就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

専業主婦は自分には合わない!そう思ったときの改善案とは

専業主婦は自分には合わない!そう思ったときの改善案とは

子どもが生まれて家事や育児に専念する専業主婦は家庭において大きな役割を担っていますが、人から評価されることはほとんどありません。そうした現状に息が詰まってはいませんか?この記事では「自分には専業主婦は合わないかも」と感じるママに向けた改善案をご紹介していきます。

専業主婦って職業はこんなに大変!

専業主婦の仕事は評価がされにくい

専業主婦の仕事というのは、現状を維持するための仕事が多く成果が目に見えにくい仕事です。

子どもが散らかしたものを片付けて「元に戻す」、食べ終えた食器を洗ってきれいな状態の「元に戻す」、子どもをお風呂に入れて体を清潔な状態の「元に戻す」など、マイナスの状態になったものを「ゼロ」に戻す作業がほとんどです。

元に戻す作業自体は大変なのに、結果として以前の状態から大きな変化があるわけではありません。そのため、ママ自身が自分のやっていることに意味を感じにくく褒められる機会も少ないのが現状です。

がんばっているのに評価されることはなく、むしろやらないとだらしがなく見えてしまう専業主婦の仕事は「やって当然」と思われがちなのです。

専業主婦の仕事量はパパより多い

専業主婦の仕事内容をほかの業種に当てはめて考えてみましょう。まずは、日々の育児です。これは「保育士」の仕事に当てはめられるでしょう。しかも、小さな赤ちゃんがいるママの場合は、夜間の授乳や寝かしつけもあり24時間働きっぱなしです。

食事の支度や洗濯、掃除などは「家政婦」の分野です。また、家族の体調不良の際には水分補給や熱の計測などのお世話、薬の準備など看病に徹する「看護師」に、病院へ連れていく際にママが車を運転すれば「運転手」としての役割もあります。

このように専業主婦の仕事内容は多岐にわたります。また、その仕事量は多く、パパの仕事量よりも多いかもしれません。専業主婦の仕事を年収に換算すると1,000万円超えという説もあります。

子どもの入園前はママの時間は皆無

専業主婦をしていて入園前の子どもがいると、基本的に日中はずっと一緒に過ごしていることが多いでしょう。子どもが小さければ小さいほど手もかかるので、朝から晩まで、もしくは夜間も子どものお世話をする必要があり、ママの時間はまったくというほどありませんね。

辛うじて、子どもがお昼寝をしてくれたらママの自由時間となりますが、これも日によってすぐに目覚めることもあるので自由時間の確保は難しい課題です。

子どもが起きている間は常に「ママ、これやって」「ママ、一緒に遊んで」というリクエストが絶えることはありません。もちろん子どもはかわいいですが、専業主婦には毎日固定の自分の時間というものがないのがやはり辛いところです。

専業主婦から兼業主婦になるメリットとは

外の世界に触れ視野が広がる

専業主婦の毎日では息が詰まってしまう…と感じるママは、思い切って外へ働きに出るのもよいでしょう。家事・育児と仕事の両立は大変な面も多々ありますが、外の世界に触れることで一気に視野が広がります。

専業主婦として過ごすと、どうしても自分と子どもだけで内にこもった生活になりがちです。しかし、兼業主婦になれば「職場」という新しい世界が広がって、それと同時に新たな人間関係も広がります。

家庭の中だけでは得られなかった刺激を受けることで、子育てや家事に追われるよりも精神的なバランスが保ちやすくなる、というケースも多いです。一時的に主婦やママの立場から離れて職場に行くことが、一種の気分転換になるというわけですね。

働いているという理由で家事を分担できる

ママが専業主婦家庭の場合、パパは外で働いてお金を稼ぎ、ママが家庭内の家事全般を担うというスタイルが一般的です。この場合、家事だけでなく育児もママがメインで取り組むケースが多く、ママの負担が大きいです。

ですが、ママも外で働くということになれば、家事や育児にかけられる時間は必然的に少なくなります。そのため、パパの協力が欠かせません。

専業主婦のときは、どんなに忙しくても家庭の仕事は自分がやらなければ、と思っていたママも外で働くことで「私も仕事をしている」という大義名分があるため、パパに「手伝って」と頼みやすくなりますね。

また、夫婦で相手の大変さが理解できるようになり、自然に感謝やねぎらいの気持ちが生まれるのもメリットです。

安定した収入を得ることができる

ママも外で働いて安定した収入を得ることができる、ということはママが専業主婦から兼業主婦になる最大のメリットといっても過言ではありません。

たしかに、外で働けば家事や育児にかけられる時間は少なくなってしまいます。しかしその分、金銭面に余裕ができれば、週末にちょっと奮発して外食したり、夫婦でまとまった休みが取れたときには家族旅行に出かけたりなどの楽しみが増えるでしょう。

これまで、パパの収入だけでやりくりができていたのであれば、ママの収入はそのまま教育資金や老後の貯えとして貯めることも可能ですね。

このように、夫婦がともに働くことによって経済的にも余裕が出ることは、精神的なゆとりや安心感にもつながっていきます。

専業主婦の日常を楽しむ改善案とは

自分自身を褒めてあげよう

前述のように、専業主婦の場合は目に見える成果が出ない仕事がほとんどであるため、それを評価されることもなく、ましてや給与が発生するわけでもありません。けれど、「できて当然」という見えないプレッシャーが常にあります。

専業主婦はずっと家にいるのだから気楽だと思われがちですが、決してそうではないのです。誰にも褒められることがない仕事を続けるのは大変なことです。

そこで、「できなかった」部分は目をつむり「できた(やった)」部分に目を向けて自分自身を褒めてあげましょう。誰にも評価されないことを嘆いてイライラしながら家事や育児に取り組むより、自分で自分を褒めるだけでも気分が変わり、新たな気持ちで家事や育児に取り組めるようになるでしょう。

子どもとできる趣味を見つけよう

ママが自分の趣味を楽しむことは大切なリフレッシュタイムになり、ストレスの発散ができます。しかし、「専業主婦なのに子どもを人に預けてまで自分の時間を持つなんて」と抵抗を感じるママも少なくないでしょう。

そんなママには子どもとできる趣味を見つけることがおすすめです。

たとえば、お菓子作りやパン作りなどの趣味は子どもに手伝ってもらって一緒に楽しむことが可能です。塗り絵やお絵かきも、子どもと一緒にできるでしょう。体を動かしたいというママなら、子連れOKのヨガ教室に通うのもよいですね。

子どももできるようなことであれば、子どもと一緒に遊ぶ感覚で取り組めるので育児の一環として取り入れやすくなるのではないでしょうか?

子どもを預けママも自分の時間を持とう

先ほどは子どもと一緒に楽しめる趣味について述べましたが、実際、専業主婦だからといって四六時中子どもとべったりの生活では、息が詰まってしまうこともあるでしょう。

ストレスに押しつぶされてしまう前に、子どもをパパや身内に預けたり、一時保育などを利用したりしてママも自分の時間を持ちましょう。

「専業主婦だから子どもは自分が見なければ」とママが自分から制限して辛くなるよりも、気分転換と割り切ってママが自分の時間を持ちリフレッシュできれば、気持ちに余裕が生まれて家族に優しく接することができるようになります。

ママが一時的に育児から離れることで、結果的に、家族みんなにとってプラスの効果をもたらすというわけです。

まとめ

大変さが周囲に伝わりにくく自分の労働が成果として目に見えない専業主婦という仕事に、やりがいや意義を見出せないというママもいるでしょう。そういう場合には、思い切って専業主婦という立場から抜け出し、兼業主婦として外で働くというのも一つの方法です。

また、上手に気分転換する方法を見つけて、気持ちを切り替えながら専業主婦である毎日を楽しむという方法もあるでしょう。

ママ自身の気持ちが軽くなる方法を見つけて、どちらの立場になってもこれまで以上に家事や育児を楽しめるようにしたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR