就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

下半身のぽっちゃりを解消したい!対策やぽっちゃりを隠すコーデ

下半身のぽっちゃりを解消したい!対策やぽっちゃりを隠すコーデ

「痩せにくくなった」「二の腕が太くなった」など、産後のママを悩ます問題に体型変化があります。なかでもお尻や太ももなど「下半身ぽっちゃり」は、いつまでもスリムで若々しくいたいと思うママの大敵ですよね。今回は、下半身ぽっちゃりを解消するための対策や、今からできる体型カバーコーデなどを紹介します。

ママは下半身ぽっちゃりになりやすい

産後に骨盤が歪んで下半身に肉がつきやすい

産後のママは、なぜ「下半身ぽっちゃり」になりやすいのでしょうか?原因はいくつかあります。

まずは「骨盤の歪み」です。出産や赤ちゃんの抱っこなどによって、ママは骨盤の歪みが起こりやすい状態といえます。骨盤は胃や腸の下にあり、子宮や膀胱などを囲むようにある骨です。骨盤が開くとそれらの臓器が重力により下にさがってくるので、下腹がぽっこりしてしまいます。

また、骨盤が歪むと周辺のリンパや血液の流れを悪くします。その結果、下半身の老廃物が排出されずむくみやすくなるのです。ほかにも骨盤が歪んで隙間に脂肪が蓄えられたり、周りの筋肉も崩れてお尻が垂れたり太ももが太くなったりすることも、下半身ぽっちゃりに関係しています。

育児に追われて運動不足に

育児中は同じ姿勢が多くなりますし、ママの運動する時間も取れないですよね。そのため「運動不足」も下半身ぽっちゃりの原因になります。力を入れても足がぷよぷよしていたら、筋力の低下を疑ってみましょう。筋力が低下するとお尻や太ももが垂れ、下半身が太く見えてしまいます。

また、ふくらはぎを中心とした足の筋肉は、下半身に流れてきた血液やリンパ液を循環させるポンプの役割を担っています。筋力が低下すると上半身に押し返す力がなくなり、下半身がむくむ原因になるのです。

さらに、内ももには「内転筋」という骨盤を支える重要な筋肉があります。運動不足によって内転筋が弱まると骨盤が歪みやすくなり、先述したように骨盤の歪みによるぽっちゃりも引き起こすのです。

家族の残り物はママが食べて処理してしまう

ママが一生懸命作った料理を、家族が残さず食べてくれると嬉しいですよね。しかし、子どもの食べる量はメニューや体調によってまちまちです。子どもが食べ残したときに、ママが食べて処理していませんか?この「残り物を食べる」も下半身ぽっちゃりの原因になります。

残り物を少し食べるだけなので、食べ過ぎという感覚がないかもしれません。けれどもその一口も「塵も積もれば」カロリーオーバーにつながるのです。

そうはいっても、食べ物を捨てるのはもったいないですよね。そのため「子どもが残すことを前提にママの分は少なめに盛りつける」「残り物はその場で食べずにラップをして次の日にまわす」など、ママの1食分がカロリーオーバーにならないよう工夫してみましょう。

下半身ポッチャリに効果的な対策法

座るときも立つときも姿勢を意識

産後の下半身ぽっちゃりは、食事制限だけではなかなか落ちないものです。そのため、下半身に効果がある対策を取り入れてみましょう。

下半身ぽっちゃりになる生活習慣に、
・座るとき足を組む
・前傾姿勢や猫背
・左右どちらかに体重をかけて立つ
など、血液やリンパの流れを悪くする崩れた「姿勢」があります。

そのため、座るときも立つときも姿勢を意識してみましょう。正しい姿勢は骨盤の歪みを正し、筋力低下を防ぐこともできます。意識する姿勢は、一本の糸で頭から引っ張られているイメージです。おへそを上に持ち上げ、背筋を伸ばしてみましょう。

また、立つときは足裏の内側に重心を置きお尻を引き締めると、内ももとお尻の筋肉を鍛えることができますよ。

ゆっくりお風呂に入る時間を確保しよう

下半身ぽっちゃりの原因になるむくみの解消には、ゆっくりお風呂に入って体から老廃物を排出させることが効果的です。

そのため「半身浴」をしてみましょう。40℃以下のぬるめのお湯に、みぞおち辺りが浸かる程度のお湯を溜めて入ります。体の芯まで温まるよう20分以上ゆっくり浸かってください。

半身浴は、子どもと一緒では難しいですよね。そのため少し面倒に感じるかもしれませんが、2回に分けて入浴するのがよいですよ。1回目は子どもと一緒に入り、子どもが寝静まったら2回目に半身浴として入ります。半身浴は下半身のむくみに効果があるだけではなく、自律神経を整え副交感神経を高めてくれるので、リラックス効果やストレス解消にも役立ちますよ。

薄味ご飯で家族みんなで健康に

毎日忙しいママは外食が多くなったり、お昼はコンビニ弁当で済ませてしまったりすることがあるかもしれません。外食やコンビニ弁当は味が濃くできています。味の濃い物には塩分や糖分が多く含まれ、取り過ぎるとむくみの原因になるのです。

そのため、できるだけ薄味ご飯を心がけてみてください。「薄味だとものたりない」と思うかもしれません。しかし、だし汁や鰹節、チーズにキノコなどの旨味成分を豊富に含む食材を使うと味に満足できますよ。ハーブやスパイスを上手に利用して、塩分の量を抑える工夫をするのもおすすめですよ。

薄味のご飯はママのむくみ防止だけでなく、子どもやパパの健康のためにもよいものです。また、正しい味覚を育てるためにも薄味は大切になります。

下半身ぽっちゃりを上手に隠すママコーデ

ロングカーディガンで縦長を強調

産後に下半身が気になって、着るものに悩むことはありませんか?ここからは、下半身ぽっちゃりを上手に隠すママコーデを紹介します。

今流行りのロングカーディガンですが、こちらは下半身ぽっちゃりにもおすすめのアイテムです。子育てはパンツスタイルが便利ですよね。しかし、ストレッチ素材のパンツは動きやすい反面ぴったりフィットするので、気になるお尻や太ももの太さがはっきりとわかってしまいます。

そこで活躍してくれるのが、ロングカーディガンです。丈が膝辺りまであるので、気になるお尻や太ももをカーディガンで隠してくれます。また、ロングカーディガンは縦長に見せてくれる効果があり、スラッと見えやすくスタイルアップが期待できますよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事