就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼稚園の年中さん向けクイズとは!親子で楽しみながら学習しよう

幼稚園の年中さん向けクイズとは!親子で楽しみながら学習しよう

幼稚園の年中さんくらいだと落ち着いて話を聞ける子もいれば、じっとしていられず人の話を聞くのが苦手な子もいると思います。子どもに集中力を身につけたり、人の話を聞くようになったりしてほしいと思っているパパやママにおすすめなのが「なぞなぞ」です。なぞなぞを通してどのような力が育まれていくのか紹介します。

親子で気軽に楽しめるなぞなぞクイズ

なぞなぞクイズを通じて勉強に強い子に

4歳くらいになると周りのものに興味を持ち始め、ママやパパに「これなぁに?」「あれはどういう意味?」と質問する機会が増えてくるでしょう。パパやママが聞かれた質問に毎回的確に答えることが難しいほど、この時期の子どもはたくさんのことに興味を持っているのです。

4歳くらいの子どもは、人との関わりを理解し始め、コミュニケーションを楽しむことができるようになるといわれています。なぞなぞクイズを通して、コミュニケーションを楽しむだけでなく、なぞなぞを聴く力や、内容を読み取る集中力、そしてなぞなぞを解く思考力など、たくさんの機能が刺激されるでしょう。

この機能は勉強する力に繋がる大切なものなので、なぞなぞクイズを通じて勉強する力が自然と身につくといわれています。

すぐに遊べる!年中さん向けのなぞなぞ

個人差はありますが、年中さんになると、人から聞いた言葉の内容から、想像を膨らませ、相手のいいたいことの意味を考えようとする力が身についてきます。脳の発達が急速に進む時期の年中さんに、おすすめのなぞなぞを紹介します。

・パンはパンでも食べられないパンはなんでしょうか?…答え:フライパン
・冷蔵庫の中にいる動物はなんでしょうか?…答え:象
・世界の真ん中にいる虫はなに?…答え:蚊

このように一見問題を聞いただけではまったく正解がイメージできないものを、自分で想像を膨らませて考える問題です。「れいぞうこ」や「せかい」などのなぞなぞは、ひらがなを頭の中に思い浮かべることで、正解にたどり着くことができます。少し難易度が高めですが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

100問のなぞなぞに挑戦できるサイトも

なぞなぞ遊びを子どもとしたいけれど、実際にパパやママが毎回問題を作るのは大変ですよね。子どもは一度なぞなぞクイズを始めると次々と問題を求めたり、過去に出した問題ではなく、初めての問題を求めてきたりします。

なぞなぞが言語の発達や、知育によいことは理解できていても、毎回毎回パパやママが問題を考えなければいけないとなると、一緒になぞなぞ遊びすることが億劫になってしまうこともあると思います。そんなときにおすすめなのが100問のなぞなぞに挑戦できるサイトです。

「なぞなぞようちえん」というサイトは、先ほどのイメージを膨らませて考えるような、なぞなぞが100問出題されています。これならママやパパも一緒になぞなぞを楽しめるのでおすすめです。

静かに話を聞ける子を育てる3ヒントクイズ

3ヒントクイズって一体どうやるの?

3ヒントクイズとは、その名のとおり三つのヒントから答えを導き出すクイズです。

例えば、
ヒント1:それは丸い形をしています
ヒント2:それは赤い色をしています
ヒント3:それは最初に『り』から始まる果物です

この答えは「りんご」となります。

この遊びの大切なルールは、途中で正解が分かっても、最後のヒントを聞くまで答えはいわないということです。自分の思いを言葉で伝えることが楽しくなってくると、なかなか人の話を最後まで聞かずに、しゃべりだしてしまう子もいます。

このクイズは考える力を育てる前に、聞く力を育てたいときに役立ちます。子どもがなかなか人の話を聞けずに困っているときは、このクイズを試してみてください。

柔軟な思考力と表現力も身につく

3ヒントゲームもママやパパが問題を作るのが大変に感じることもあると思います。ここではカードを用いて遊べる「スリーヒントゲーム」を紹介します。

いわれたことを頭の中で想像することが難しいときにはこのカードは役立ちます。中身はカルタのように読むカードと絵が書いてあるカードが入っています。

読むカードには3ヒントが書かれていて、それを聞いて当てはまるものをカルタのように取るゲームです。取る絵札は3ヒントすべて聞かないと正解できないようになっています。

複数の絵札の中から、3ヒント出されたものを選ぶことで、話を最後まで聞く力だけでなく、思考力や、集中力、表現されているものの理解力が自然と育まれます。

慣れてきたら子どもが問題を考えるのもあり

子どもはなぞなぞが大好きです。3ヒントのように出題にルールがあるものは、最初は答えることに夢中になり答えられたことを楽しみます。

3ヒントを繰り返して遊ぶことで、一定のルールや流れが理解できてくると、自分からクイズを出したくなる子どももいます。最初から完璧に出題できなくても、一緒に考えて出題の仕方を教えていくことで自分でクイズを出せるようになる子もいます。

問題を解くだけでなく、出題することは、思考力や、想像力、言葉の表現力が育まれている証拠なので、子どもの意欲を汲み取りながら一緒に3ヒントクイズを楽しんでください。最初からいきなり考えるのは難しいので、子どもが自分からやってみたいという気持ちになるまでは見守ってくださいね。

年中さんといろいろなクイズを楽しもう

二択で簡単に遊びながら学べる○×クイズ

なぞなぞクイズの答えが分かっていても、言葉の表現の仕方が分からなかったり、恥ずかしい気持ちが強かったりして答えられない子どももいると思います。そんなときにおすすめなのが○×クイズです。

○×クイズは、出された問題に○か×かで答えるゲームです。パパやママが教えたいことをクイズに出すこともできます。例えば「6月には父の日があります。父の日はママにありがとうをいう日です」…この答えは「×」です。ママではなくパパにいう日だよねというように、6月に父の日があることと、父の日はパパに感謝する日ということを、遊びを通して学ぶことができます。

言葉で○か×かをいうのも難しいときは、ジェスチャーで表現して遊ぶこともできます。

右脳の発達に効果があり!シルエットクイズ

シルエットクイズとは、影に写し出されている形を見て、それがどのようなものなのかを当てるゲームです。最初はシルエットだけでは難しいので、ヒントを出してあげると答えやすくなります。色や模様が見えないシルエットだけで答えを導き出さなければいけないので、形を認識する力が育まれます。

シルエットクイズは、影を捉える認識力だけでなく、正しく情報を読み取る集中力や、どこかで見たことがあるかもしれないという記憶をたどる力、もしかしたらこの形かもしれないと頭の中で想像する力も育まれます。

右脳は、視覚などから得た情報を認識して整理する力があります。シルエットを認識し、記憶をたどりひらめきに繋げることは、右脳の発達を助ける効果があるといわれています。

間違い探しクイズで注意力と空間認知能力を

間違い探しクイズは、二つの同じ絵柄から違う部分を探すゲームです。知育系のワークなどにもよく出題されています。

間違い探しは、目で見たものの形や方向、色や大きさなどを識別するのに必要な「空間認知能力」が育まれます。色や形などが違うことは分かりやすいですが、方向が違うことを認識することは意外と難しいものです。

間違い探しクイズなら、絵を照らし合わせて違いを子どもに伝えることができるので、方向の違いを子どもも理解しやすいです。また、間違い探しクイズは、違いを探すゲームなので、どこが違うのかを一つの絵の内容をしっかりと記憶し、もう一つの絵から先ほど覚えた絵の内容と違う所を探し出そうとするので、注意力と集中力も育まれます。

まとめ

なぞなぞクイズは年中さんの子どもと手軽に楽しめるだけでなく、子どもの教育にも効果的です。なぞなぞクイズといっても、3ヒントクイズや◯×クイズ、シルエットクイズや間違い探しなどさまざまなクイズがあり、子どもは楽しみながら考える力や集中力を伸ばしていくことができるのです。

なぞなぞクイズをするときの参考に、少しでもこの記事がお役に立てたら嬉しいです。親子でコミュニケーションをとりながら、子どもの成長に役立つなぞなぞクイズ。ぜひ子どもと一緒に楽しんでみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR