就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代ママの気になるしみのスキンケア!主な原因を知って予防しよう

40代ママの気になるしみのスキンケア!主な原因を知って予防しよう

40代になってしみが気になってきた…というママも多いのではないでしょうか?実は40代はしみなどの肌トラブルが起こりやすい年代です。そのため、スキンケアや生活習慣の見直しが必要なのです。この記事では、40代ママが取り入れたいしみ対策についてまとめてみました。親子でできる紫外線対策も要チェックですよ。

40代のしみの主な原因を知ろう

ホルモンバランスの乱れ

40代のしみができる大きな原因に、ホルモンバランスの乱れがあります。

女性ホルモンは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という二つのホルモンによって成り立っています。この二つがバランスを保つことで、女性の体は保たれているともいえます。

ホルモンバランスは20代や30代でも乱れることはありますが、更年期に近づく40代以降はさらに少しずつバランスが変化していきます。

女性ホルモンのプロゲステロンには肌荒れの原因になったり、しみを作り出すメラノサイトを刺激したりする作用があるので、ホルモンバランスの乱れによってプロゲステロンの分泌が増えるとしみも増えやすくなるというわけです。

肌老化の原因ともなる乾燥

しみと「肌の乾燥」には深い関係があります。本来、肌には自ら潤いを保つ保湿機能が備わっていますが、これは年齢とともに低下していきます。

肌の水分量が低下すると、肌のハリがなくなり全体的にしぼんだ印象になります。それだけでなく、乾燥によって肌の角質が厚くなり、ターンオーバーが乱れます。

メラノサイトから作られたメラニンは、通常、ターンオーバーで排出されます。しかし、ターンオーバーが滞るとメラニンも蓄積されたままとなって、それがしみとなって現れてしまうのです。

肌の乾燥は肌のたるみやしわといった肌老化の原因となるだけでなく、しみの原因にもなってしまいます。40代では肌の水分量がグッと低下するので、しみに悩むママも多くなるのです。

肌の摩擦などによる刺激

紫外線がしみの原因になることを知っているママも多いでしょう。しみのもととなるメラニンは、もともとは肌を外的ダメージから守るために作られるものです。

そのため、紫外線を浴びるとそのダメージから肌細胞を守ろうとして多くのメラニンが作られ、結果的にしみになります。

ですが、実はメラニンは肌の摩擦によっても作られます。摩擦による刺激でメラノサイトが刺激されてメラニンが作られてしまうのです。摩擦によるダメージから肌を守ろうとするため、肌がメラニンを増やしてしまうのですね。

洗顔やメイクのとき、肌を擦るように力を入れてしまうことも肌へのダメージとなりますが、頬杖をついたり顔を触ったりするクセも、肌摩擦となるので気をつけましょう。

しみができにくい肌作りの対策とは

親子で紫外線対策をしよう

紫外線は量の増減はあれど一年中降り注いでいるものなので、しみを予防するためには、日々紫外線対策をすることが大切です。紫外線はそのダメージが後々にまで影響するので、ママだけでなく子どもも一緒に紫外線対策に取り組みましょう。

紫外線の悪影響を防ぐためには直射日光が肌に当たらないようにすることが欠かせません。親子でツバの広い帽子をかぶったり、日焼け止めをこまめに塗ったりするとよいですね。

特にアウトドアやレジャーに出かける際には、SPFの数値がある程度大きい日焼け止めを塗るのがおすすめです。汗をかいたあとや水遊びのあとには、日焼け止めを塗りなおすこともお忘れなく。サッと着られるUVカット素材の羽織りものも役立ちますよ。

スキンシップしながら家族みんなで保湿ケア

しみ対策には肌の保湿ケアもポイントとなります。特に、洗顔後やお風呂上りは肌が乾燥しやすいタイミングなのでしっかりとケアしましょう。

肌の保湿に使うローションやクリームは、肌を擦らないように優しく丁寧に塗ることが基本となります。惜しまずたっぷりと使うことで、肌への摩擦ダメージも軽減されます。

特に乾燥が気になる部分にはローションやクリームを重ね塗りして、与えた潤いが逃げないようにしっかりとフタをしましょう。

保湿ケアでママが子どもの肌に触れることは、心が安らぐスキンシップにもなります。しみ予防になる保湿ケアを親子で行うことは、家族の絆を深めるコミュニケーションタイムにもなるので、積極的に取り組みたいですね。

しみのできやすい人の特徴

しみは「男性」よりも「女性」にできやすいのはご存知ですか?実はしみができるメカニズムに女性ホルモンが深く関係しているのがその原因といわれています。

また、一般的に女性はスキンケアやメイクを通して男性よりも肌に触れる回数が多いです。肌に触れることが刺激となってしみができやすくなるのです。

外出の機会が多い人やアウトドアの趣味がある人もしみができやすい傾向にあります。これは、紫外線に当たる機会が多くなるためです。さらに、生活習慣が乱れがちで睡眠不足の人もしみができやすいようです。不規則な生活は、肌のターンオーバーを乱れさせてしまうからです。

体質的には、色白の人ほど紫外線の影響を大きく受けやすく、しみができやすいといわれています。

体の外側と内側からのスキンケアで美しく

肌によい食事で家族で健康に

しみ対策には、「しみの改善に効果的な栄養素をたくさん含んだ食べ物をバランスよく食べる」のがよいといわれています。内側からのケアにもしっかり取り組みましょう。

美肌に欠かせない栄養素として「ビタミンC」があります。これはしみの原因となるメラニンのもと「チロシナーゼ」の働きを阻害してくれます。トマトやパプリカ、キウイフルーツに多く含まれます。

メラニンの生成を抑制して、角質に沈着したメラニンの排出をサポートする「L-システイン」も積極的に摂取したいですね。これはマグロや肉類に多く含まれる栄養素です。

しみに限らず、肌に起こるトラブルは栄養バランスの崩れが原因になることもあるので、家族の健康のためにもバランスのよい食事を意識しましょう。

「ハイドロキノン」効果と注意点

美白効果が高い成分として美容先進国であるアメリカで親しまれてきた「ハイドロキノン」は、2001年の規制緩和以降、日本でも市販の化粧品に配合されるようになりました。

ハイドロキノンの優れた点はしみを予防するだけでなく、すでにできてしまったしみにもアプローチするところです。しみの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトにハイドロキノンが働きかけることで、メラノサイトの活動を抑えてメラニンの産生を抑制します。

効果が高いと人気を集めるハイドロキノンですが、人によっては刺激が強すぎるケースがあります。そのため、肌に炎症を起こすなどの肌トラブルにつながる場合もあるので気をつけましょう。使用の前には必ずパッチテストを行ってくださいね。

忙しい40代ママへ「オールインワンゲル」

しみ予防にはじっくりと丁寧にスキンケアできるのが理想ですが、家事や仕事、子育てに忙しい40代ママにとっては、自分の肌をゆっくりとケアをする時間がとれない、というのが現実かもしれませんね。

そんな忙しいママに、簡単なのにしっかりスキンケアできるおすすめのアイテムが「オールインワンゲル」です。これは、化粧水や乳液、クリーム、美容液などスキンケアに必要なアイテムの働きをギュッと一つに凝縮したものです。

一つで何工程ものケアができ、時短にもなるので多忙なママにはぴったりです。

特に40代ママへのおすすめは、保湿成分がたっぷり配合されているオールインワンゲル。できるだけ肌にダメージを与えないためにも、無添加や低刺激のものにもこだわりたいですね。

まとめ

40代はホルモンバランスが乱れやすくなるため、肌荒れの悩みが増える年代でもあります。美肌を目指すには、「肌をしっかり保湿すること」と「できるだけ肌にダメージを与えないこと」というのがポイントになってきます。

もちろん、食事から肌によいとされる栄養素を積極的に取り入れることも大切です。食事を見直すことは、家族の栄養バランスが整うことにも繋がるので、一石二鳥かもしれませんね。

40代ママにあう効果的なスキンケア方法を取り入れて、しみを予防していきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR