就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

車内で子どもと快適に過ごすには?収納グッズやお出かけ時の注意点

車内で子どもと快適に過ごすには?収納グッズやお出かけ時の注意点

小さな子どもがいると、電車やバスなどの公共交通機関よりも車で移動するほうが楽に感じるパパやママは多いでしょう。しかし、車内で子どもにぐずられると運転に集中できないので、困りますよね。ここでは、車移動のときにあると便利なものや気をつけたいことなどをご紹介します。

子どもとのお出かけに車がよい理由

子どもの荷物を置く場所がある

赤ちゃんと一緒にお出かけするときは、赤ちゃんのおむつやおしり拭き、着替え、授乳グッズ、おやつやおもちゃなど、短時間のお出かけでも荷物が多くて大変ですよね。

電車やバスでの移動では、たくさんの荷物が入ったバッグをもちながら赤ちゃんを抱っこしなくてはいけないので、ママも疲れてしまいます。また、買い物などをすると荷物がさらに増えるので、ママ1人ではもちきれないことも…。

しかし、車で移動する場合は、子どもの荷物が多くても車に乗せられるのでママの負担は少なくなります。

最近では、軽自動車でも荷物がたくさん入るスペースがあるものが人気です。食材などの買い物以外にも、旅行などに行くときも荷物がたくさん入って楽という理由から車を活用するママも多いようです。

泣いたり騒いでも迷惑にならない

子どもが小さいと、お出かけの移動中にぐずって泣いたり、大きな声で騒いだりすることもあるでしょう。電車などの公共交通機関を使う場合だと、子どもが大人しくしていないと周りの方に迷惑がかかりますよね。

先輩ママの話では、子どもが1歳の頃に家族で電車に乗ってお出かけしたそうです。しかし、子どもが電車のなかで大泣きしてしまい大変な思いをしたと話してくれました。

電車のなかで子どもに泣かれるとパパやママは焦るので、余計に子どもが泣きやまないことも…。電車はたくさんの人が乗っているので、緊張して泣く子も多いでしょう。車のなかだと、子どもが泣いても家族にしか聞こえないので、パパやママは安心して対応できますよね。

緊急時に予定変更しやすい

小さい子どもがいると、急に体調を崩すことがあります。車で移動していると、急な体調不良のときや子どもの機嫌が悪く泣いて大変なときにも、予定変更がすぐにできるので便利ですよね。

とくに、旅行や遠出するときなどは、車移動が便利です。子どもは環境が変化すると体調を崩しやすく、「旅行中に子どもが急に熱をだした」という経験をしたという先輩ママも多いです。そのような緊急時にも、車で行っているとすぐに近くの病院に連れて行けますよね。

また、旅行をキャンセルして自宅に帰ることも車の場合は可能ですが、新幹線や飛行機を使っている場合は、席の空きがあるかを確認しなければなりません。空きがないと帰ることができないのも、小さな子どもがいると不便に感じますよね。

子連れに便利な車内収納アイテムやカー用品

収納ポケットがあると子どものお世話も快適

赤ちゃんや子どもとお出かけするときは、おむつやおしり拭き以外にも飲み物やおやつ、着替え、ポリ袋、おもちゃなど、短時間のお出かけでも荷物が多くなって大変ですよね。

車の座席の下に荷物を置いておくと、車の振動でかばんが倒れたときに、中に入っているものが全部でてしまい、拾うのに苦労したというママも多いはずです。

車内に収納ポケット(ドライブポケット)があると、子どもの荷物をポケットにきれいに収納できるので便利です。運転席や助手席の後ろに取り付けられるものを選ぶと、車のなかで授乳やおむつ交換など、赤ちゃんのお世話がすぐにできますよ。

ドリンクホルダーやトレイがついているものだと、ママの飲み物を入れたり、おしり拭きをトレイに置いたりすることもできます。

荷物が多いときは収納ボックスが役立つ

夏休みなどの大型連休があるときは、子どもを連れて車で旅行に行ったり、実家に帰省したりするママも多いですよね。家族でお泊りに出かける際の荷物は、日帰りのときと比べると、何倍にも増えてしまいます。

荷物を上手にまとめるためには、車移動のときはかばんに入れるのではなく、収納ボックスを活用すると便利ですよ。かばんだと、荷物がたくさん入っているとどこに何が入っているのか探しにくいですよね。収納ボックスの場合は中のものが見やすいので、小さい子どもでも自分で着替えなどをだすことができます。

収納ボックスは、1人につき一つずつ用意しましょう。紙袋などで中を簡単に仕切ると、下着や洋服、靴下などをアイテム別に上手に収納できますよ。

車内にあると便利なカー用品

子どもが生まれてから、車を活用することが増えたというママも多いと思います。カーライフをより快適にするために、車内にあると便利なアイテムをいくつかご紹介します。

・「チャイルドシート用の日よけ」
車に乗っていても紫外線は車内にまで入ってきますよね。赤ちゃんのお肌は敏感なので、紫外線対策に日焼け止めクリームを塗るだけでなく、日よけを窓につけてあげましょう。

・「シートベルト枕」
シートベルト枕とは、名前のとおりシートベルトにつける枕のことです。車に乗っていると振動が気持ちよくて眠る子どもが多いですよね。ただ、熟睡すると首がぐらぐら揺れるので、心配になってしまうママもいるでしょう。シートベルトのところに枕をつけておけば、首を支えてくれるので安心ですよ。

子どもと車で出かけるときの注意点

チャイルドシートを必ず着用する

子どもと車でお出かけするときに1番大切なのは、チャイルドシートの着用です。法律では6歳未満の子どもに着用が義務づけられています。ですから、0歳の赤ちゃんを車に乗せるときにもママが抱っこするのではなく、チャイルドシートに乗せなければ違反になりますよ。

チャイルドシートは、慣れていないと乗るのを嫌がって泣く子もいるでしょう。泣かれると抱っこしてしまうママも多いですが、万が一事故に巻き込まれたときに着用していないと、子どもが車の外に投げ出される危険性もあるのです。子どもの命を守るためにも、チャイルドシートはとても大切なものといえるでしょう。

新生児から使えるものや1歳から使えるものなど色々ありますが、体の大きさにあった安全なものを選ぶようにしましょう。

遠出のときは休憩場所を探しておく

車移動だと、小さい子どもがいても遠出がしやすくてよいですよね。しかし、長時間の車移動は子どもがストレスを感じてしまうので、途中でぐずったり大泣きしたりすることも…。

遠出のときは目的地につくまでに、何箇所か休憩する場所をあらかじめ探しておきましょう。車から降りて外の空気にふれることで、気分転換できますよ。

休憩場所についたときに、子どもがぐっすり寝ている場合、起こさないでおくというママも多いと思います。でもそこで起こさないと、あとで外に出たいといって、機嫌が悪くなる可能性も考えられます。

また、移動中に起きたときに、トイレに行きたがっても大変です。高速道路を走っているときは次のパーキングエリアまでトイレに行けないので、必ず起こして行かせましょう。

暑い日は熱中症に気をつける

夏場は、外にでるのも嫌になるくらいの暑さですよね。暑いのは外だけでなく、車の中の温度もかなり上がっています。ですから、車の中とはいえ、熱中症には十分に気をつけなければなりません。

車にはエアコンがついていますが、夏場はエアコンがきいて車内の温度が下がるまでに時間がかかりますよね。その間でも熱中症になる危険性があるので、子どもと車に乗るときは先にエンジンをかけてエアコンで車内の温度を下げてから乗せるようにすると安心ですよ。

冷却シートや保冷剤、コンパクト扇風機などを活用してもよいですね。

夏場だけでなく、ほかの季節でも熱中症になる可能性はあります。屋外の駐車場だと太陽の光が直接車に当たり、車内の温度が思っている以上に高くなるので注意が必要ですよ。

車内でのぐずりにDVDやおもちゃが役立つ

子どものぐずり対策をしておこう

旅行に行くときなどは、車で長時間移動することもあるでしょう。最初はご機嫌で乗ってくれていても、長時間の移動となると子どもは飽きてしまいますよね。とくに、高速道路に乗っているときは景色もあまり変わらないので、子どもは飽きてしまいがちです。

また、チャイルドシートでは身動きがとれないので、自由に動けないことに子どもはストレスが溜まっていきます。何もすることがなかったり、パパやママにかまってほしかったりして「いや!」と泣きだす子も多いでしょう。

長時間の車移動をするときは、子どものぐずり対策をしておくことが大切です。おもちゃやおやつ、ジュースなど、子どものご機嫌がなおるようなものをあらかじめ用意しておきましょう。

子どもが喜ぶ乳幼児向けDVDやCD

先ほどご紹介したように、長時間の車移動のときは子どものぐずり対策は必須ですよね。しかし、おもちゃやおやつなどで子どものご機嫌をとるのにも限界があります。子どもが喜ぶCDやDVDでも用意しておくと安心ですよ。

「DVDはどんなものを見せればよいのか分からない」というパパやママもいますよね。乳幼児は集中力があまりもたないので、5分くらいでお話が終わる短編のアニメがおすすめですよ。しまじろうやおさるのジョージなど、小さな子どもでも理解しやすいアニメがよいでしょう。

CDの場合は童謡や童話が乳幼児にはおすすめです。童謡を聞きながら子どもと一緒に車内で手遊びするのも楽しいですよね。滑舌のよい優しい声の童話を聞いていると、心が落ち着いて眠くなる子も多いですよ。

車内で楽しめる子どものおもちゃ

長時間の車移動のときは、子どもが楽しめるおもちゃを持って行きますよね。「車ではどんなおもちゃで遊べばいいのだろう」と悩んでいるパパやママに、車内で楽しめるおもちゃを年齢別にご紹介します。

「メリー」
0歳の赤ちゃんにおすすめのおもちゃです。月齢が低いとおもちゃを上手に掴むことが難しいですよね。車に吊り下げられるタイプのメリーがあると、おもちゃを眺めたり、音を聞いたりして楽しめるのでよいですよ。

「おもちゃのハンドル」
1~2歳児におすすめのおもちゃです。この頃になると、パパやママの真似っ子をするのが大好という子も多いと思います。おもちゃのハンドルがあると、パパやママと一緒に運転している気分を味わえるので、子どもも楽しくドライブが楽しめますよ。

寝ていても車内に子ども放置はやめよう!

子どもはいつ起きるかわからない

子どもが車の中でぐっすり眠っているからといって、子どもを車内に放置して買い物などをしていませんか?子どもが寝ていても、車の中に子どもを放置することは絶対にやめましょう。

たとえ子どもがぐっすりと気持ちよさそうに寝ていても、いつ起きるかは誰にもわかりません。「いつもお昼寝を1時間くらいしているから、寝ている間にちょっと買い物に行っても大丈夫」とパパやママは思うかもしれませんが、買い物している間に起きてしまう可能性も十分に考えられます。

車の中で子どもが起きたときにパパやママがいないと、子どもは置いて行かれたことにパニックを起こすこともあります。子どもが危ない目にあわないように、車での放置はしないように心がけましょう。

ママを探して車から降りる可能性がある

子どもが車での移動中に寝たとき「起こすとぐずって大変だから、車の中で寝かせておこう」と、車に子どもだけを放置してどこかに行ってしまうママもいるかもしれません。

先ほどご紹介したように、子どもは寝ていてもいつ起きるかわからないので、起きたときにパパやママがいないと車から降りてしまう危険性があります。

車の中に子どもを放置した結果、子どもがパパやママを探しに車から降り、事故に巻き込まれて亡くなるという悲しいニュースもあります。「チャイルドシートに乗っているし、ドアを自分では開けられないから大丈夫」とパパやママが思っていても、挑戦すると小さい子どもでもできることがあります。

子どもの命を守るためにも、車内に放置はしないようにしましょう。

エンジンをつけたままは発進の危険がある

普段の生活のなかで、車を毎日活用しているママもたくさんいますよね。買い物に行ったときに子どもがぐっすり眠っていると「すぐに終わるから、寝かせておこう」と、車内に子どもを放置していませんか。

夏場の暑い時期や冬の寒い時期は、エンジンをかけたままエアコンをつけて放置している方もいますが、エンジンをかけたままでは車が急に発進する危険性があります。ママがから離れるときは、必ずエンジンをとめて子どもと一緒に降りるようにしましょう。

子どもが寝ているという理由で車内に放置する方は多いですが、ママがいない間に起きて興味本位で運転席に座り、いろいろなものを触ることも考えられます。車から降りるときは必ずエンジンを切るように習慣づけすることが大切ですよ。

まとめ

子どもと一緒にお出かけするときは、荷物がたくさん入る、ぐずっても周りに迷惑がかからないなどの理由から車移動が便利に感じますよね。車移動をより快適にするために、収納グッズや車内で遊べるおもちゃ、DVDなどを用意すると便利ですよ。

車移動は便利で楽しいだけでなく、パパやママが気をつけないと子どもに危険が及ぶこともあります。車内に子どもを放置しない、子どもがぐずっても移動中にチャイルドシートからは降ろさないなどを徹底して、安全面に気をつけて快適に車を活用しましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018