就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育ての悩みがネグレクトを引き起こす?原因と気づきについて

子育ての悩みがネグレクトを引き起こす?原因と気づきについて

育児には休みがなく、協力してくれる家族もいないとしんどいですよね。しんどいと、子どもが大泣きしていてもそのままにしてしまったり、怒ってしまったり…。「これってネグレクト?」と不安になりますよね。ネグレクトをどうしてしてしまうのか、ネグレクトに気付いたらどうしたらいいのかをまとめてみました。

ネグレクトとは何?なぜ起きる?

ネグレクトは「虐待」です

ネグレクトとは「育児放棄」ともいい、「育児虐待防止法」で定められている虐待の一つです。「育児放棄」という字のごとく、親が子どもを適切に子育てしないことをいいます。

子どもの体や心が健康に育つことを阻んでいるともいえ、子どもの成長に悪影響をもたらすとされています。

ネグレクトには2つあって、1つは子育ての仕方が分からなかったり、経済面の問題があったり、やむをえない事情で十分な子育てができない「消極的ネグレクト」です。たとえば、親の病気やお金がなく十分な子育てができないケースがこれにあたります。

もう1つは、あえて子育てをしない「積極的ネグレクト」です。親が遊びたい、子どもが嫌いなどの理由で子育てをしないケースがこれにあたります。

どこからがネグレクト?判断基準とは

子どもが大泣きしていてもほっておくということはありませんか?何気なくしている自分の行為がネグレクトなのか、心配になることもありますよね。

虐待の判断基準は、子どもの判断によって決められるそうです。親が子どものことをどんなに考えて行ったことでも、子どもが有害に感じたら虐待とみなされることがあるのです。

ネグレクトの法的な定義は「児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による前二号又は次号に掲げる行為と同様の行為の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること」になります。

ネグレクトは必要な行為をしないマイナスの虐待ともいえそうです。そこに子どもの思いが加わるのですね。

なぜネグレクトしてしまうのだろう

様々な要因が作用してネグレクトが引き起こされるといわれています。

まずは、親の要因です。親が子どもを受け入れられなかったり、子育ての知識が不十分だったり、親もネグレクトされた体験がある場合などは、自分もしてしまう可能性が高くなるとされています。必要以上に怒って恐怖を与えたり、夜に子どもだけを置いて出かける行為もそうですね。

親だけでなく、子ども側に要因があることもあります。子どもに病気や障害があり、親が子育てしにくいと感じる場合です。

また、親や子どもに要因がなくても、経済的に貧しかったり、困っても相談相手がいないなどの環境が影響することもあります。これらの要因が複雑に影響しあってネグレクトが引き起こされるのです。

ネグレクトで子どもはどうなる?対策は?

ネグレクトを受けた子どもはどうなる?

親が子どもの発達に必要な行為をしないわけですから、体も心も不十分な成長しかできません。体が成長するために必要な栄養が足りなければ、身長も体重も増えませんし、病気になっても悪化して最悪の場合は亡くなってしまうことも…。

学校に行かせてもらえず、必要な教育も受けられない場合は、学力が身につかず、様々なことに困難を生じることがあるでしょう。人とのかかわり方も分からず、孤立してしまったり、自分は大切にされたという思いがないことから自尊心が低くなり、自分も大切にできず自傷行為をしたり、自殺を図ったりすることもあるのです。

大切に育ててもらったという思いがない場合は、自分自身や他人を大切にすることも難しくなるのですね。

ママがネグレクトを受けていた場合

ネグレクトされると、人間関係の基本を教わるはずの親から人とのかかわり方を学べません。そのため、人とのかかわり方が未熟のまま大きくなってしまいます。

人と信頼関係を築きにくく、関係性を保つのも難しいわけですね。親から必要なことをしてもらっていないのですから、親になっても子どもの育て方がわからず、子育てすることも難しくなってしまいます。

自分が体験してきたことが基準になって子育てはされやすいこともありますので、親から受けたネグレクトを今度は自分がしてしまう確率が高くなってしまうのです。子どもを嫌いになってしまう「子ども嫌悪症」にかかる危険性も高くなるでしょう。

早めに気が付いて周囲に助けを求めることが回復する第一歩です。

1人で抱え込まないで~相談しよう

子育てしているとこもりがちになって家族以外の誰とも話さないということはありませんか?困ったことがあっても言えなかったり…。「これはネグレクト?」と心配になったらまずは誰かに話をきいてもらいましょう。

その誰かが思いつかない時は、育児の相談窓口や児童相談所などに電話してみましょう。相手にどう思われるかを気にせずに、うまく話そうとせずに、思いついたままで構いませんから話をしてみましょう。

話をすることで気持ちも落ち着きますし、話をした相手がどうしたらいいか教えてくれることもあるでしょう。一人では解決しないことでも、他人が関わることで、親子の適度な距離ができてネグレクトせずに関われる方法がみつかるかもしれません。

この子もしかして?ネグレクトに気づいたら

ネグレクトを受けている子の特徴~外見

ネグレクトを受けている子の場合、外見からわかることもあります。ほったらかしにされるのですから、食事も満足に与えられていないことが多く、体の成長に必要な栄養が不十分になることがあるのです。

そのため、順調に成長できず、極端に身長が低かったり、痩せていたり、小柄になりやすくなります。栄養が足りないのですから、皮膚にも潤いがなかったり、顔色も悪かったり…。

身の回りの世話もしてもらえないわけですから、お風呂にも入らずに不潔な身なりをしていたり、爪や髪が伸びていたり、常に同じ洋服で過ごしていたり…。子どもが助けてほしいと直接言わなくても、周りにいる人が「あの子、大丈夫かな?」と気が付くサインでもありますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC