就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ガルガル期ママの実父へのイライラ実体験。ガルガル期の乗り越え方は

ガルガル期ママの実父へのイライラ実体験。ガルガル期の乗り越え方は

待望の赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいのはずなのに、実父が赤ちゃんを触ろうとするのを見てイライラしてしまった経験があるママもいますよね。このイライラはガルガル期が原因であることが多いです。ここでは、先輩ママたちに聞いたイライラ実体験や乗り越え方についてご紹介します。

産後ガルガル期に見られるママの症状と原因

産後ママが悩むガルガル期とは

ガルガル期とはいったいどのような状態を指すのでしょうか。一般的に産後にママの気性が荒くなっている時期を指し、自分以外の「他人」に赤ちゃんが触られると苛立ったり泣きたくなったりすることが多いようです。

自分以外の「他人」にはパパや義両親が当てはまることが多いのですが、なかには実父に対して苛立ってしまうママもいるそうです。実父が赤ちゃんに触れようとしたら、すぐに遠ざけて逃げてしまいたいという衝動にかられることもあるそうですよ。

ガルガル期の原因には、出産により本能的に赤ちゃんを守ろうとしていることや急激なホルモンバランスの変化が関係しているといわれています。また慢性的な睡眠不足が続くと、どうしても苛立ちやすくなるそうです。

ガルガル期の始まりと終わりの時期の目安は

ガルガル期は絶対に起きるものではなく、ママによって個人差があります。ガルガル期の期間について明確な基準はなく、たいていは産後すぐから始まり、数カ月たつと少しずつ落ち着くといわれています。

ガルガル期が起きる原因の一つに妊娠出産によるホルモンバランスの変化が挙げられます。ホルモンバランスが落ち着くと症状が少しずつ改善されることが多いようです。そのためママによって個人差が大きく、なかには妊娠中からガルガル期が始まるママもいます。

反対に産後すぐは特に症状が見受けられなかったのに、産後数カ月たってからガルガル期が始まるママも珍しくはないそうです。しっかりと自分を見つめて、なぜ苛立つのか理由が分かれば少しは心が楽になるかもしれませんね。

ガルガル期は実父に嫌悪感を感じやすくなる

妊娠中はまだ見ぬ赤ちゃんとの生活をイメージしてウキウキすることが多いですよね。ママやパパだけでなく、両親や義両親などにもお披露目をして、たくさんの人から赤ちゃんの誕生を祝福してほしいと考えることもあるでしょう。

このように産前は多くの人に赤ちゃんをお披露目したいと考えていても、産後ガルガル期を迎えるとそのような気持ちがかき消されてしまうことも珍しくはありません。パパに対してのガルガル期はなかったのに、実父に嫌悪感を抱いてしまったママも多いようです。

「特別実父と仲が悪いわけではないが、産後は赤ちゃんを触れられたくない気持ちが強かった」「実父に赤ちゃんを抱っこされるのがとにかく嫌だった」というママも実際にいるそうですよ。

ママたちの実父へのイライラ実体験3選

孫フィーバーが止まらない

赤ちゃんの誕生を楽しみにしているのはママやパパだけでなく、ママの両親や義両親も当てはまりますよね。孫の誕生を喜んでもらうのは嬉しいことですが、孫フィーバーが原因で実父と関係が悪くなるケースも珍しくはありません。

特に初孫であったり、ほかの孫と年の差があったりする場合は、赤ちゃんが生まれると孫フィーバーが始まることが多いようです。赤ちゃんのために一生懸命何かをプレゼントしたり、やたらと自宅に訪問してお世話を手伝いたがったりすることもあるでしょう。

新米ママの場合は赤ちゃんとの生活に慣れていませんよね。手探りの状態で日々を過ごしているのに頻繁に押し掛けられると、それが実父だとしてもイライラが募ったり嫌悪感を抱いたりしやすいようです。

授乳しているところを見ようとしてくる

授乳は赤ちゃんの大切な食事であり、ママとの大切なスキンシップの一つでもあります。特別な事情を除き、赤ちゃんが生まれると毎日授乳をすることになりますよね。母乳を飲む赤ちゃんの姿は一生懸命でとても可愛らしく、ビデオや写真に残しておきたいと感じることもあるでしょう。

「ママになったのだから平気だろう」「いやらしい気持ちではなく、単純に赤ちゃんが一生懸命飲んでいる姿を見たい」と思い、ママの授乳を見ようとする実父もいるそうです。

とはいえママとしては、誰にでも授乳の姿を見せられるというわけではありません。見られるのが嫌な場合は、身内であってもはっきりと断りましょう。無理に我慢していると、ガルガル期が激しくなってしまう恐れがあるので注意してくださいね。

無神経なことを平気で言ってくる

出産が近づくとホルモンバランスの変化により、赤ちゃんが産道を通りやすくなるように骨盤が少しずつ開きます。出産で一時的に広がった骨盤はゆっくりと時間をかけて元に戻りますが、産後すぐは大怪我に匹敵するくらいの負担がママの体にかかっています。

出産によるダメージから回復できていない状態であっても、昼夜問わず赤ちゃんのお世話をする必要があり、ヘトヘトになっているママも多いでしょう。そんなときに「母乳が出ないのか」「ミルクばっかり飲ませると赤ちゃんが太るぞ」など、母乳が出づらいママに向かって悪びれることもなく言う実父も実際にいるそうですよ。

睡眠不足で疲れているときに無神経なことを言われると、余計に苛立ちが募ってしまいますよね。

産後の実父との付き合い方とガルガル対処法

素直な気持ちをそのまま伝えてみよう

ガルガル期のママは「自分以外の他人=敵」という考えに陥りやすいのですが、できるだけそのように考えないようにして素直な気持ちをそのまま伝えてみましょう。苛立ちを我慢していると、ガルガル期が長引いてしまうこともあるので注意してくださいね。

ガルガル期をうまく乗り越えるためには自分の気持ちを伝えることが大切ですよ。「今は体が疲れていて、赤ちゃんと2人でゆっくり過ごしたい」「赤ちゃんが寝ている間は私も休みたいから、今はそっとしておいてほしい」などと伝えてみましょう。

ママの素直な気持ちを聞くと、孫フィーバーからはっと我に返るかもしれません。我慢して黙っているだけでは相手に伝わらないことも多いので、実父だからこそ素直な気持ちを打ち明けてみてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事