする前に知っておきたいこと

最近は子どもが生まれても働き続ける女性が増えてきたため、育休明けまでに保活をするママはたくさんいますよね。働くママが多いからこそ、保活に失敗してしまうママも少なくありません。ここでは、保活でストレスを溜めないためにも、保活はどのように進めるとよいのかや、調べておくと安心なことなどをご紹介します。

保活での基本的な流れとやることを知ろう

待機児童の人数など、情報収集をしておく

「仕事復帰も決まっているし、そろそろ保活をしないと」と思っても、どのように保活を進めていけばよいのか、何をすればよいのかなど、分からないことも多いですよね。ニュースなどでは待機児童問題のことをよく取り上げているため、保活と聞くと不安になるママはたくさんいます。

全国的に待機児童問題があるのは確かですが、住んでいる地域によって待機児童の数はかなり違います。まずは、自分の住んでいる地域の待機児童の人数を把握するなど、情報収集が保活の第一歩といえるでしょう。

待機児童が多い地域の場合は、どうすれば保育園に入りやすいのかや、子どもを保育園に預けられないときは育休を延長できるのかなどを確認しておくと安心ですよ。

保育園に見学に行き、希望順位を決める

待機児童のことなど、情報収集をしたあとは実際に保育園に見学に行ってみましょう。保育園は園によってどのような教育に力を入れているのかや、保育園の雰囲気や先生の様子、子どもたちの様子などが全然違います。

保育園に通い始めてから「考えていた園と違った」と後悔しないように、保育園見学は必ず行きましょう。保育園見学は、申込み期限のギリギリに行くと見学の予約が殺到していて断られるケースもあるので、早めに予定を立てて進めるとよいですよ。

保育園の申し込み希望は、第三希望くらいまで記入できる地域が多いです。保育園の施設の安全性や、見学に行ったときの子どもの様子などを見ながら希望の順位をじっくり検討しましょう。

役所で保育園の入所申し込みをする

保育園見学で希望の順位が決まったら、次は役所で保育園の入所の申し込みを行いましょう。入所の申込みは、住んでいる地域によって申し込める期間が少しずつ違うので注意が必要ですよ。

申し込み期間をすぎてしまうと、あとから申請することは不可能なので、申請できる期間を確認し忘れないように早めに申し込みに行くことをおすすめします。申請期限のギリギリに行ってしまうと、書類の記入漏れなどがあると大変です。

また、申込み期間中は役所が混み合っていることが考えられます。スムーズに申し込み手続きを完了できるように、記入漏れがないかお家で確認しておいたり、分からない項目がある場合は事前に電話などで問い合わせておきましょう。

保育園見学のときに確認しておきたいこと

保育の内容や指針、基本的な決まりなど

保育園見学に行ったときに「どのようなところを見たり、確認したりするといいか分からない」というママも多いですよね。保育園は園によって保育の内容や教育指針、決まりごとなどが違います。

たとえば、保育園では体を動かして遊ぶことを中心に保育しているところもあれば、英語や習字などの勉強に力を入れている保育園、食育に力を入れている保育園など、保育園のカラーはさまざまです。見学に行くとどのようなことに力を入れているかが分かるので、子どもにどのような保育園生活を送ってほしいか考えておきましょう。

また、保育園に預けられる時間やさまざまな決まりごとにも違いがあります。勤務時間が長いママの場合、預けられる時間が長い保育園を選ばないと時間外の料金が発生してしまいますよ。

園によって期間や時間が違う「慣らし保育」

保育園生活がスタートすると、最初から通常の朝から夕方までの時間、保育園に子どもを預けることは子どもに大きなストレスを与えてしまうため、「慣らし保育」というものがある保育園がほとんどです。「慣らし保育」をして少しずつ子どもを保育園に慣れさせていくことは、子どもにとって大切なことでしょう。

「慣らし保育」の期間や時間は、保育園によって違いがあります。「慣らし保育」が1週間と短いところもあれば、1カ月くらいかけて「慣らし保育」をしているところも!

ママの職場によっては「慣らし保育」が長いと仕事に支障がでてしまうこともあるので、保育園見学に行ったときに「慣らし保育」はどのくらいあるのかや、預かってもらえる時間などを確認しておくとよいですよ。

登園時に必要な準備方法と親の負担度

保育園に持って行く準備物や親の負担度なども保育園によって違いがあるので、見学に行ったときには必ず確認しておきましょう。保育園に通い始めて「準備物が多すぎてしんどい」と後悔しないためにも、事前確認は大切ですよ。

保育園で使う子どものものはすべて準備して持って行くという保育園もあれば、おむつやお昼寝布団などをレンタルできる保育園もあります。「お金がかかっても保育園に持って行くものは少ないほうがいい」というママは、レンタルできるものが多いところを選ぶとよいですね。

また、お弁当の日がある、保育園に持って行くかばんは手作りじゃないとだめなど、親の負担がどのくらいあるかも知っておくと安心でしょう。親の負担度が大きいと、働いているママには辛いかもしれませんね。

少しでも入所できる可能性を上げるために

入所時の点数をできるだけ上げよう

認可保育園の場合、入所は各家庭でどのくらい保育の必要性があるのかが点数化されるので、点数が高い家庭から保育園が決まっていく仕組みです。待機児童が多い地域にお住まいの場合は、少しでも入所時の点数を上げる努力が大切ですよ。

勤務時間によっても点数が違います。勤務時間が長いほうが点数が高いので、「保育園にどうしても入れたい」という方はフルタイムで仕事復帰するほうがよいでしょう。また、仕事復帰の時期を早めて認可外保育園や一時保育などを利用している方も、保育園に入る必要があると判断され点数が加算されるそうです。

「育休ギリギリまで休みたい」という気持ちは分かりますが、待機児童になると仕事復帰どころではなくなるので、保活成功のために早めの復帰もよいでしょう。

希望園の幅を広げ、複数の園を検討しよう

「絶対この保育園に通わせたい」と保育園を一つに絞っているママもいるかもしれませんね。しかし、希望する園に希望者が殺到していると抽選で落ちる可能性もあるので、希望園は複数あるほうが、保育園に受かる確率は増えますよ。

希望園の幅を広げるためにも、保育園見学はたくさん行っておいたほうがよいでしょう。希望の園を第三希望まで書けるところでも、第一次募集で保育園に落ちる場合も考えられます。そうなると違う保育園を探さないといけなくなり焦るので、あらかじめ第一次募集で落ちることも頭に入れて、ほかの園の検討もしておきましょう。

保活をしたことがある方、例えば先輩ママなどにアドバイスをもらいながら園を検討するのもよいですね。

無認可園や一時預かりなども視野に入れる

保活をどんなに頑張っても、待機児童が多い地域だと認可保育園に落ちてしまう可能性もあります。認可保育園に落ちたときのことも考えて、無認可保育園や一時預かりなども検討しておくと、万が一保育園に落ちたときも焦らずに対応できるでしょう。

先輩ママの話では、フルタイムでの仕事復帰だったので「保育園に入れるだろう」と軽く考えていると、希望している保育園にすべて落ちてしまったそうです。認可保育園に入れると思い込んでいたため、仕事復帰が迫るなか必死に無認可保育園探しに苦労したと話してくれました。

無認可保育園や一時預かりなどもたくさんありどこがよいのか悩むので、認可保育園と同様に早くから見学しておけばよかったと後悔したそうですよ。

まとめ

保活はママが仕事復帰をする上で大切な第一歩ですが、「どうやって保育園を決めればいいの」「見学はどのくらい行けばいいの」など、分からないことが多かったりやらなければいけないことが多かったりで、保活に疲れてしまうママもたくさんいます。しかし、子どもが保育園生活を楽しめるようにするため、ママが安心して職場復帰するためには保活をどのように進めるかはとても大切なことです。

保育園見学など、早くからできることは少しずつ進めて、保活がママや子どもの負担にならないようにできるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018